親の家の片付け③…子供たちが苦労している姿がほとんど。

Satellite_22018年12月20日(木)Satellite_2

 

皆様、おはようございます。

美しい暮らしの空間プロデューサー 安東英子でございます❣

 

親の家の片付け①…「こんなことなら、もっと早くにお願いすればよかった。」

親の家の片付け②…全出ししないと片付けは進まない!

 

続きです。

親の家の片付けの経験がある方もいらっしゃれば、

これからの方もいるかと思います。

でも、一日でも早くする事をオススメします。

 

 

今回の名古屋の片付けのお申込み。

いつだったかな…とメールを確認すると、なんと! 去年の10月でした。

 

1年以上も前から娘さんはご実家を片付けたくて、

たくさんのお写真を送ってこられたのですが、

お母様は「他人を家の中に入れたくない。」と反対されていました。

 

そして娘さんは説得を繰り返し、一年過ぎて叶いました。

 

ですから前の記事に書いたように…お母様が何度も

「こんなことなら、もっと早くにお願いすればよかった。」

と言われたのです。

 

また私やアドバイザー達に

宿泊費や新幹線代を出してまで、ご依頼くださった理由は、

以前、娘さんのお宅の片付けで伺ったことがあるからなんです。

通える距離ではなかったので、その時も3泊4日(笑)

 

どうしても宿泊費や交通費が必要になるので、

私ではなくて名古屋の方は? とオススメしたのですが、

娘さんの家のお片付けで、とても気に入ってくださって

今回のご実家のお申込みになりました。

本当に嬉しいことです!

 

 

今回は、6トンもの物を処分しました。

一つ一つをご家族に確認しながらです。

そして必要な物は全て整理してキレイに収納しました。

 

お部屋全体のお写真はお見せできませんが、

ご依頼者の娘さんからのメールを一部ご紹介させていただきます。

 

「母が、旅館のようになって、先生のアイデアが凄い、と喜んでおります。
せっかく見違えるようになったこの家で長生きしたい!と。

 

スタッフの皆さんにもなんとお礼を申し上げて良いのやら、

言葉も見つからないくらい感謝しております。」

 

 

はい、今回ももちろん家具移動をしました。

今まで物置部屋に置かれていた古い桐のタンスも移動し、

旅館のような落ち着く和室になりました。

 

また、お母様が困らないように、

テレビ、婚礼ダンス3点、洋服掛け、ダイニングテーブル、本棚

も配置を変えたことで、家事動線や使い勝手がとても良くなりました。

 

作業が終わって、東京に帰る新幹線の中で思いました。

何十年も片付かなかった家の中が、

魔法をかけたかのように一瞬で片付いた!

 

 

私達スタッフはもちろん頑張りましたが、

何より80代のお母様が、

4日連続で朝から晩まで取捨選択を頑張られたことは、

今思うと、凄いことだったと改めて驚いています。

 

娘さんもずっとお母様に声掛けをされていました。

「いる! 使う!」と言われるお母様に、

「もう使わないよ! 捨てよう!」と、時には厳しく言われていました。

 

物を捨てるお母様も辛いかもしれませんが、

強引でも捨てさせる事がお母様の為になる!

と、時には強く言わないといけない娘さんは、

お母様以上に辛かったと思います。

 

さて、是非観ていただきたい番組があります。

12月22日(土) 20時~20時54分

BS-TBSで【愛と涙の実家片付け物語】

 

今年始めに放送されたのですが、大変好評だったそうで再放送です。

私は出演される2件のお宅のアドバイスさせていただきました。

放送されたとしても、私の出番は一瞬!

 

 

ご家族で物を通して昔を思い出しながら、

家族の絆が深まった理想の片付けです。

 

途中、家族の中でぶつかり合いがあっても、

この段階での親の家の片付けは楽な方です。

 

親の家の片付け…

何年も通い続けている方がいらっしゃいます。

遠ければ交通費も馬鹿になりません。

 

何より、ゴールが見えなくて疲れ果て、

しなくていい喧嘩をしたり、中には大喧嘩になって親子の縁を切ったり。

親の家の片付けは本当に難しいです。

 

2014年12月に発売された

「親の家の片づけ 決定版」の表紙には

「親と揉めてもいいんです」と書きました。

_COVER-KATADUKE-B

発売の時に書いたブログ記事です。

ここ最近マスコミでも大きく取り上げられている「親の家」の片づけですが、

「親の気持ちを理解して」と、親を擁護する専門家がほとんどです。

 

もちろんそれも間違ってはいないけど、

実際に片づけをする子供側に立ったコメントはほとんど目にしません。

 

 

ほんとうにそれでいいのでしょうか?

子供たちさえ我慢すれば、

「親の家」の片づけがとどこおりなくできるのでしょうか?

 

私が聞いてきた話しは、片づけをめぐって親とバトルになり、

子供たちが苦労している姿がほとんど。

 

私も今は親の立場になりますが…

なぜ、マスコミはこぞって親側に立つのでしょうか?

 

親のために多くの犠牲を払っている子供たちのこともとりあげ、

親に感謝を促してもいいのではないでしょうか。

 

親の家とはいえ、〝人の家〟をタダで片づけてくれるのは子供だからです。

他人ならそうはいきませんから。

 

今は、親の家の片づけをする必要のない立場でも、

いつかはきっと訪れるでしょう。

 

また、今はまだ元気でも、子どもから片づけてもらう日が来るかもしれません。

その時のためにも、是非読んでいただければと思います。

 

今回の親の家の片付け中…

お母様は娘さんの事を「何でも捨てる…怖い…」と何度か仰っていました。

 

多くの親が、このように言われるようですが、

お母様と二人になった時に、

「娘さんが手伝ってくれる事は幸せですね…」

と他にも色々お話させていただきました。

 

年末年始にご実家に帰られる方は多いと思います。

帰ってから片付けを始めるのではなく、

帰る前から親と話し合い、シッカリ計画を立てましょう。

 

応援クリックが多いと元気が出ます❣

下の写真を「ポチッ!」とね!

↓↓↓


住まいランキング

 

~安東がご訪問できる地域~

東京都港区から車で片道2時間程度

遠方の方はご相談ください。 


★コメントについて
・左下の「コメント」を押すと、コメント欄が開きます。
・コメントのお返事をお休みさせていただいています。
・メールアドレスのご記入をお願いいたします。
・メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
・コメントは承認制です。
・公開に時間がかかる場合がございます。

コメント (8) | Trackbacks (0)