この家は使わないものを置く倉庫にしとくからいいんよ

✿2018年4月27日(金)✿

皆様、おはようございます!安東英子でございます❣

今日は、なごみさんのコメントを紹介させてください。

ご実家のお悩みのコメント…

今までもたくさんいただきましたが、

なごみさんのコメントは、読みながら…あぁぁ大変…とため息が。

こんにちは。
いつも先生やアドバイザーのみなさんのブログを読んで、

片付けを日々進めています。

 

今日は、酷く気分が優れず、

これからを考えて鬱々としてしまい、コメントさせていただきました。

 

落ち込んでいて、文章の推敲が十分に出来ていない点、ご容赦下さい。

私の家は賃貸ですが、先生のブログに出会えたことで、

お客様には全部屋見せられるくらいにいつでも綺麗に出来ています。

 

実家にはDVDもあり、帰省の度に観ています。
母は先生を私と共に尊敬していて、話も通じます。
先の春休みには私に片付けさせてくれ、

実家は快適になったと喜んでくれています。

 

 

問題は主人の実家です
40年ものの義母の料理本は本棚に入れたまま、リビングの一等地に鎮座。
ピアノの上にも、書類、段ボール。

 

この部屋のテーブルが、私が嫁に来て初めて、10年越しで使えたので、

この荷物はどこに行ったのか聞くと、二階に全部持って上がった、と。

 

二階には、主人と義妹の机やベッドもあります。
主人の分は捨ててくれと言ってありますが、なかなか捨ててくれません。

 

 

隣の狭い茶の間には腰が悪いのに義母のソファーベッドを置き、

サイドボードまで置いているので酷い圧迫感。

 

サイドボードの上は

書類やらヨーグルトの空き容器やら電池やら軟膏やら、

わけのわからないものが、山積み。

 

壁の装飾時計は、私が嫁に来た時から止まったまま。
もう、挙げれば問題はきりがありません。

 

 

もう、主人から片付けようと言い出して1年ほどになります。
(本当はもっと早く言い出したかったのですが、

無縁墓の問題や年末年始以外帰省もせず、

電話も取らない半音信不通状態の義妹の問題が大きく、片付けを話題にできず。)

 

その度に、低気圧で頭が痛い、持病で胃が痛い、

手術しないと腰が痛い、足が痛い。。。

 

強行したいのをぐーーーっと我慢して、

自分の荷物を片付けるに留め、時期をひたすら待っていました。

 

 

手術も全て済み、良いお天気の昨日、

 

私「GWですね!今が片付けるのに一番気候が良いですよね!」
義母「私にとっては寒いんよ」。。。

私「、、、今が寒いなら、もう暑いか寒いしかないですね。。。」

 

義母「あんたたちは子育てで忙しいんやけん、私達のことなんかいいんよ。」
私「いえ、子育ては問題ないです。

 片付けさせて下さる方が、どれだけ気持ちが楽になるか分かりません」
義母「まあ、体調のいい時に、ぼちぼちやるわ」
義母にとって片付けが出来るほどに体調がいい日など、ないのに。。。

 

 

義父「温泉のある中古住宅を買おうと思って見にいったんよ」
主人「えっっっ、、、移りたいなら、この家を片付けないと」

 

義父「この家は使わないものを置く倉庫にしとくからいいんよ」
主人「そのままにしといてどうするん。

使わないものは処分しないと。

必要なものだけにして、初めて、どんな家がいいか分かるんじゃないの?」

 

義父「すぐ死ぬわけじゃないしな。

   使わんものは置いといて、最後に業者に頼むからいいんよ」
私「、、、そうですか、、、

  私は明日死ぬこともあると思って毎日生きていますけど。。。」

 

 

私のツッコミにも義両親、負けません。
まあ、口は2人ともへの字になっていましたが。。。

 

 

ちなみに義父は、現在の住まいの他に、家を二軒管理しています。
一軒は亡くなった義祖父の家。
独身の義叔父が相続しましたが、結局管理は義父。

 

もう一軒は、世話をしている遠い親戚の伯母さんの家で、

生活保護の申請時に義父名義にしたようですが、

その伯母さんは現在施設に入っていて帰ってくることはありません。

 

見てないのでよく分かりませんが、二軒とも、義両親の倉庫化しているようです。
使っていない布団などを置いているようです。

 

 

片付けられない人は収納用品や収納家具を買いたがると

先生もいつも仰いますよね。

一番大きな収納である「家」を買おうとする義父、、、
もう言葉が見つかりません。。。

 

 

それでも、私は、

母が実家を片付けさせてくれたのが本当に有難かったと話し、

義両親の家を考えると、私は夜も眠れないんです、

引き出し一杯でも一緒に片付けませんか、と言うと、

母への対抗心なのか、私への思いやりなのか、

それには「いいよ」と言ってくれ、とっかかりは作ることができました。

 

10年越しに、ほんのちょっとだけ片付けに着手することができました。
ほとんどは私がおままごと用に、などと言って貰ってあげ、

義母が処分出来たものはあまりありませんでしたが、

とりあえず、カトラリーの引き出しとして機能するようにはなりました。

 

 

でも、これから、義母の気持ちを片付けようという方向に持っていくために、

次に何からしたらいいのか、分かりません。

 

物置などの大物は、とてもやらせてくれそうにないので、

今は1時間ずつでも義母に成果が実感方法を模索中です。

 

行くにも帰るにも1時間。

往復2時間しても片付けられるのは1時間と思うと、大変疲れますが、

GWにめげずに通いたいと思います。

 

 

本当は、アドバイザーの方をお願いしたいのですが、

到底受け入れてくれそうにありません。

 

辛いところですが、

ここで放置すると無計画に次の家を買ってしまうと思うので、

なんとか頑張ります。

 

トークテーマに沿っていなくてすみません。
先生が読んで下さると思うと、それだけで頑張れる気がします。

 

昨日持っていって結局見せられなかった先生の著書を、

いつか義母に見せながら片付けしたいです。

 

なごみさん、コメントありがとうございました。

 

「40年ものの義母の料理本は本棚に入れたまま、リビングの一等地に鎮座。
ピアノの上にも、書類、段ボール。

 

サイドボードの上は書類やらヨーグルトの空き容器やら電池やら軟膏やら、

わけのわからないものが、山積み。

 

壁の装飾時計は、私が嫁に来た時から止まったまま。
もう、挙げれば問題はきりがありません。」

 

この状況…凄くわかります。

そこにいるかのように見えてきます。

 

そして…

片付けられない人は収納用品や収納家具を買いたがると

先生もいつも仰いますよね。

一番大きな収納である「家」を買おうとする義父、、、

 

あぁぁぁ大変、絶対にくい止めないと(´;ω;`)ウッ…

 

 

なごみさんは優しいのでしょうね。

 

普通なら

「私は、もう知りません!勝手にしてください!」

となると思います。

 

そして、義実家には行くことすらしないと思います。

 

片付けが原因で、実家・義実家と縁を切った方は多いです。

片付け中に親から「出て行け!」と言われ、

縁を切ったと、コメントもいただいたことがありました。

 

なのに、なごみさんは義実家と繋がっています。

縁は切れないようですね(^_-)-☆

 

少しづつでも、片付けは進んでいくような予感(^^)/

 

 

なごみさん、こう書いていますよね!

本当は、アドバイザーの方をお願いしたいのですが、

到底受け入れてくれそうにありません。

 

なごみさん…私が伺います(*^^*)

「人気ブログランキング」に参加しています。

下の写真を「ポチッ!」とお願いいたします。

↓↓↓

いつもありがとうございます!

★コメントについて

・只今コメントのお返事をお休みさせていただいています。

・メールアドレスのご記入をお願いいたします。

・メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

・コメントは承認制です。公開に時間がかかる場合がございます。

・左下の ”コメント” を押すと、コメント欄が開きます。

[jetpack_subscription_form title=”ブログの更新をメールで受け取る” subscribe_button=”更新をメールで受け取る” subscribe_text=”メールアドレスを入力すると、更新をメールで受信できます。購読は無料です。” success_message=”登録いたしました。確認のメールを送信しました。お知らせを開始するには、今すぐメールをチェックして「フォローを確認」ボタンをクリックしてください。”]





コメント (17) | Trackbacks (0)

“この家は使わないものを置く倉庫にしとくからいいんよ” への17件のフィードバック

  1. つむじ風 より:

    安東先生、皆さま、おはようございます(^_^)v
    なごみさんのコメントを読んだ時、しばらく言葉を失ってしまいました。
    きっと、私には想像もつかないようなご苦労がおありなんでしょうね〜
    先生のおっしゃるように、なごみさんはお優しい方だと思います。
    私ならきっと疎遠になっていくだろうなぁって思います。
    どうか無理なさらずに、それでも、一歩一歩快方に向かっていくことを願っています。

  2. るんくま より:

    ずーーーと読んで行って最後の一行に~
    「え?!」「おっ!?」「キターーーー!!」
    (^_^)v
    なごみさんよかったですね~。
    なんか一筋の光が差したように感じました。
    いやいや先生ですから、ひとすじじゃなくて二筋、三筋、大筋??

  3. 通販好きの松さん より:

    いや~偉い!!の一言につきます。本当に疎遠にもならず、頑張ったんですね!涙がでます。

  4. 二色 恋 より:

    先生、皆さま、お久しぶりです^^
    こんにちは~。
     なごみさんが、一生懸命書き込んだコメントが記事だったので、私も、もう一度頭から読みました。どんどん暗い気持ちになりました・・・。もう、助けてやって・・・(心の声)
    で、
    センセ♡  
    ウルトラマンみたいだ♡
    ジュワッチ!!

    疎遠にならずに、頑張っていらっしゃる、なごみさん。
    「明日、死ぬこともアルと思って、毎日生きてますけど・・」に一票!

    新たにすごく大きな買い物(家という収納場所)をするんじゃなくて、
    そのお金を有効に、今、管理している家じまいと、今、住んでいる家のお片付けに使ってもらえますように。
     いい方向に少しでも向かうことを願っています。

  5. もも より:

    収納家具を買うと宣言した母に、置くところがないとわたしは止めたのです。
    そうしたら、誰にも相談せずに、家を買ってきたのでした。
    やはり、モノの量に頓着しない人って、そういうふうに考えがちなのかなと思いながら、読ませていただきました。

  6. MAYUMI より:

     片付けられないから家を買う、という発想にびっくりです。
    固定資産税や火災保険などの支払いもあるでしょうし、お金持ちなんだな~と。
     
     先日の某お片付け番組で知ったのですが、廃棄のルールで片付けてからでないと解体が出来ないんですね。今もできると思ってる方もいるかもしれませんね。
     
     我が家の夫も、過去に放置された実家を片付けた人です。放置した家が漏電火災になると危険なので、一人で片づけて解体を依頼しました。ものすごく大変だったようです。
     
     2階にあるご主人のものを、義両親に処分を頼むのではなく、ご主人に自ら業者を頼んで処分をしてもらい「ついでに捨てるものある?」って誘導していくのなんてどうでしょうか。処分にもお金はかかるということがわかるのでは…。

  7. なごみ より:

    安東先生、コメントを取り上げて下さり、ありがとうございます。
    朝6時過ぎ、ブログを拝見しまして涙が出ました。
    今、朝からの用を済ませて帰宅したところです。
    遅くなりすみません。

    先生のお気持ちに感謝です。
    ご多忙の中、コメントを読んで下さるのみならず、私などを応援して下さる先生のお気持ちに、私のくじけたくなりそうな気持ちを支えていただく思いです。
    気持ちを切らさず、頑張っていこうと思います。

    本当に、先生に来ていただける地域ならいいのにと思います。
    親孝行コース、申し込めるものならば、今すぐにでも申し込みたいです。。。
    東京からはずいぶん離れていて、、、そして、義母には、「私たちと片付けるのが嫌だったら、お片付けの先生をお呼びしては」と何度か話していますが、「自分で出来る」「自分でするから大丈夫」の一点張りで、まだまだ先生方の受け入れ自体が困難な様子です。
    年中体調が悪いのなら、誰かの助けを借りるしかないのに。。。
    自分の言っている事に矛盾があることに、義母は気づかないようです。
    こんな状況ですが、、、先生のお気持ちが、とてもとても嬉しかったです。
    なんだか、先生がここにいらっしゃる気がします!笑

    少し前にアドバイザーの方がお一人活動範囲になって下さった時には、それこそるんくまさんが仰ったように、一筋の光が見えた思いでした。
    先生の分身が、ついにここにも、、、と!
    義実家をいつかお願いしたいと、私の目標にしています。
    まずは私と主人で少しずつ一緒に取り組み、義母が、やっぱりアドバイザーの方にお願いして、一気にやった方がいいと思い至ってくれるように、少しずつ片付けながら話をしたいと、今は思っています。

    皆さんからの優しいコメントにも、励まされています。
    皆さん、本当にありがとうございます。
    コメント欄で、実家や義実家を片付けようと頑張る皆さんの様子を拝見していたから、今回私も気合いをいれて義実家に行き、引き出し一杯だけでもやらせてくれと言えたと思っています。
    その後、私から電話して、毎日30分、引き出し一杯やってみて下さい、気持ち良くなって運気も上がりますよ!と言ってみたり、主人から片付けのテレビがあってると、見てみて!と電話したり、GWに向けてアプローチを続けています。

    先生やつむじ風さんや通販好きの松さんが、私などを優しいとか偉いと言って下さり、心が慰められました。
    でも、私はそんな風に言っていただけるような、いい人間なわけではないのです。
    無論、義両親の体や生活を心配している気持ちは本心からあり、そもそも義実家を片付けたいと思う気持ちが生まれました。
    でも、私一人が後々片付けで苦労するのが嫌だという気持ちも、現状としては大きいです。
    義両親に、自分達の家を片付けないのは、息子と嫁に迷惑をかけることなんだと理解してほしいというのは、正直、思っています。
    かと言って、揉めてそのままは嫌なのです。
    子どもたちもおじいちゃんおばあちゃんが好きで、私がその関係を取り上げたくもないのです。
    だから、私に縁を切る勇気が無いだけかもしれません。苦笑

    それに、関わりを持っておかないと、そのうち中古住宅を買うでしょうから、、、ももさんのお母さまは、相談なく購入されたとのこと、、、私の義父も今後ありうると、はっとしました。。。
    二色 恋さんが仰ったような、家じまいとか、家の片付けの発想が、そもそも義両親にないんです。
    不動産はどんな状態でも資産と思い込んでいます。
    次の家を買っても、今の家を売ることはない。
    家や物を買っても、メンテナンスという概念もありません。
    実は、墓も然り、、、山の中に無縁墓になっている10代くらい前から5代くらい前までのご先祖様が眠っていますが、義父が行けなくなり、最近は放置状態です。
    供養を続けるのか、墓じまいをするのか、もう3年近くお願いしていますが、やるやる詐欺状態が続いています。。。

    こんな状況ですが、、、諦めず、義両親との片付け、頑張りますね!
    前回に続き、長々と、すみません〜!!!
    もし片付けを進めることが出来たら、またご報告させて下さい。
    先生、本当にありがとうございましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  8. さかな より:

    こんばんは!

    なごみ様…方言などからして、もしかして同じ県の方かな⁈と思いました(^^)

    私の義実家も凄いです…。あまり詳しく書くと、知ってる人に特定される恐れもあるので書けませんが…。私は安東流に出会えて、収納家具を一切買わなくなりました。片付けが進んできたら、その場所に合わせてフィッツや無印の引出しを買う予定です。100均で、可愛いカゴや可愛いボックス、何か入れれそうな小物入れも買わなくなりました。安東流に出会えていなかったら、カラーボックスあと何個増えてたかな…⁈

  9. なごみ より:

    何度もすみません。
    MAYUMIさんのコメントも拝読しました。
    ご提案、ありがとうございます。

    そうですね。
    GWには基本にかえって、元主人の部屋の机とベッドの処分を実行するよう提案してみます。
    私が言うと、無神経だと憤慨されそうなので、ここは主人に自分で言ってもらおうと思います 笑
    処分費はその場合は義両親は出さないとは思いますが、きっかけにする為にも、そうしてみます。
    まずは自分の物から、ですものね。

    ミンチ解体ですが、確かに、前に、「私が死んだら、家ごと潰してくれたらいいわ」と言っておりました。
    現在はそれは出来ないということは、その際に義母に話したので今はそこは認識を改めてはいるようですが、業者に頼めばいくらもかからず生前整理できると思っているようです。

    固定資産税などは、田舎ゆえ安いそうで、義父両親曰く「たかがしれてる」と。
    私からすると無駄なお金ですが、そういうお金はいとわないんですね。
    片付け費用に充ててほしいですが。。。
    火災保険については聞いたことがありませんでしたが、漏電火災、、、恐ろしいです、、、義実家は、義祖父の家に、電気水道を通しています。。。
    今まで無駄なお金と呆れてしかいませんでしたが、火事の可能性、、、電気は止めるように言います!
    教えて下さりありがとうございました!

    先生、コメント欄にずいぶん書き込んでしまい、すみません。
    失礼致しました。

  10. NAOMIN より:

    おぼえていらっしゃらないかと思いますが、久しぶりにコメントさせて頂きます。ブログはずっと拝見させて頂いてました。

    今回の記事は衝撃的で、何か胸にズシンと来るものがありました。
    収納ケースを買う、引っ越す、増築する、までは例を知っていましたが、家とは!
    言葉もありません。

    片付けられない方に必要なのは、片付け方のノウハウではなく心の問題の解決ですよね。片付けを拒否するわだかまりとの。
    片付けの前に依頼者さんと相談する時間を取っているでしょうが、ここまでこじらせている場合は、事前の相談というべきか十分なカウンセリングが必要ではないかと思いました。

    依頼者さんの家族説得要員として、カウンセラー兼片付けアドバイザーがいらっしゃれば、少しはスムーズに進むかもしれないと感じました。
    認定心理士か臨床心理士の資格を持ってるアドバイザーさんは、いらっしゃいませんか。

  11. ひろくんママ より:

    安東先生、皆様こんばんは(^ ^)
    なごみさん、こんばんは(^ ^)
    私も先日のコメントを読んで言葉が出ませんでした。
    私は自分が原因で片付けれてない部屋を見ても嫌な気持ちになるのに(自分が悪いのに)なごみさんの状況、、自分だったら行くのも嫌だと何かしら理由をつけて行かなくなると思うのに、、ちゃんと向き合われてて、強くお優しい方なのだなと、、
    先生の最後の一文、凄く心強く感じました!
    きっと記事を見られてる方皆さんおおーって拍手したんじゃないでしょうか!なごみさん、味方はたくさんいます!みんな応援してます!
    (と言っても何か出来るわけではないのでお一人では心折れそうになりますよね(ToT))でも責任を負い過ぎてなごみさんが潰れないようにしてくださいね(>_<)ご主人が味方になって一緒になごみさん以上に熱をもってご両親様に訴えかけてくれたら良いですね!

  12. なごみ より:

    先生、こんにちは。
    GW前半、1日だけですが、また、引き出しを3杯片付けてきました。
    細かい物がバラバラ入っていて時間がかかりましたが、用途別に片付け、義母からも「片付けると気持ちがいいね」という言葉がありました。
    義父も、「片付けてくれてありがとう」と。
    大物にはまだ手をつけられていませんが、少しずつ義両親に話をしながら、GW後半も頑張ります!
    そして、先生の活動範囲を見直しまして、私、認識違いに気づきました!
    「遠方はご相談下さい」!!!
    わあーーーー!!そもそも無理と思い込んでいました!!!
    今頃、すみません 笑
    まずは、義両親が、先生に来ていただくことを受け入れてくれるよう、少しずつですが、頑張ります!!

    先生、それから、コメント欄にその後もいただいていた励ましに、また、私もコメントしたく、この場をお借りします。

    さかなさん、もしかして、私のことを心配して下さったのでしょうか?
    そうだとしたら、ありがとうございます。
    でも、私には今回先生をはじめとする皆さんからの励ましやアドバイスがとてもとても力になり、書き込ませていただいて本当に良かったと思っています。
    それにもし、どなたか私や義両親に気付いた方がいらしたら、むしろ声を掛けていただきたいくらいです 苦笑
    お互い、義実家の凄さに負けず、頑張りましょうね!

    NAOMINさん、私に寄り添うお言葉をありがとうございます。
    私も、意識の変革が、義両親には一番必要だと思います。
    でも、先日から義母と片付けていて思うことは、言葉で説得するよりも、ちょっとでも一緒に片付けて、変化を体験してもらう方がいいようだ、ということです。
    それに、番組で見ていると、先生のお片付けは、いつもカウンセリング付きですもんね 笑
    でも、確かに、最近は溜め込み症候群やADHDなど、心の問題から片付けられない方も多いですよね。
    義実家の場合は、単なる頑固なので 笑、まずは家族で風穴を開けるよう、引き続き頑張ります!

    ひろくんママさん、ありがとうございます。
    かつては私がかなり前もって言っておかないと、主人も問題意識が希薄だったので、そのまま帰ってくる有様でしたが、最近は、主人の意識もかなり上がり、話担当は主人、実働担当は私です 笑
    2人で引き続き頑張ります!
    ひろくんママさん、ちゃんとご実家から、荷物全部出されていますよね。
    私も、実家はまた見直さないと、何かあるかもしれないです 汗
    義実家も、主人の荷物から、頑張ります!

  13. ひろくんママ より:

    なごみさん、こんばんは(^ ^)
    ご両親からの言葉、!!!凄い進歩じゃないですか??何か踏み出せましたよね!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
    読んでて嬉しくなりました!!なごみさんのお気持ちが伝わってるんですよね!!
    なんかきっと安東先生が来られるのをいつか受け入れられる気がします!
    先生にさえ来ていただければゴールは近い!!
    最初のコメント読ませて頂いた時はとてもとてもとてつもなく終わりが見えないような気がしてしまいましたが、なんだかご両親のその言葉に光を感じますね!!明るい未来が近い気がします!!
    本当に想いは伝わるんですね!!
    私も気が乗らない時でも感情は置いといてただ体を動かし片付けすると、綺麗になった状況から気持ちもスッキリするってあります!
    気持ちが先でなく行動が先で気持ちが後から付いてくるってあると思います!!あと少しですね!!応援しています!!フレーフレー(*^◯^*)

  14. なごみ より:

    こんにちは。
    その後、なんと毎週片付けを続けています。
    片付けることを受け入れてくれている義両親には、私も感謝しています。

    とはいえ、全面許容ではなく、義母の許可が出た場所からなので、順番が安東流で進められず、その結果、毎週一部リバウンドです。
    少しずつ綺麗にするイメージで進めています。

    物の多さには毎回びっくりです。
    キッチンでは、湯のみ100個くらい、コーヒーカップ50個くらい、お猪口30個くらい、皿は1000枚を超えると思います。
    寿司桶は大小合わせ10個くらい、重箱も10個くらい。
    専用機器は、ポット3つ、炊飯器3つ、ミキサー3つ、餅つき器、蒸し器、、、ゆで卵カッターも3つ。
    まだまだありましたが、忘れました。笑
    義母曰く、全て用途が違うのだとか。。。
    そして、必ず出る言葉が「それは何かの時に使う」。
    100人の方にお茶を出そうにも、家にお客様が入れませんよ、お義母さん。。。
    洗剤も、出るは出るは。
    台所洗剤だけで、シンク下はいっぱいです。
    10年ものの果実酒は、30個くらい。
    これでも、いろいろと捨てながら進めているのですが、食器や家電、果実酒、洗剤などはなかなか捨てられず、上記のものは皆残したものです。
    とにかく、30年間、表面的な掃除以外していないらしく、土埃と虫の死骸(すみません)が凄いので、掃除に半分ほどの時間を取られてしまいます。
    押し入れも、いわゆる押して入れた状態でしたが、大量の洋服と書類を取り出し、寝具だけに。
    一間半の押し入れは、天袋を除き、6組の布団で埋まりました。。。
    敷布団、アクリル毛布、羽根布団夏冬、綿布団、綿毛布、羊毛敷パッド、アクリル敷パッド、麻敷パッド、マットレス、さらに大量のシーツ類が衣装ケース2杯分、枕カバー30枚ほど等です。
    マットレスと冬の羽根布団は3組ですが、あとは6組以上あります。
    ここでも、義母が大物は捨てられないので、6組は残し、汚れていたシーツなどを処分対象としました。
    ただ、ここは時間切れで義母への宿題にしたので、果たして処分品にしてくれるかどうか?不安なところです。汗

    ひとまず、キッチンはひと通り全出しと掃除をしまして、真ん中にあったお手製のアイランド?は三段ボックスなどを捨てて、テーブルだけになり、毎日テーブルで食事をして、義母も義父も快適に感じてくれているようです。
    あ!この3段ボックスは、義両親が、自ら進んで捨てておいてくれたんです!
    本当に、凄い変化です。

    が、一方で、昨日の義父。
    義父(押し入れから出た大量の荷物を見て)「あーうちは狭い狭い。」
    義実家は7DKです。
    私「うーん、というか、とにかく物が多いですね。物を減らせば、広くなりますよ。」
    義父「いやー狭い!8畳の和室が、あと2間は欲しい。」
    私「まあ、そのくらいあれば、たくさんのお客様を呼べますものね。」
    義父「いや、客やら呼ばんでも、狭いわ。あと2間あれば、こんなん(布団や衣類)が入るわ。あー狭い狭い。」
    主人「、、、片付ければ、十分広いわ。。。」

    まだまだ負けずに頑張ります!!笑

  15. なごみ より:

    ひろくんママさん、応援をいただいて、ありがとうございました!
    安東先生が少しずつでも片付けは進んでいく予感、と言って下さり、他にも皆さんに励ましをいただき、励みになったようにも思いますし、先生の予感が当たったようにも思います。
    梅雨も近づき、義母は体調の悪いシーズンに入りますので、先生はおろか、私たちのこともしばらく断られそうな雰囲気です。汗
    梅雨明けまで小休止かもしれませんが、今後もコンスタントに通い、片付けを中断しないようにしたいです。
    MAYUMIさん、こちらはご覧になっていないかもしれませんが、主人の机とベッドは、なんと、親戚にお譲りしたそうです。。。
    貰って頂いて大丈夫だったのか心配ですが、ひとまず主人のものはなくなりました〜。
    引き続き頑張ります!

  16. なごみ より:

    何度もすみません。
    補足です。

    片付け3回目くらいから、義父もゴミ捨てなど積極的にやってくれるようになりました。
    ごはんも義父が買い出しに行ってくれます。
    義母も、私たちが来られない日も、少しずつ出来ることからしてくれ、私たちがいる時は判断だけして下さい、と言っているのですが、頑張って洗い物などをしてくれています。
    というわけで、義両親も頑張ってくれています。

    月曜日には私も主人もどっと疲れが出るので、義両親はもっとだろうなと思うと、心配にもなります。
    (そして先生とアドバイザーの皆さんの凄さを改めて感じます。)
    でも、月曜日に電話して、義母と私で互いを気遣い、また次の週に頑張る原動力になっています。

    ワイドスクランブルの林さんを見ていてもつくづく思うことですが、愛が伝われば、片付けは出来るんだな、と。
    義実家を片付けたいと、長年思っていましたが、先生の本を読んで、自分にストップをかけていました。
    自分が迷惑だと思う気持ちが、義両親を思う気持ちに、遥かに勝ってしまっていたからです。
    でも、この片付けの最中にもさらに変化があり、私も心から義両親の生活と健康を心配する気持ちがずっと勝るようになりました。
    愛が伝われば、あとは、安東流を勉強すれば、片付けは出来る!!
    先生の愛が、ますます世界に広がっていきますように。。。

  17. やまもと より:

    なごみさん、頑張っていますね。
    私もがんばろう。

    なごみさんの頑張りが、私の背中を押します。
    どどーん、とね(^^)/

    よっしゃ。 がんばるぞ!!! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です