口を開けばうるさい!そのうちやる・・ そう言ってもう十数年が過ぎました。

美しい暮らしの空間プロデューサー

安東英子でございます。

皆様、おはようございます。

今日もコメントをご紹介しますが、

まず先に、仲野アドバイザーの、このブログ記事を読んでください。

 

我が家の … 音楽が趣味な 夫の部屋

我が家の … 音楽が趣味な 夫の部屋 その2

 

凄いですよね~♪ご主人の趣味…音楽!

それも中途半端な趣味でないとわかる部屋。

写真の説明には、こう書いていました。

自宅で最大限の活動をする時のセッティングだそう。

 

ご主人…本当に音楽を大切にしているのね!

この状況を見ればわかりますよね!

 

 

次に、marinattuさんのコメントを!

我が家も夫の数年来の仕事の資料や書類の山に悩まされ

捨てても捨てても・・・エンドレス


夫には整理する気はサラサラなく・・

夫の留守に物置にある資料、

年月日を確認して新聞の袋にわからないようにこそっと入れる


何でも役にたちそうな仕事関係の資料はみんなとっておく習性


何度も何度もそんな書類を私の独断で片づけたことか・・・
夫が困ったことがないので私の判断は正しいと思っています。
ただし年月日の新しいものには手を付けません


その書類の山を見るたびため息ばかりでむなしささえも覚えます。


歳を重ね今しないとと気持ち的には切羽詰まっています。


口を開けばうるさい!そのうちやる・・

そう言ってもう十数年が過ぎました。

この後、つむじ風さんからコメント…

marinattuさん‼︎ おんなじです ‼︎

ダンナの書類、本‼︎ 片付きません!


昭和の年号の資料なんて、絶対見ないですよね〜

でも、やっぱり、他人のものは勝手に処分出来ないし〜

(私も古新聞に入れちゃおうかな〜)


でも、先週、ダンナの了解を得て、

本棚を2つリサイクルショップに売ってしまいました。

その本棚に入っていた、

どう見てももう読まないであろう古本が

今、床に山積みになっています。


要るものと要らないものに分けてね〜

売れそうなものは売りに行くから〜

と、言っても多分半年ぐらいあのまんまです(T_T)


どうにかなりませんかね〜〜

 

ホント ホント!

どうにかなりませんかね( ̄ー ̄;

 

ご主人でも、色々なタイプのご主人がいますね。

仲野アドバイザーのご主人のように、キッチリする方も。

前にも書きましたが、このような写真を見て、こう言われる方が。

「神経質なのね!」

 

 

違います。

大事にしているからこそ、きちんとしているだけの事です。

 

セミナーでもよくご主人の愚痴が出ます。

本当にたくさん(笑)

 

 

ご主人は「捨てるな! 大事なものなんだ!」

と言うそうなのだけど…

本当に、ソレはあなたにとって大事なものなの?

と思ってしまう。

 

だって、整理はしていないし、表に出しっぱなしだから

当然ホコリは雪のように積もっているし。

 

 

でもって、奥さんには

「俺の物に触るな! (#`-_ゝ-)ピキ」

と言うから、どうしようもない。

 

 

さて、私は時々、同じようなご主人のコメントを紹介します。

なぜなら、同じような状況のご主人達に読んでほしいから(笑)

 

こんなに奥様方は悩んでいるのに、

わかっていても、動こうとしないって…

どうしてなんでしょうね?

 

 

何が一番困るかと言うと・・・

例えばお子さんがいて、部屋数が足りないのに、

一部屋が・・・「ご主人の物を置いている部屋」

 

でも、仲野アドバイザーのご主人のような部屋ではなくて、

つまり本当の「趣味部屋」ではなくて…「物置部屋」

 

失礼ながら…???? な物で埋め尽くされている。

 

もうね・・・こうなると、本当にどうしようもない。

 

ママのお洋服も、お子さんの物も、

リビング横の和室にひとまとめとかね。

 

 

ちょっと、、、そこのご主人…

目を覚ましてくださる?

と言いたくなるの。

 

なんか…今日はちょっと興奮して書いているようだけど、

これでもね、、、かなり押さえているの。

フゥゥゥゥ。。。。困ったもんだ。。。。

※※押し忘れにご用心※※

今日も元気に応援ポチッとお願いします!

↓↓↓↓↓

人気ブログランキングに参加しています。

 いつもありがとうございます!

line01

・只今コメントのお返事をお休みさせていただいています。申し訳ございません。

・コメントを入れていただく際に、メールアドレスのご記入をお願いいたします。

・メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

・コメントは承認制ですので、公開までお時間がかかる場合がございます。

◆コメントは左下の ”コメント” を押すと、コメント欄が開きます。





コメント (20) | Trackbacks (0)

“口を開けばうるさい!そのうちやる・・ そう言ってもう十数年が過ぎました。” への20件のフィードバック

  1. つむじ風 より:

    安東先生、皆さま、おはようございます(^-^)v
    朝起きて、日課になってる先生のブログにお邪魔すると、エーッ ‼︎ 私のコメントが載ってる⁈ ヤッター!ヤッター! 朝から嬉しくて、携帯を先生だと思って、抱きしめてしまいました ‼︎ ありがとうございます‼︎

    仲野アドバイザーさんのダンナ様のブログ記事、見てましたよ〜
    世の中にはこんなダンナ様もいるんだなぁ〜って
    趣味の音楽を、本当に大事にされているんですね〜〜素晴らしいです‼︎

    我が家は、家を建てるとき(20年も前ですが)、やっぱりご主人の書斎は必要ですよね〜 って、建築士さんに言われて3畳程の個室を作ったんですよ〜
    でも、20年間で、彼がそこで何かしていたのは数回しかないんじゃないでしょうか〜〜
    やっぱりな〜書斎いらなかったよな〜そのぶん、他の部屋広くできたよな〜
    ダンナの性格から、目に見えていたんですが〜〜、ただの物置になるのにそんなに時間はかからなかったですね〜
    後、1年で定年なので、今年中になんとかすると言っていますが、なんとかしないでしょうね〜先日、少しだけ書類整理してくれたんですが、予想通り、ほぼ、要らないものでした。
    それなら、全捨てしろよ‼︎って、思うんですけど、そこは、1つ1つ確認してからじゃないとダメらしくて〜〜
    今度、気が向くのはいつになることやら〜半年後くらいでしょうかね〜〜
    ほんと、どうにかなりませんかね〜
    もし、私に任せてくれるなら、今日にでも、全捨てするんだけどなぁ〜

    ダンナの部屋以外は、スッキリしてきましたよ (^-^)

  2. より:

    こんにちは^_^
    そのうちやる…本当に危険だし大変な事になりますよ、リアルに!!!
    家を片付けたら結婚する…へーって感じでしたが、気づいたら40歳です。
    15年以上片付けない日々を過ごして、どうするの。
    男はいいさ。
    女性は?25歳〜付き合ったとしても、15年経つと40歳?
    出産年齢だってあるでしょうに。
    何でしょう、もう何も言えない。
    そのうちやる!
    やらない結果は、目を背けたくなるような現実だから怖い。
    ずっと健康で20代と変わらない若いままなのかな?
    まさか、50歳になってから、さあ片付いたから結婚しようなんて言わないよね。
    それで、奥さんが出来ないからとか言わないよね。
    25歳の頃に片付けていたら、30歳の頃に片付けていたら、35歳の時に片付けていたら…40歳だけどヤル気スイッチはどこにあるのかな。
    片付いた生活を知っているからこそ、怖いのです。

  3. えりんこ より:

    安東先生、皆さまこんにちは!
    実家はお父さんが片付けが苦手です。つむじ風さんのコメントを読んで、両親のやり取りを思い出しました。
    私達が幼い頃は、何も置いてない部屋ばかりでした。なので、余計にお父さんの仕事の書類が目につく。机の上は散らかりっぱなし。
    机が散らかりっぱなしの状態を見ていると、嫌だと思いながらもお父さんは怒るからと諦めと、だらしがないな~と親を下に見てしまったり..。勝手に片付けては怒られていたのは、昔からだった!( ̄ー ̄)と今気づきました。
    子供には尊敬される親でありたい。
    だらしがないと思われたくない、頑張ろう私‼と、コメント書いていて思いました。
    今日のお砂場は暑かったです~(*^^*)
    後半戦も元気に~ポチっと‼\(^^)/

  4. 二色 恋 より:

    先生、皆さま、こんにちは~。
     お片付けも、中盤に差し掛かってはいるのですが、家族といえども人のものを勝手な判断で捨てることはできません。
     完全マスターを受講し、まずは私関連のモノの整頓から始めました。モノが減るにつれて、心の鎧も一枚、もう一枚と脱げたように思います。

     また、私の性格ですが、ひとから頼まれると、断りきれず、安請け合いしていました。結果、自分を追い込んで忙しくなってしまう・・・という悪循環から抜け出そうと思いました。『断る』『即答を避け、ワンクッション置く』『イヤって言う』『いいお母さんを辞める』これを実行しています。これは、すごく自分が楽になります。
     もう、だいたい育てたし、この先は、別に、掃除したい人がすれば?とか、お腹が空いた人が買い出しに行って台所を使えばいいじゃない?どこにモノがあるかは一目瞭然だしぃ~^^
     すると、次第に男ども(主人と息子)が自分で動き出しました!

     先生!先日、主人が書類を自分で処分したんですよ ←やっと。
    まるで、わが子が初めて立っちした時みたいに感動しました^^
     
     最近、思うんです。すご~く大好きな主人や息子です。だからこそ、私が突然、事故って死んでも、次の日からパンツの在り処がわからない~。洗濯機の使い方がわからない~ってならないように、自分の事は自分でさせなきゃって^^今頃~?って笑ってください。私は、今、解かってとっても嬉しいです^^
     

  5. さかな より:

    こんにちは!

    ステキ〜〜こんな趣味部屋だったら、応援したくなっちゃいますね(*^_^*)

    あぁほんと…紙とストレスはすぐに溜まりますよ‼︎
    お金も同じくらいのペースで貯まればいいんですけどね(о´∀`о)

  6. モエ より:

    先生、みなさま、こんにちは!

    ブログとコメントを読んでいて、似たようなご主人が多いのね!と思いました。まさにうちの夫も同じです。以前にも書いたのですが、過去?の書類(図面)が、仕事部屋に山積みで埃をかぶってます。以前(数年前)部屋から溢れでたものは、夫が渋々了解したので私が処分しました。
    今は仕事部屋内ですが、見てるとイライラするので私は滅多に仕事部屋には入りません。ちなみに掃除は私が入り口あたりをするだけなので、使う机の上以外は埃だらけです。処分や掃除という言葉は禁句になってます。冗談半分でも口に出そうものならケンカ越しで反論してきますしね。この歳になると無駄?な口論は疲れるだけですから(-_-)

    二色 恋さんの書いてあること実感!です。
    先週、家族ぐるみで仲良くしていたご夫婦の奥様が急死しました。私もショックでしたが、ご主人の心痛は計り知れません。お家のことはほぼ奥様に任せていたご主人でしたから。お子さん達は、独立してご夫婦とワンちゃんと暮らしていましたが、朝早く会社に行ったらな夜遅くまで帰らないご主人だったらしいので、家事はたぶんできないでしょうね。
    親しくしていたので他人事とは思えないです。
    もし、私が先に逝ったらどうなるのかな?
    たぶんうちの夫は、料理はするので食べることは困らないかも。
    でも、それ以外の家事はダメですね。埃じゃ死なないと言うタイプですから。私が、何回か数日入院した時は洗濯機の使い方を何度も聞いてましたし、干しっ放しの洗濯物はワカメ状態で畳んだような洗濯物は丸めたようになってました(-_-)
    でも、これは私が出来るようになったら片付くからと思ってたか、これで当たり前と思っていたかは未だに聞けません。たぶん、ずっと私がいなくなったら、ご近所から嫌われるゴミ屋敷になっていたり…
    ワァ!考えたくないですよ〜。・°°・(>_<)・°°・。

  7. ビビンバ より:

    仲野アドバイザーとご主人の関係素敵ですね~(^-^)話し合いができるって大事ですね!つくづく。捨てたくない方々のお気持ちって、例えば…他のことで忙しくて不要物に関わる時間や気力がない。が、不要物の中にも必用な物もありそうなので見ないで捨てるのはイヤ。または、とにかく自分の物すべてに愛着があって一生添い遂げたい!などでしょうか。もしくは、妻に言われることには反射的に反対してしまう、なんてのもあったりして 笑

  8. ミズッチ より:

    こんばんは~
    男って(–#)
    昔から男子の方が収集したがりですよね?野球カードやミニカーや…
    うちの旦那は趣味が無いので(笑)収集しませんが(私の方が本や生地が沢山…(^_^;))グラスや地図を捨てないです(T_T)
    一脚づつしかないワイングラス…ワインは飲まないし~
    昭和の地図…道が変わってます(*_*)
    もちろん、着ない服も捨てないです。

    男って無駄にプライドが高いので、特に奥さんに注意されるのが一番嫌みたいです。どうしても自分が上に居たい?それを逆手にとって上手く使うのが良いと、言われた事がありますが…
    難しいですね!!

  9. marinattu より:

    今晩は(^^♪
    介護施設でのハードな業務を終え夕食後お邪魔いたしました。
    コメントを取り上げて下さり本当に恐縮しています。
    皆さんそれぞれ生活は違っていても夫やお子さん、親御さんに対する
    悩みは何処か似ています。
    物に執着があるうちは中々難しい
    わが夫も頭では分かっているけれど素直になれない・・・
    天邪鬼なところがありお前のゆう通りにはならんぞと塊世代の頑固者
    育った環境も大いに影響していると思います。
    三人の姉と一人息子日傘育ちの甘ったれ・・・私もこちらで夫のこと
    言いたい放題ですが一筋縄では行かない夫ですが私が昔の資料を
    捨てまくっていることは感ずいているのだと思います。
    何しろ衣装ケース数個分の書類が物置から消えたのですから・・・

  10. おはようございます。
    片付けのできない男性、多いですね。
    我家の主人も、義母が家の中のことは全てする人でしたから、結婚したときは何もしませんでした。男がゴミ出しなんてできないと。
    散らかったり汚れているのはきらいで、子供が小さいころでも、夕方、主人が帰ってくる前には片づけをしてました。
    実家の母もきれい好きで、毎日、拭き掃除をして、家の中もスッキリ片付いていたので、わたしも、主婦が家の中のことは全てするのが当たり前だと思って育ちました。
    でも、体調が悪かったり、忙しかったりして、片付かない日も散らかっているに時もあります。そういう時に、何もせず、文句を言わないでほしい。気になるのなら自分で片づけをすればいいと。
    子供にも同じことを言ってました。

    介護を始めて、わたしが留守の時は、洗濯や掃除もこまめにやってました。義父が仕事以外、全く何も出来ない人で、それを見ていて、一人になっても困らないようにと思ったようです。
    現役で仕事が忙しい時は、主人も家に帰って、お風呂に入ってご飯を食べて寝るだけの人でしたが、今は時間も余裕があるので
    いろいろ、手伝ってくれます。
    週2回のゴミ出しも、朝、出勤前にごみを出しているご主人が多いところなので、普通にやってもらってます。
    掃除は主人担当でしたが、最近お掃除ロボットを購入したので、楽になったようです。
    自立した老人を目指して、老後、子供たちに迷惑をかけないようにと。

  11. CINO より:

    安東先生、皆さまこんにちは(*^^*)仲野アドバイザーのご主人の趣味のお部屋、整っていますね。夫婦でしっかり話し合えることって、本当に大切だなと思います。話し合いになる前に、相手が不機嫌になり終了…ってパターンもあると思いますが。でも、片付けたい側の真剣さが少しでも伝わると良いなぁと思います。

    我が家の夫は、持ち物は比較的少ないほうだと思います。釣りが趣味ですが、我が家が賃貸で狭いこと、子供が釣り道具を触ってしまうと危ないので、釣り道具は全て夫の実家にあります。釣りのポイントも実家からのほうが近いので、実家にあるほうが便利みたいです。

    そんなわけで、元々洋服や小物など、あまり持っていない夫の不要品を処分すると、我が家からは夫のものはほとんど消えてしまうのではないかと心配になるくらいです(^^;;。本当に住んでますか?っていうくらい少ないです。かわりに、私のものは非常に多いです。独身時代からの趣味のもの(絵を描く道具や、手芸用品、毛糸や布類、お菓子作りの道具、ラッピング用品、人付き合いが好きなので、貰い物やインテリア雑貨、などなど…)

    それに加えて子供のものも増えてきたので、安東流で片付けをしまくっています。まだまだ、物を減らせそうな我が家。夫や子供たちがうんざりしないように、これからもしっかりお片づけを学びたいです。何より自分も心地よく暮らしたいので、頑張りますp(^_^)q

  12. アインボ より:

    安東先生、皆様、こんばんは☆
    仲野アドバイザーのご主人のお部屋素晴らしいです!
    ウットリ☆ご夫婦揃ってお片付け上手ですね。羨ましい☆

    神経質…_| ̄|○って
    たまに言われますが、「え、そう?(^_^)」と軽く返せるようになりました。安東先生や皆様に出会えたから、自分で自分を肯定しながら片付けてます。

  13. ももくり より:

    安東英子先生
    こんばんは。初めてコメント書かせて頂きます。
    2/12と26にお片付け完全マスターを受講し、その時先生のブログをあまりよんでいなく、これはいけないと思い、昨日やっと読破しました。
    コメントを記入したかったのですが、すべて読んでいない者が書いて良いものか、資格がないような気がして書かずにおりました。
    先生やアドバイザーの方々のブログを読むたびに私はまだまだだと痛感するばかりです。
    しかし、めげずに雑草のよう立ち上がり、時間がかかるかもしれませんが「美しい暮らしの空間アドバイザー」を目指したいと思っています。
    頑張ります。迷惑かもしれませんが、よろしくお願いします。

  14. 愚痴です、すみません より:

    定年退職した夫が一日中家にいます。
    以前は留守中に捨てることができた紙類も、「裏が白いからメモ用紙にしろ」と一切捨てられなくなりました。
    でも文房具好きで出るたびにノートやメモ超類を買ってくる
    洗濯物の干し方も「もっと間隔を開けろ」(風で寄ってしまう)
    ダンボール箱も「使い道があるから資源ごみに出すな」

  15. ぶにゃにゃん より:

    フリマで売るからという約束で2年間待ちました。で、どれだけ売れたのかと思ったら大量に残っているではありませんか!フリマで売れなかったものは二束三文でも引き取ってもらえるところに持って行きます。それも手間なのですが、主人は価値があると思っているから捨てることに納得がいかないらしいです。ほんとめんどくさい。
    せっかく片付けた台所に醤油やら日本酒やらが置いてあって、主人がお土産だよという。もの買ってこないで〜、新幹線、飛行機で情報誌もらってこないで〜、フリーペパー要りません、ってなんで男の人はもの集めるのか謎です。

  16. 美幸 より:

    安東先生おはようございます。
    うちの旦那さんは物に執着しないタイプのようです。
    旦那さんが持っていた昔流行ったお土産のペナントやキーホルダーは、結婚後すぐにごっそり捨てましたが何も言いませんでした。沢山あった文房具は捨てずにいたら、今頃わたくしが仕事で使わせていただいております。
    ただ、結婚前に私が送った手紙もネクタイも要らないと、処分していいと差し出した中にありました…。
    片付けが進んで、旦那さんのクローゼットや、定年後に持ち帰った書類の整理にかかったらどうなりますか⁈
    先生がセミナーでおっしゃっておられたように、自分の好きなように片付けられる幸せを思い、片付けに励みます!

  17. まだ吊り下げてます より:

    バック届きました(^○^)
    早速、宝塚OGのコンサートに持って行きました。
    予想以上に入る入る。ポケットが沢山あって、まだ使いこなせてません。
    友達が「イイバック持ってるね」と言ってくれました。
    洗えるし、軽いし、いっぱい入るし、と興奮して話しました。
    ダイビング経験者だったので、見たことある素材だと思ったそうです。
    濡れたら重くなるよと言われて、⁇になりました。

  18. さかな より:

    おはようございます!

    昨日、毎年恒例になっている、町内のこども向けイベントに子ども3人を連れて行ってきました。そこでボルディナーサデビュー!前日の夜に持ち物の準備をしておいたのですが、収納力に感動しました!ちなみに持ち物は…

    ・下の2人の着替え一式
    ・三男のオムツセット
    ・財布
    ・メガネ
    ・友達にあげる本
    ・制汗スプレー
    ・ハンカチティッシュ(ティッシュは多めに)
    ・下2人と私の水筒

    いつもなら、着替えセットとオムツセットだけでカバンの中が占領され、財布など取り出しにくくて…。ボルディナーサだと、これだけ入れたのに…軽い!イベントで作った子どもの作品や、クッキーやグッズなど購入した物も余裕で入る!お茶も飲みたい時にスッと出せる!そして、運動場で開催されるので毎年砂ぼこりに悩まされていましたが…帰宅して早速手洗いしました!色々感動して、主人に「このバッグ、スッゴイいいよ‼︎」と報告☆

    来週の小学校の運動会にも持って行きます(*^_^*)

  19. りゅうちゃん より:

    ボルディナーサ、男性使用にはどうでしょうか?

    定年後3年間趣味に没頭した後に、やっぱりまた仕事がしたくなって、
    書類一式、パソコンを持ち運びするようになった夫がいます。
    (おかげでやっと処分しようとした書類やスーツを、捨てないで良かったろう?と、お片付けに抵抗気味だった夫に自信回復の機会を与えてしまいました(>_<)。
    現役時代は常時5,6キロの黒かばんを持ち歩いていましたが、60代後半さすがに軽いかばんが欲しくなったのですが、なかなかこれというものに出会えません。リュックサックにしようかなど考えているようですが、リュックは使い勝手があまり良くないですよね。

    なので、ボルディナーサを勧めてみようかと思ったのですが、モデルさんは女性だし、マザーバッグにもぴったりなどの説明なので、夫(九州生まれ)には紹介ページを見せてもハナからダメだろうな"(-""-)"と諦めました。

    私自身は7月予定の肩掛けタイプを待っているところなので、実際に試してみることができません。

    安東先生、男性がスーツやジャケットでボルディナーサを持っている写真を載せていただけないでしょうか?
    あるいは、この先男性向けにボルディナーサを開発される予定などおありでしょうか?

    軽くて使いやすいバッグは、男性でも需要が多いと思うのですが、もしもご検討いただけたら幸いです。

  20. こうちゃん より:

    あぁ、耳が痛い目が痛いです。。。

    なぜ男はしょうもないものを集めてしまうのか?
    きっとその先に何かがあるから。
    男はロマンを求める生き物。

    でも、きっと、捨てられてしまっでも大丈夫。
    その時は怒りますが、もともとしょうもないロマンですので。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です