子供の方がストレスで潰れますよ。 本ぐらい落ち着いて読ませてください。

 

✿大阪 お片付け完全マスター✿

✿大阪 ステップアップセミナー✿

大阪でのセミナーは年に一回だけの開催です。

この機会をお見逃しなく!

b_simple_122_0M -

美しい暮らしの空間プロデューサー

安東英子でございます。

 

新しいセミナーのお知らせ!

✿東京 ステップアップセミナー✿

b_simple_122_0M -

3年半前の、2013年8月13日

勉強するなら居間でしょ!?

の記事に、2月11日にコメントをいただきました。

 

昔の記事へのコメントですので、皆様気づかないと思います。

大人さんからです。

もういい大人ですが、昔から両親に勉強の邪魔ばかりされています。

空気の入れ替えと言っては家中の戸を開けてしまい、

特に父はテレビっ子なのでいつも笑い声が気になります。

両親の喧嘩も胃に来ます。

 

勉強中でも親がゲーム中だとクリア依頼が来て邪魔をされます。

昔からそうでした。

 

こっちは睡眠時間を削って塾の宿題に追われているのに

一緒にテレビを見ようとかそんなことばかりで。

 

自分の部屋ももらっていますが、

実質ここは通り道なのでしょっちゅう親がうろうろします。

 

全く集中できないしプライバシーもありません。

母が要介護になったので実家に戻りましたが

相変わらず仕事の邪魔をされます。

 

子供部屋が与えられる環境にあるなら与えてあげてほしいと思います。

子供の方がストレスで潰れますよ。

本ぐらい落ち着いて読ませてください。

 

大人さん、ありがとうございました。

・・・かなり怒っているような。。。

 

本ぐらい落ち着いて読ませてください。

で終わっていますから。

 

子供は子供なりの気持ちがありますね。

ストレス…わかります。

 

 

「お片付け完全マスター」や「ステップアップセミナー」で、

多くの方が困っているのが、部屋の割り当て。

 

今回の「お片付け完全マスター」では、特に多かったです。

セミナーでは【お部屋のお写真と間取り】

を持って来られる方が多いのですが(強制ではありません。)

今回は特に間取りのお悩みが多かったと思います。

 

 

私が過去に伺ったお宅でも、部屋の入れ替えは本当に多かったです。

子供部屋をどこにするか、どうするかで困っている方は多い。。。

 

部屋数が人数分あれば、解決できる場合もありますし、

人数分の部屋がなくても、

兄弟・姉妹でしたら同室にするなどで、解決できるのですが、

男女のお子さんだと本当に困ります。

 

 

今回のセミナーでも間取りを持参された方の中で、

これは無理かな・・・と思った方が。

 

女の子二人に上が中学生の男の子。

部屋の広さから考えると・・・こうかな?となるのですが、

コメントに書かれている方と似ていて、

女の子二人はお兄ちゃんの部屋を通らないと、

奥の自分達の部屋に行けないのです。

 

久々に悩みました(笑)

 

 

でもジックリ間取りを見て、

「ココにこう家具を置いて、こう仕切って・・・

 そうするとお兄ちゃんのスペースを通らなくて奥の部屋に行ける。」

 

と、解決策が見つかったのですが。

心の中で‥やっぱり私は凄いわ! と、つぶやいていました(笑)

また、ご主人も協力的な方なのでよかったです。

 

 

 

片付けや収納…誰がどの部屋を使うか?

が解決すると、トントントンと進むのですが、

間取りで悩んでいる方って、本当に多いです。

 

 

私は以前「お片付けのお電話相談」をお受けしていましたが、

今は「新築の間取り相談」だけにしました。

新築の間取り相談はコチラ→

 

 

お片付けのお電話相談を止めたのは、3年位前でしょうか。

 

理由の一つは…

私のブログや本を、ほとんど読んでいない方が

お申込みされる方もいらっしゃって。。。

 

その場合…

「片付けの順番」から説明するのが本当に大変でした。

こういう事もあり「お片付けのお電話相談」をやめました。

 

 

しかし…今回の東京「お片付け完全マスター」で、ふと思いました。

 

木曜日コースに参加された方のお話を聞いてから思い始め‥

日曜日コースを受けられた皆様のお悩みを聞き…

遠く新幹線で参加されたお一人の方が…

涙を流され、私ももらい泣き。。。

 

そして、決めました。

 

「お片付けお電話相談」を再開しようと。

 

 

「お片付け完全マスター」に参加したくてもできない方、

また、アドバイザーが近くにいない方もいます。

片付けたくても突破口が見つからない方もいます。

 

お電話相談…ホームページも準備中。

次回のブログでお知らせできると思います。

次回の更新は 3月4日 でしょうか。

ホームページができれば、3日 おひな祭りの日に!

 

元気に話せる内に、やれる事をやりたいですから!

 

人気ブログランキングに参加しています。

今日も元気に応援ポチッとお願いします!

↓↓↓↓↓

 いつもありがとうございます!

line01

・只今コメントのお返事をお休みさせていただいています。申し訳ございません。

・コメントを入れていただく際に、メールアドレスのご記入をお願いいたします。

・メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

・コメントは承認制ですので、公開までお時間がかかる場合がございます。

◆コメントは左下の ”コメント” を押すと、コメント欄が開きます。





コメント (13) | Trackbacks (0)

“子供の方がストレスで潰れますよ。 本ぐらい落ち着いて読ませてください。” への13件のフィードバック

  1. ひろくんママ より:

    安東先生、皆様おはようございます!
    先生‼︎嬉しいです(T ^ T)!いよいよ解決できない時には電話の向こうに先生がいらっしゃる!!!なんと心強いことでしょう‼︎(T-T)
    ただでさえ多忙なのに、、1人でも多くの人を救ってあげたいと思われるからこそですよね、、やっぱり先生は愛が溢れていますね( ; _ ; )

    先生のお孫さんも初節句ですね!おめでとうございます(^_^)♪♪

  2. るんちゃ より:

    先生!!ほんと~にすごいです!!

    救世主!!

    世の中、いろんな方がいて、身内の事にも親身になってくれない人も

    いるのに、先生多忙なのにもっと伝えたい心、愛が見え涙が出てきま

    す。どうぞ、お身体だけはご自愛くださいませ。

    まだ、お会いしたことはございませんが、

    福岡の空より先生の事応援しています。

  3. アインボ より:

    安東先生、皆様、おはようございます☆
    電話相談…先生すごいです!自分で何とかしたい!と思っている人にとって、こんなに心強いことはないですね。でも相談も人生相談になってしまいそう…(^_^;)切っても切り離せませんもの。
    間取り問題、奥が深くて千差万別ですね。。。
    実妹もまさに今、リビング学習のことと個室のことで悩んでいます。
    3人の子供たちのすべてを自分1人でお世話してきてしまい、中学にあがる長男自身が全然成長していない。最近になってお手伝いをさせようとするが、全然習慣づいてない…。間取りも問題ないのに個室に荷物を片付けないのはなんでか。
    収納がたっぷりあり過ぎて、リビングに置いておけたから。服もパジャマもランドセルも教科書もおもちゃも!
    なるほど!
    すぐに、安東先生の御本を貸しました私。
    今年に入ってから徐々に片付けています。
    何故か個室に反対派の旦那にイヤミを言われながら、3人の子供の母は頑張っています。答えが出るのは成人式の頃だよ。気長に頑張ろ!と、私も応援しています。

  4. ゆずれもん より:

    お片付けの電話相談を望んでいた人は多かったでしょうね。
    アドバイザーさんは誕生しているけどまだまだいらっしゃらない都道府県の方が多いし。
    それに間取りの問題が深刻だとどんなに先生の本を参考にしようと思ってもプロと素人では出てくるアイデアに差があるだろうし…一人ではなかなか先に進まないと思います。
    そのようにお悩みの方に今回の先生のご決断は本当に嬉しいと思います。
    新幹線を使ってでも先生のセミナーに参加された方は過去にもたくさんいらっしゃいますよね。
    それだけ先生の片付けを取り入れたいと切望される方が全国各地にいらっしゃるという事です。
    数えきれない程のお家を実際に足を運び片付けられてこられた先生だから、手元に間取り図があればこれからは電話口で解決の糸口を見つけてあげられますね。
    先生の実績は先生の眼力に繋がっています。
    セミナーでも写真を見ただけで次々に解決していかれる先生を見て本当にすご〜い!と感嘆しましたもん(๑˃̵ᴗ˂̵)
    今後のお片付けお電話相談楽しみですね♡
    あ、これを機会に改名されてはいかがでしょう?!
    …千眼英子、いけると思います(笑)

    • るんくま より:

      千眼英子~~\(◎o◎)/!(笑)

      先生すごいです。
      大変な事がわかっていても
      困っている人をそのままにはしておけない。。という
      熱い思い。。感動します。
      そうだ!!
      「千手英子」ではどうでしょう?
      なんか千手観音みたいですが。。

      • ゆずれもん より:

        るんくまさん♡
        千手英子とは…神ってますね!!(๑˃̵ᴗ˂̵)(笑)
        でも冗談抜きで先生の事そう思えますよね。
        先生、バッグとショルダーの次は千手観音の手の装飾が付いたリュックはいかがでしょう(о´∀`о)

  5. ビビンバ より:

    先生のお電話相談で救われる方々、たくさんいらっしゃるでしょうね~(*^O^*)親兄弟といえども性格や生活スタイルが違うのでお部屋の間取りや導線は慎重に決めないとですね。私は自分がある程度人目のあるところじゃないと集中できないので、リビング学習が効果を上げる場合もあるとは思いますが、それも人それぞれでしょうね。いずれにしても私物の管理だけはしっかり教えたいところですね。

  6. 二色 恋 より:

    先生、皆さま、こんばんは~。
     今日は公立高校の卒業式でした。卒業生のみなさん、ご家族さま、おめでとうございます。
     パート先では早いですが3月6日に入社式があります。4人の高卒生が研修に入ります。今、受け入れ準備に大忙しです。
     自分の子どもよりも若い娘と、どうやって上手くコミュニケーションが取れるかな?お母さんっぽくならないようにしなきゃなって思います。ちょうど、「居間でしょ!」の、リビング学習が大流行りので育ったバリバリゆとり世代です。小さい時から、兄弟げんかや仲直りを繰り返して育って、たくさんのお手伝いをしたことがあるといいな。できれば高校時代にアルバイトの経験があるといいな。もっと言えば中学時代に体育系の部活を一生懸命したことがあればいいな・・。って思います。
     リビング学習をさせていた時期、私もあります。それは、夏休みの朝とか決まった時間でした。置きっぱなしにすると子どもの持ち物がいっぱいになるので、時間が来たら二階に持って上がる!と厳しく言っていましたっけ・・。時間内に終わらなかった所や、ひとりで復習するところは自分のお部屋でする。~次第に自分の部屋でする時間が長くなるようにシフトしていきました。
     今、住宅メーカーは、こぞって「子育て仕様」を謳っています。私は、基本、家っておとなのもんだと思います。子ども部屋って呼び方も好きじゃありません。「ここはお父さんの家。今だけお部屋を貸してあげているのよ」って言っていました。昭和な子育てで笑われそうですが^^
     安東先生のすごいところは、どんな依頼者の話も、じっくり聞いてくださるところです。育った環境や家族構成、いろんなことを総合的に感じ取ってくださいます。電話の向こう側で「そっかぁ。ん~~~っとね」って考えていらっしゃるポーズまで見えるようで^^本当にありがたいです。

    • ひろくんママ より:

      二色恋さんこんにちは(^_^)
      私も両親から「ここはお父さんの家だから」って言われてました!
      義務教育が終われば済ませる義務はない。住みたいなら家賃を払いなさいと。笑 うちはかなりお金に関しシビアでしたが、今はそう育てられて良かったと感謝してます。一緒だったので思わずコメントしたくなりました(^_^)
      あと、私は18歳で就職しましたが、その頃パートの方と話せるのが一番ありがたい時間でした。年齢が近いとなんとなくピリピリ怖くて笑お母さん世代の人はどこか余裕があって、未熟な無知な私に色々教えてくれたり、
      仕事以外の話をしてくれたり(結婚は大変よとか笑) こちらもすんなり話が聞けたり。なので「お母さんみたいにならないように」なんて思われなくて良いんじゃないですか?(^_^)なんて、もちろん合う人合わない人いるでしょうから、すみません、余計なコメントでした(^_^)でもお母さん世代が好きな若い子もいますよ♪真面目な子だと良いですね♪

  7. なごみ より:

    う、う、嬉しいです〜〜!!
    ぜひご相談したいです〜〜!!
    ご多忙になる一方だから、再開はないかと思っていました!
    感激です!
    先生、みんなの幸せのために、有難うございます!

  8. 二色 恋 より:

    先生、皆さま、こんにちは~。
     途中で送信してしまい、しかも夜の9時に寝落ちしましてすみません。
    しかも、ひろくんママさんからの超~個人的なコメントを頂き恐縮です。ありがとうございます。それから、いっぽさんのコメントもしっかり読ませていただき、私の心に届いていますよ♡ありがとうございます。
     さて、昨日の続きの最後の一行を贈ります。
    「とはいえ、安東先生も疲れを知らない子どもではないし、不死身でもありません。どうか、睡眠充分な万全の態勢で、電話相談をお願いします」

  9. ぶにゃにゃん より:

    うれしい。ある程度出来上がったら連絡したいです。とにかく自分で頑張っていますが、家族の移動、仕事でなかなか進まない。
    やってみてできないところを教えていただけるのは本当にありがたいです。またはセミナーのフォローアップが頻繁にあればもっと嬉しいかも。3か月、半年・・・など。先生の持っていらっしゃる知識をどんどん伝播させて欲しいと願います。

  10. 3人姉妹のシングルママ より:

    安東先生、先日の木曜日コースに参加しましたKです。
    その節はありがとうございました。
    先生があの時チラッと電話相談でもと言ってくださった言葉がとても励みになってました。
    仕事や家事子育てで道のりが困難でも先生に相談出来、見守っていただけると思うと俄然やる気も起きてきます(*⁰▿⁰*)
    まだまだスタート地点なのですがステップアップも参加させていただく予定で一つ一つ亀の歩みですが前向きに『幸せな日々』を過ごせるよう頑張っていきたいです!
    先生は益々多忙になり本当に大変かと思われますがとても楽しみにしています、よろしくお願い致します!
    \(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です