…顔に大やけど…すぐに止めてほしい、キッチンの吊り下げ

Satellite_22019年9月30日(月)Satellite_2

 

皆様、おはようございます。

美しい暮らしの空間プロデューサー 安東英子でございます❣

 

 

9月27日の三枝律子アドバイザーのブログに、怖いことが書かれていますした。

キケン!!命を脅かすキッチン収納


『その日、彼女は揚げ物をしていました。
別の料理をしようと、揚げ物の鍋の油が高温のまま、吊り下げていたお鍋を取ろうとしました。

しかし、お鍋が揚げ物の鍋に落ちてしまいました。

さて、どうなったと思いますか。


鍋に落ちた衝撃で油が跳ね、顔に大やけどしてしまいました。

しかも、やけどの状態がひどく、自分の太ももから皮膚移植をされたそうです。』

 

 

顔に大やけどなんて…酷い。。。

取り返しのつかない、本当に悲しい事故です。

このようにぶら下げでいる方…まだまだいますよね。

私は今までこの事について何度も書いてきましたが、まだまだされている方が。

 

2年前のブログでは、大阪の瀧本アドバイザーの記事を紹介していました。

この記事には、瀧本さんが片付けで伺ったお宅のことが書かれていました。

先日、ルームメイク先のお宅で、こんな怖い話を聞きしました。

その方のお知り合いのおじさまのお話です。
おじさんはご高齢です。

キッチンはいわゆる吊り下げ収納だったようです。

 

冬のある日、
フリースの洋服をおめしになっていたその男性。

壁に吊り下げている何かを取ろうと前屈みになった時、
着ていたフリースに火が引火して、
全身大火傷でお亡くなりになられたそうです。 

     

吊り下げ収納をしていなかったら・・・

そう思うと辛くてたまりません。

他にも、同じようにぶら下げ収納が原因のひとつで、
命を落とされた方のお話を何度か聞いております。

 

 

雑誌やブログでもよく紹介されていますよね。

いつも使う物だから掛けておくと便利! と、オススメしている人もいます。

真似をして、このような事故が起きたら、どう責任を取るの?と思います。

 

ましてやそれが…

テレビや雑誌や収納アドバイザーのブログを参考にしたのなら???

自己責任でお願いします…なのかしら?

 

お玉やフライ返しやキッチンバサミをコンロ横の壁に掛けていて、

中には壁に付けているフックごと何度も落ちているのに、

懲りずにまたフックを買ってきて取り付ける方も。

「私は大丈夫」と思っているのかな。

CIMG37731

安東流をたくさんの方に知っていただけるよう
ブログランキングに参加しています。
お帰り前にポチッとしていただけると嬉しいです!

↓↓↓↓↓↓↓↓ 


掃除・片付けランキング

★コメントについて
・左下の「コメント」を押すとコメント欄が開きます。
・コメントのお返事をお休みさせていただいています。
・メールアドレスのご記入をお願いいたします。
メールアドレスが公開されることはありません。
・コメントは承認制です。
・公開に時間がかかる場合がございます。

コメント (5) | Trackbacks (0)