純和風の家! 別世界のダイニングキッチンに大変身④

美しい暮らしの空間プロデューサー

安東英子でございます。

純和風の家! 別世界のダイニングキッチンに大変身

今回で4回目のご紹介です。

前の分を読まれていない方は読んでくださいね。

no84_0212

前回の記事でこの写真を紹介しました。

上の写真の左。ダイニングの壁の上にあった吊り戸棚。

大工さんに撤去していただきました。

↑これが二つありました。

で、、、この吊り戸棚、、、捨てる???

私が簡単にそんな事をすると思います?

そりぁね、使えない物は捨てますよ!

でも、捨てる前に…どこかで使えないかな…

と考えるのが、わたし!

そして…私の目は目ジャー(笑)

この吊り戸棚の・・・目で測って…

うん・・・???  あれ?  もしかして、、、

と、次にココを目で測った!

どこ????   キッチンにあった窓!

図面、冷蔵庫の右の窓。

no84_0212

もしかして・・・うん???

この窓の幅に…HAHAHA❣❣❣

入った\(^o^)/ ドンピシャリ!

①の大きな掃き出し窓があるので、この窓を開けることはないそう。

確かに…使っている形跡なし!

この窓にはめ込みました。

窓の上の部分は板で隙間は埋めたけどね!

上の写真を見て、もう一つドンピシャリがあることに気づきますか?

窓枠にあたらずココにもう一つの吊り戸棚が!

吊り戸棚の高さが窓上に!

ココもピシャ❣❣❣

元々あった小引き出しもピシャリ!

でも、ご希望は南国風にしたい…でしょ…

とても暗いですよね、これでは。。。

壁紙はキッチン側は黄色にしたけど、

ご家族が希望の…

明るい色使いでパッ!!!!  と派手に!

和風の家の外観からは想像もできない空間に!

まだまだ。。。だね。。。

続きは次回に。。。

Before-Afterの時は
特に元気に応援ポチッとね

コレ↓

人気ブログランキングに参加しています。

 いつもありがとうございます!

line01

・只今コメントのお返事をお休みさせていただいています。申し訳ございません。

・コメントを入れていただく際に、メールアドレスのご記入をお願いいたします。

・メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

・コメントは承認制ですので、公開までお時間がかかる場合がございます。

◆コメントは左下の ”コメント” を押すと、コメント欄が開きます。





コメント (8) | Trackbacks (0)

“純和風の家! 別世界のダイニングキッチンに大変身④” への8件のフィードバック

  1. つむじ風 より:

    安東先生、皆さま、おはようございます(^_^)v
    可愛いですね〜♡ 黄色やオレンジってなんだか、元気が出ますよね ‼︎
    淡い水色もアクセントになってますね〜ステキです ‼︎
    次回も楽しみです (^_^)

  2. 二色 恋 より:

    先生~皆さま、こんにちは。
    今日は北九州地方も大雨で、小中高校休校です。JRも運休で大学も休みになりました。TVでは豪雨での被害の状況が伝えられ、規模の大きさに驚いています。天気予報はずっと大きな傘マークです。時々竜巻注意報が出ます。(って!どう?注意すりゃいいんかぃ?)と、TVにツッコミを入れています。お陰様で、我が家は大丈夫です。とても、とても、ネット環境に無いでしょうが・・・被害に遭われた方々のお見舞いを申し上げます。
     これから先、猛暑の中、仮設住宅、生活の立て直し、いろんな問題が出てくると思います。普通に暮らすということが、本当は、とても有難いことなのだとあらためて思いました。

     安東先生の目ジャー☆キラリン☆
    ホント、バッチリですね。
     明るいリビングダイニングが次回も楽しみです。

     

  3. アインボ より:

    安東先生、皆様、こんにちは〜(^∇^)
    出ました目ジャー!!吊り戸棚が窓枠に入るだなんて(*゚∀゚*)
    どんぴしゃりも炸裂ですね。引き出しもぴったり入って吊り戸棚が生き帰りましたね。さすがです〜☆
    窓や入り口で挟まれた間取りでも、発想力で大容量の収納ができるということですね。なかなか思いつきません。
    次回も楽しみにしています☆

  4. ひろくんママ より:

    安東先生、皆様こんばんは(^ ^)
    先生の目ジャー素晴らしすぎ!!
    測ってもズレたりするのに(T_T)
    目ジャー売ってないかなあ〜

  5. まだ吊り下げてます より:

    安東先生、おはようございます。

    大雨の影響、福岡の先生のお家は大丈夫でしょうか?
    ブログを見ても何も書かれておられませんが気になって。

    被害にあわれた方々のお見舞い申し上げます。

  6. ティムタム より:

    外した吊戸棚の再利用、別なお宅のなら覚えてましたが
    窓枠にはめ込んだこちらのお宅のは実は全く記憶が無くーー
    珪藻土にタイルを貼ったカウンターは覚えてたのにね(>_<)
    今までの数多いドンピシャリの中でもこれはベスト3に入るんではないかしら?
    いやいやチョイお待ち!
    思い返せばあの時のもそしてあの時のも、あ!そうそうあの時のドンピシャリも凄かったではないか?
    つまりは、どれもこれもベスト3圏内レベルってことで~(*^^)v
    柔軟な発想と目ジャーな目は、おそらく今でも変わらずに健在な先生、
    リフォームにも片付けにもその才能がさく裂。
    それが天才と呼ばれるゆえんなり~。
    いやいや私の中で先生は、もう神レベルに達してます(^_-)-☆
    今日はどうしたの?やけに褒めちぎって・・と思ってますぅ?
    別に下心はないですからね(^-^;
    IN THE HOUSEのホームページをじっくり見なおしてたらマジでそう思ったの!(^^)!

  7. ビビンバ より:

    この大胆な発想&細やかな計算も先生のお片付けの醍醐味ですよね~^O^私は物がとっても少ない生活よりも、管理できる範囲内で数に余裕があるほうが好きなので、収納スペースは少しでも多い方が助かります。 

    吊戸棚は上まで手が届く人はいないと思うので、やはり「普段使わない物」を皆さんたくさんお持ちということが前提なんですね。だいたいのお宅には重箱や来客用の食器などがあるでしょうしね。うちはすかすかですが、使用頻度の低いPC用のヘッドセットやデジカメも入ってます。

  8. 能登のちゃこ より:

     我が家の台所にも、手が届かない使えない吊収納と、死蔵庫と化している床下収納があります。
    二階建てですが。古い家の常で、傾斜45度より急な、暗い手すりのない階段です。
     明り取りの窓がないので、どの部屋もほとんど一年中昼間でも部屋の電気をつけないと暗いです。
     あの吊収納はなくてもいいなあ、
     この床下収納は枠と引き出し口が足にひっかかって痛いから取り外して平たい床にしたいなあ、
     階段にはせめて手すりが欲しいなあ。今まで何度落ちたことか。
    屋根の真ん中に明かり取りの窓を開けたいなあ。
    ・・・などと、先生の記事に触発されてアイデアだけは次々に湧いてきます。
     家のあちこちや、台所の改善をしたいけど、夫と考え方が違うので夢想に終わりそうです。
    一方、私に似て整理収納・片づけ全般苦手な娘夫婦が、新居を建てようと計画中です。大丈夫なのか?あの汚部屋娘が。
    幸い、まだ図面の段階だそうで、娘には安東先生のブログを紹介して、良く読んで勉強したらいいよ、絶対後悔しない家にできるよ!と薦めておきました。自分が我が家に感じているような不便が、娘夫婦の家には起こらないよう願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です