家を建てる時、子ども部屋をどう考えますか? 続きです!

今日の記事は昨日の続きですので、まだ読んでいただいていない場合は、

是非昨日の分を読んでくださいね!

 

昨日の記事は、ここで終わりました!

子ども部屋を二人で一緒に使うこと・・・良い事ばかりではないようです。

私もこのようなお宅に実際伺って、「なるほどね」と思う話を聞いてきました。

            片付けの天才! 住まいの空間プロデューサー

我が家が子育て真っ最中の時は賃貸マンションの3LDKでしたので、

当然一部屋は男の子2人、もう一部屋は女の子3人で使っていました。

そこそこ喧嘩をしながらも、どうにか無事子育ては終わりました。

私は、必ず子ども一人につき一部屋与えましょう! 

と言っているのではありません。

 

ただし、私が聞いてきた一緒の部屋での問題。こんなことがありました。

 

昨日の記事に書いたように、

家を建てた時は、まだ子どもも小さかったので一部屋を二人で! 

使っていた場合のことです。

 

女の子二人。

小学5年生と1年生になり、上の子が部屋を分けてと言い始めました。

 

理由・・・妹が先に学校から帰ってきて、友達を部屋に入れる。

     そしてその友達が姉のベッドに座ったり、私物を触る。

 

     生理が始まり、妹に知られたくない。

 

そして下の子は、友達から「お姉ちゃんから怒られるから、もう遊びに行かない!」

と言われ泣く。

 

中学になると、テスト前は夜遅くまで勉強。

当然 照明を付けると下の子が眠れないと喧嘩むかっ

 

下の子が音楽を聞いていると、勉強できないと喧嘩むかっ

 

携帯を持ち始め、友達に電話するからと、下の子を部屋から出す!

 

受験前は下の子が気を遣いハラハラの連続。

音に敏感な姉はイライラして、取っ組み合いの喧嘩になった。

 

私もなるほど・・・と思う話がたくさんありました。

 

お子さんが小さい時ってお母さんは、

「うちの姉妹は仲がいいから同じ部屋で大丈夫!」と言います。

しかし部屋が一緒ということで、

仲が良かった姉妹も今では口も聞かなくて、

ということもあるのです。

 

姉妹でも兄弟でも先々どうなるかわかりません。

もしお子さんが小さい時は部屋を仕切らなくていい! と考えている方。

 

こうしましょう! 例えば2人だったとします。

一部屋は 勉強部屋。そして一部屋は二人の寝室。

小さい時は一人で寝るのが怖い! となるので。

 

上の子が一人の部屋が欲しい!と言い始めたら、家具移動すればすむことです。

昨日の記事に書いたようなリフォームの煩わしさもありませんし、お金も必要ありません。

 

このような子ども部屋に壁を作るために

打ち合わせに伺った時の子ども達の嬉しそうな顔。

お子さんもお母さんも「一日でも早くお願いします!」なんです。

 

さて 明日は我が家の洗面所の細かい部分の紹介ですお楽しみに! 

 

片付けの天才! 住まいの空間プロデューサー
私のブログを暮らしの参考にしていただければと思います!
   人気ブログランキングへ

晴れブログランキングに参加しています! 

晴れ上のボタンをクリックして下さると嬉しいです!

晴れ毎日の更新の励みになります!

コメント (2) | Trackbacks (0)