BS-TBS【愛と涙の実家片付け物語】再放送決定!

✿2018年4月12日(木)✿

前回の記事にいただいた「ひろくんママさんのコメントをご紹介します!

安東先生、皆様こんばんは(^ ^)
「毒舌だから気にしません」とさらっと書かれてますが、

右から左にさらっと通る事はなく

グサグサと一言一言突き刺さるのは確かですよね。

 

それをはねのけられてるのは

やまもとさんの思いが本物で本気だからですよね(><)

ただただ応援の気持ちのみです。

 

ぎっさんさんのお母様の

「たくさんの物をとってたことを褒めて欲しかった」

という感情私もわかる気がします。

 

私は自分が幼稚園の頃使ってたタオルケットを

30歳までずっと使っていました。

 

「物持ちが良いね!凄いね!」と誰かに褒められ

(今考えたら本気で褒めた訳ではなかったのかもしれませんが)

褒められた経験の少ない私はそれがとても嬉しくて、

それから「いつか誰かが褒めてくれるかもしれない」

といろんなものをとっておくようになりました。

 

安東先生に出会い、

ただとっておく事が大切にしてるには繋がらない事を学び、

捨てる事もまた大切にする事に繋がるとしれたので良かったですが、

学べてなかったら私は間違いなく

この先そっち側のお婆ちゃんになってたと思います。

 

ただ先生が仰られた

「生きてるうちに実家のお片付けを一緒にする事で

大事にしてる物、その物への思い入れ、思い出を聞ける、語り継げる」

と言われた事がとても印象深かったです。

 

短時間でただ要るもの要らないものに分別するのでなく、

貴重な親子の会話時間にもなるのだなと、、

 

私も今親が片付けをしていて自分で好きにしたい方なのでノータッチですが、

そんな話を聞くためにその場に一緒に居ようかなと思いました。。。

「邪魔!」とか言われそうですが^^;

 

でも多くの方がそんな良い状態ではなく、

良かれと思ってしてる事で傷つけられる方が多いのに

それでもご実家の片付けを決断し

覚悟をもってされてる皆様に本当にただただ凄いなと思うばかりです。

ひろくんママさん、コメントありがとうございました。

ひろくんママさんは、福岡のお片付け完全マスターに参加されました。

セミナーで少しですが、親の家の片付けについてお話させていただきました。

 

親の家の片付け…できれば親が生きている間にした方がいいからです。

コメントにも書いてくださったように

「生きてるうちに実家のお片付けを一緒にする事で

大事にしてる物、その物への思い入れ、思い出を聞ける、語り継げる」

 

 

さて、3月9日にBS-TBSで放送されました

愛と涙の実家片付け物語

大変好評で再放送が決まりました。

4月18日(水)19時00分~19時54分

実家を片付ける!

こには親の思い、子の思い

何世代にも渡る家族の思いの証が数多くみつかるもの。

前回の放送は夜の11時からでしたが、今回は7時からです。

私はほんの少ししか出演しません。

本当にほんの少しです(笑)

 

わたし…前回の放送を当日のブログでお知らせし、

観ていない方もたくさんいらっしゃるかと思います。

大失敗でした(笑)

 

2件のお宅が登場しますが、2件とも一日づつ伺い、

色々なアドバイスをさせていただきました。

 

片付けをするのはご家族でしたので、私は途中経過も見ていません。

ですから、放送で知りましたが…本当に愛と涙の片付けでした。

 

リポーターも入らずですので、

親の家の片付けの、よくある会話などがそのまま…という感じでした。

 

途中で親子のぶつかり合いもあり、

ハラハラドキドキしながら観させていただきました。

感動し…感極まって涙もポロリと。。。。

 

私は母がガンになり、我が家に同居する時に、

本当にバタバタと片付けました。

 

もう少し時間をかけて、母とたくさんの話をしながら

片付け、整理ができていればと番組を観ながら思いました。

 

本当に感動のドラマです。

是非、ご覧いただければと思います。

 

今日も皆様の素敵な暮らしの扉が開けますように(^^)/

 

「人気ブログランキング」に参加しています。

下の写真を「ポチッ!」とお願いいたします。

↓↓↓

いつもありがとうございます!

★コメントについて

・只今コメントのお返事をお休みさせていただいています。

・メールアドレスのご記入をお願いいたします。

・メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

・コメントは承認制です。公開に時間がかかる場合がございます。

・左下の ”コメント” を押すと、コメント欄が開きます。

ブログの更新をメールで受け取る

メールアドレスを入力すると、更新をメールで受信できます。購読は無料です。





コメント (8) | Trackbacks (0)

“BS-TBS【愛と涙の実家片付け物語】再放送決定!” への8件のフィードバック

  1. つむじ風 より:

    安東先生、皆さま、おはようございます(^_^)v
    「実家片付け物語」前回涙して観ましたよ〜〜
    また、再放送するんですね♡楽しみにしています!
    前回見逃した方、チャンスですね♡
    でも、あまりにも先生の場面が少ないのが残念ですが〜

    • るんくま より:

      確かに~
      「先生をもっと出して~」と画面に向かって
      叫びそうになりました(笑)。
      18日が待ち遠しいです。

  2. ひろくんママ より:

    安東先生、皆様こんばんは(^ ^)
    朝見てビックリしました^^;こんな長文取り上げて頂いてありがとうございます^^;
    放送見ました!凄くリアルに感じました!でも結果自分たちだけであれだけ片付けられたんだというのに本当に驚きと共に「出来るんだ」と思えました!先生の出番は少なすぎですが、やっぱり先生の方程式が本物だからこそ、普通の人だけでここまで片付けられるんだと思いました!また観たいと思います!
    話が違いますが、先生のセミナーを受けられた方々のコメントなどに「洗濯物を畳むのが楽しくなりました」という声を見つけてましたが私は畳むのが大の苦手で絶対そうはならないだろうと思ってたのですが、、、
    まさかの楽しくなりました(笑)引き出しを開けた時にどれにしようか選ぶのも取るのも楽しいし、まさかの変わりようで(笑)
    オンラインサロンで観れるテキストでは目次に載ってあるすべての畳み方の動画が観れるんですよね?もう全てを知りたくなりウズウズしています(^ ^)
    セミナーでの生の声って凄いなとヒシヒシと実感しております。ブログも本も繰り返したくさんたくさん見てたのに、やっぱり何かが全然違くて、何より先生の魅力に引き込まれるんだなと感じました‼︎
    今まで嫌だと思ってた洗濯物を畳む事や、家の片付け方を考える事も楽しく思えるようになりました!今までなかった「ワクワク感」を手に入れれました!本当にありがとうございました!!(^ ^)
    次回ステップアップセミナーも是非是非受けさせて頂きたいと今から楽しみにしています‼︎

  3. ひろくんママ より:

    追伸
    すみません、オンラインサロンでの「すべての畳み方の動画」ではなく、目次に載ってある「すべての動画」と言いたかったです。

  4. つむじ風 より:

    安東先生、皆さま、おはようございます(^_^)v
    再度のコメント失礼します。
    「ひろくんママさん」のコメントを読んで、まさに同じ気持ちなので声を大にして言いたいです!
    畳むの楽しいです!セミナーに参加してからは、自分なりにやっていたつもりでしたが、まだまだだったんだとわかりました。今回「春のお片づけ祭り」(パン祭りの様ですが〜)で、全部の衣類をたたみ直しました!
    そしたら、なんと言うことでしょう!とっても、楽しい♡♡
    タンスの中がよりスッキリしました♡♡
    今では、畳む物がないか、家中探し回っています♡♡
    安東流最高!

  5. 通販好きの松さん より:

    実家の片付け、まさに今現実を身にしみてやっております。
    先月、突然の母の死に直面し、残された家族で、頑張っているところです。
    三姉妹と父でやっておりますが、それぞれの考え方の違いがあり、正直ケンカもしました早くから家を出ていた姉は、処分処分!さっさと捨てなくちゃと言うのですが、実家にのこされた、父やもう一人の姉の気持ちを考えると、さっとなんて、言えなくて
    やはり残っているこれから生活していかなくてはいけない人の気持ちを大切に、安東流を説明して、頑張りたいと思っています。
    こうやって、コメントを打ち込みながら、まだまだ私も悲しくて、涙がとまりません
    実家は遠く離れているため、なかなか帰れず、でも帰ったときには、精一杯生活しやすく、前向きになれる実家にしてあげたいです!!
    実家の方ではゴミ出しがとても新設値段で、自分で持ち込むと、50キロ200円、それ以降はプラス50キロ増えるごとに100円追加という、懐に優しい自治体で、助かりました!
    5月には四十九日で、夏には初盆で実家に帰省するので、皆さんの頑張るコメントを見ながら、私も泣いてないで、頑張りたいと思っています!!

  6. 銀ぎつね より:

    BS見れません!残念・・・でも動画見つけました。

    ご家族の気持ちはよくわかります。
    片付けたその先にあるものはやったものでなければわかりません。

    私もお片付け完全マスターを受講後、少しずつですが実家の片づけに手をつけました。
    (我が家はアドバイザーの皆様に頼りました)

    実家の世帯主は妹。
    激務を終えて帰宅する妹がゆっくりできない。

    両親は高齢とはいえ、掃除ができないわけじゃない。
    年金生活になってから夫婦そろってずっとテレビの前。
    時間はたっぷりある。

    それなのに疲弊した体で片付ける妹が気の毒。
    今の生活を生活を支えてくれているのは妹。

    妹が休める家にして欲しいから家を片付けてと両親にお願いしました。
    (とはいえ体を動かすのは私)

    高齢の両親の性格を考えるといきなりやるのは無理。
    一番厄介なのが母。
    でも父には従うので父に認めてもらうのが一番手っ取り早い。

    帰省している短期間で洗面所、パントリーを片付けました。

    それを見て父は納得し、次の帰省時に父の部屋を片付けました。
    着道楽の父は持ち物が服しかないので、次回帰省時までに残したい服だけにしておいてくれました。
    手がこわばっている父はきれいに畳めないけれど、定位置を守ってくれているので良しとしています。

    母は何も言わないので今も手を出していません。
    でも昨年年末納戸を「お姉ちゃんが帰ってきたら叱られる」と言って母と妹二人で片付けたそうです。
    母の性格から考えると本当に想定外です。
    良い変化だと思いたい。

    今年のお正月は椎間板ヘルニアを発症し、急遽帰省を断念したため、あとから妹から教えてもらいました。

    私自身全く動けなくなり、歩く姿は父より酷かった。
    我が家も片付いていなかったらと思うとゾッとします。

    動けなくなる前に実行あるのみですね。

    治ったら自宅はパワーアップさせて、実家の片付け頑張ります。

  7. 宇治抹茶 より:

    親の片付け、私の親は有難いことに「迷惑をかけたくない」と、物を残さないように心がけているらしく、今のところ助かっています。
    テーマと少しズレますが…
    今年度、町内会長をすることになったのですが、役員会の後、前年度会長から引き継ぎが終わった~と言って帰ってきた旦那が持って帰ってきた引き継ぎの資料…何と衣装ケース2ケース分!!
    残してあるのは当時回覧していたもの、道路工事、住宅建設の案内等…
    肝心の必要な規約や資料がなかなか見つからず、埃まみれの衣装ケースからようやっと「資料の保存は5年間とする」と言った規約が書かれたものを発見し、残っている資料を旦那と一つ一つ確認し、ただ今シュレッダー祭り開催中です(泣)
    きっと今までの会長さんもどこまで処分していいのかわからず、どんどん溜まってしまったのだろうな…と。
    親の片付けのお話の中にもありますが、「とりあえず」で残されたものを処分するのは本当に大変です。
    まだまだ1年半分ほどしか処分出来ていませんが、全てをゴミ!と決めつけず、目を通して取捨選択して資料のスリム化を頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です