ジワッ…と思い出す、産後の生活

b_simple_122_0M - bn_tidyup1b_simple_122_0M -

✜✜✜ お片付け完全マスター ✜✜✜

セミナーは必ず2日参加してください。

semi_tokyo31610

 

✿東京 お片付け完全マスター✿

semi_tokyo1610

b_simple_122_0M -

 ✿福岡 お片付け完全マスター✿

9月10日 9月24日 は、締めきりました。

✿福岡 ステップアップセミナー✿

※「お片付け完全マスター」を受講された方が参加できるセミナーです。

今回の「お片付け完全マスター」を受講された方も参加できます。

top_stepup_hukuoka_1609

more-gr300b_simple_122_0M -

 

美しい暮らしの空間プロデューサー

安東英子でございます♪

main_ttl

テレビ朝日 「ワイド! スクランブル」

22日 木曜日 放送

b_simple_122_0M -

 

美しい暮らしの空間プロデューサー

安東英子でございます♪

テレビ朝日 ワイド! スクランブル

13日の予定でしたが、20日になりました。

 ・

20日の予定ですが、これまた何かあれば延期になるかも。

またブログでお知らせします。

プリントさて、私は9月7日に出産した娘がいるので福岡にいます。

沐浴なんて、29年ぶり(*^^*)

遠い昔の事でも、不思議と手が勝手に動くものですね。

 

洗濯諸々、一日がテンヤワンヤで過ぎていきます。

 

 

産前産後を実家で過ごす方や、

自宅にお母さんに来ていただく方は多いですが、

私は受ける側として、つくづく片付けておくことって大事だと実感。

 

片付いていない実家での産後の生活が、

母体にとって、かなり負担になって当たり前です。

 

お世話をする実家のお母さんにとっても、

いつもと違う家事が増え、体力的にも大変です。

 

 

そう言えば、

産後の事を書いてくださったコメントがあったと思い、探してみました。

2つのコメントを紹介します。

 

①娘の出産里帰り以降、10年間一度も帰省させてもらえません。

里帰り出産の時には、1歳の息子がいましたので

散らかった部屋にかろうじて寝るスペースを確保し3週間過ごしました。

 

本当は産後もしばらくお世話になりたかったのですが、

出産前にごみ袋をかかえて掃除をし、大喧嘩になったので、

産院を退院後すぐに自宅へ戻りました。

10年前でもかなりひどかったので、今はどうなっているのか…

 

 

②つい一週間前に無事出産しました。

妊娠中…全部とはいえないものの、

先生の本をもとにお片づけしてからの出産。

 

産後、母が手伝いに来てくれていますが、

何がどこにあるかハッキリしているので、いろんな事がスムーズですよ!

 

一番はやっぱり上の子のおもちゃ。

自分で片付けてくれるようになってすごく助かっています。

 

このきっかけをくれた先生に感謝☆
落ちついたら残りのお片づけ再開したいと思います(^^)
ありがとうございます!

-以上-

 

このお二人の差・・・どう思われますか?

部屋が片付いているか、片付いていないかで、

産後・・・こんなにも違いがあります。

 

 

例えば・・・娘さんがお産で帰って来るとなった時

・いつも片付けているので、何も慌てることはない。

・ソロソロだと慌てて片付ける。

・片付けるのはシンドイし、このままでいいわと諦める。

 

若いママ達も、いつかは…おばあちゃんになりますしね。

 

 

親としてショックなことは、妊娠した娘さんから、

「実家は汚部屋だから里帰りはしない。」

と言われることではないでしょうか。

 

また「夫の実家の世話になります。」となるケースも。

 

部屋を片付けていれば

しなくていい喧嘩もなく、スムーズにいく事って多いのに…と思います。

 

紹介したお二人のコメントを久しぶりに読んで、

片付けておくことって大事だなとつくづく思いました。

 

ワタクシ…いつも仕事仕事なので、ちょっと仕事の事は忘れて、

        (と、言っても…あるんです、何かと!)

引き続き…孫と娘の世話…頑張ります!

 

でも、なんか…若返った気分なのですが、どうしてかしら。。。


人気ブログランキングに参加しています。

応援のボチッ↓をよろしくお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓

いつもありがとうございます!

ブログランキングのサイトに飛びます!

line01

・只今コメントのお返事をお休みさせていただいています。申し訳ございません。

・コメントを入れていただく際に、メールアドレスのご記入をお願いいたします。

・メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

・コメントは承認制ですので、公開までお時間がかかる場合がございます。

◆コメントは左下の ”コメント” を押すと、コメント欄が開きます。





コメント (16) | Trackbacks (0)

“ジワッ…と思い出す、産後の生活” への16件のフィードバック

  1. 二色 恋 より:

    先生~おはようございます。
    ダメよっ赤ちゃんの精気を吸い取ったら~♪
    ゲラゲラ^^
    でも、わかります。チビチビが居るだけで、家族が一丸になる~ほわっとした空気 ♡ 生後10日。
    もう10日なのか、やっとかっと10日なのかは、寝不足加減でいろいろ思いますよねっ?
    何分でもじっと寝顔を見ていたいと思いました。

    産んだばっかりの新米ママは、可愛いと思うより先に、命を育てる(これからずっと・・)責任感と重圧で半泣きでした。おっぱいを吸わせるのも、吸う方も、お互い初心者^^「あんたも下手やったよ」と言うと、また半泣きでした。

    高校生で叔父さんになってしまった息子は、お風呂の準備と、受け渡し担当でした。浴室から「S~!」って呼ばれて、チビを受け取りに行くと、毎回「遅い!」とか「こう持つ」とか厳しい指示が飛んでいました。今思えば、絶対服従の弟になら、少々強めにあたっても許されると甘えていたんでしょうね。時々「何?姉のあの態度!」とキレ気味でした。「堪忍な。今だけ今だけ。ぐっとこらえて、何年か後にオレは高校ん時、姉貴の爆乳を見たっち話しちゃれ~♪」と、なだめておきました。

     リビングに、ついつい持ち物をちょい置きをしている主人。
    「孫チンが何時、遊びに来ても良いようにしましょう~」と言うと、効果てきめんです。

     月齢が上がって、もう今は使わなくなった赤ちゃん用品。取っておくか?捨てるか?友達からのプレゼントだったりして、線引きが難しい様子です。先生はこんな時、どう仰いますか?
     私は、「とりあえず(あまり使いたくない言葉ですが)1年待ってみようか~?今と気持ちが変わってるかもしれないし」って言っておきました。

     なんだか、ここからが既に、片付く部屋とそうでもない部屋の分かれ道っぽい気がします。

  2. まりも より:

    先生、おはようございます♪
    先生もお仕事を離れての娘さんのお世話で、普段と違う疲れがおありだと思いますが、若返ったとお聞きし、流石先生!!って思いました\(^o^)/

    可愛いお孫さんを毎日抱っこ出来るなんていいなーとニヤニヤしながらブログを拝見しております。
    先生の事だから、赤ちゃんに寝かしつけてもらう事もなく、赤ちゃんが寝ている間はクイックルワイパーを掛けたり洗濯に買い物にと、お忙しく動かれていらっしゃるのですよね!
    腰なんて大丈夫ですか♪
    私は47歳ですが、掃除機を掛け終わるとしばらくの間身体が折れたまま元に戻りません(^◇^;)
    だったらピンッと姿勢良くして掃除機を掛ければ良いのでしょうが、どうしても熱が入ってしまい前屈みの姿勢でゴシゴシやるように掃除機を掛けてしまいます。
    バカですね(><)

    先生、若返った先生を是非拝見したいので、先生のお茶目ショットをまた宜しくお願いします\(^o^)/
    先生お身体大切になさってください.*・゚ .゚・*.

  3. ほぬ より:

    こんにちは
    私は3歳の息子がいますが…当時里帰りはしてません。
    実家が汚部屋だからです( ̄◇ ̄;)里帰りするという考えはありませんでした〜
    寂しいからなのか、何なのか、とにかく物が多くて、広い家なのに狭いです。
    やはり、不必要にもめたり、イライラして片付けたりはしたくないですね。

    そんな親は何を考えてるんだろうって思いますが…つかず離れずが一番で、積極的に関わらないようにしてしまいます。
    里帰りを普通にされる方にとっては衝撃かもしれませんが、こんな実家との関係もありますね(^^;;

  4. えりんこ より:

    安東先生、皆様おはようございます!
    新生児って途轍もないパワーの塊だと思います。
    一歳児や三歳児よりも。
    命懸けで産まれてきて、間もないからでしょうか。新生児は何かと騒がしいので楽しいですよね(笑)
    イビキやおなら、ゲップ、思わず笑ってしまいますよね(*^◯^*)思いっきり生きてるぜって伝わりますよね(*^◯^*)
    先生の若返るお気持ちととても分かります(^^)
    周りがそうやって元気になってくれていると、頑張って産んでよかったな~と思うのです!

    沐浴楽しいですよね!
    一ヶ月だけの特別な時間。
    先生の手だと安心して沐浴中にグッスリ寝てくれそうですね(*^◯^*)

    私の母は初孫のお手伝いで来てくれて居た時、孫に見惚れて手が進まず、結局私が家事をしていました(ーー;)
    孫と一緒に気持ち良さそうに寝ている母を見て…やれやれ…。とても、しんどかったです(笑)
    産後は絶えずお腹も空くし、寝不足だし、ホルモンバランスの影響もあり、常に興奮状態だと思います。
    些細なことで喧嘩したりね。
    綺麗な環境は心が安定しますから。

    これから、ノンストップの育児を楽しむために片付いている家と、方法や考え方を知っているって最強だな!と日々思います(*^◯^*)

  5. marinattu より:

    こんにちは(^^♪
    里帰り出産は実家次第?
    そんな声が聞こえてきそうです。
    毎日の家事・・でも家の整理整頓が行き届いていれば
    ストレスも軽減されます。
    それでも物は入ってくるし、自分だけではない所有物も数しれず
    おまけにもらった物新調したので使えるけど処分するもの
    そんな物たちを見て夫も娘も捨てるの?と聞いてくる
    そのたび不用品をとっとけばごみ屋敷になる!と叫んでしまいます。
    娘は私の捨てたものを拾っては・・・エコリングに運んでます。
    ガラクタも引き取ってくれるので助かっていますが
    10円20円の世界ですがゴミにするより?
    物が入ってきたとき始末するときのエネルギーを最小限にするには
    こまめにその日のうちにと言い聞かせています。
    小さなうちから習慣にする本当に大切なことだと
    つい最近身についた正統派の整理整頓・・・もう少し早く身についていたらもう少し違った人生があったかな?と思います。

  6. みぼのママ より:

    安東先生、みなさま、こんばんは^_^
    わたしも里帰りしなかった1人です。
    実家が汚実家、さらに毒親だからです。
    部屋は不用品で溢れ
    賞味期限過ぎたものを食べさせられるのは
    日常茶飯事。
    赤ちゃんと過ごせる環境では
    とてもじゃないけどありませんでした。
    産後はマンションで主人と2人で協力しながら
    乗り切りました。
    一ヶ月検診ではひとりは不安だったので
    ヘルパーさんに病院付き添いを頼みました。
    大変でしたが。何とかなりました。
    それと、2人目も里帰りせずに乗り切りました

  7. 赤ちゃんのお世話大変ですが、楽しいですよね。
    もうすぐ、友達の所も娘さんが赤ちゃんを連れて里帰りしてきます。
    実家で里帰り出産の予定が、緊急入院でそのまま出産になって、2カ月たってやっとですが、台風で予定が少しずれたそうです。
    かわいい写真が飾ってありました。

    我が家は、私も娘も実家には帰らなかったです。
    わたしの場合は、そのころ実家が離島に住んでいたために、産婦人科もなく、かかりつけの先生から里帰り出産の許可が出ませんでした。
    実家の母が手伝いに来てくれて助かりましたが、ずいぶん甘えていたと思います。
    娘の時は、娘の家に産後手伝いに行きましたが、慣れない子育てのイライラに親子喧嘩、わたしも一度自宅に帰って、もう一度改めて手伝いに行きました。二人目の時は、遠距離介護や法事や我が家の引越しなどバタバタの時で、合間を見て、手伝いに行きました。
    昔とは全く違って、今は便利なグッズもあるし、紙おむつだしね。
    楽しく子育てができるといいですね。

  8. さかな より:

    赤ちゃん、可愛いですよねo(^▽^)oほんと、きちんと片付いていれば、忙しくて大変でもストレスは溜まらないはずなんですよね。ほぬさん、広いのに狭い…義実家がそうなので、すごーく分かります(@_@)

    今日は朝、小学校の行事に参加した後は帰宅してもずっと動いていました。洗い物も洗濯も終り、する事がない…いや、する事はたくさんあるんだけど、子供たちもいるし「今」出来ることがない…と、一瞬どうしようと思ったのですが、とにかく何でもいいので動いてみました。洗面所の鏡をメラミンスポンジで磨いてみたり、旦那の出しっ放しの服をしまってみたり、中には「これ今しなくてもいいんじゃ…」と思ってしまう事もありましたが、とにかく動く、何かやる事を意識してました。

  9. くもん より:

    おはようございます。
    産後実家のお世話になりました。でも今なら行かないですね。
    娘に汚いから行かないと言われたら流石にショックでしょうね。
    気を付けようと思います。でも里帰りしなくても何とかなる
    んですね。綺麗好きでモデルハウスみたいなお宅で生活してる
    知人がいるんですが娘さんが福岡なんですね、たまにお泊まり
    行くみたいですが自分が寝泊まりする部屋は自分で掃除してからで
    ないと気持ち悪く駄目だそうです、でも掃除機の吸い取りが
    弱く直ぐ買いに行って、ダイソン買って自分で掃除したそうです。
    娘さんだってママ友からは綺麗好きで通ってるらしいのですが、、、。
    幾ら娘の家でも嫌だそうです。先日ハウスメーカーさんが点検で
    来て築○年で此処まで綺麗をキープしてる家ってないです、と感激
    されたとか。自分達で建てた家をずっと綺麗にしてるからハウスメーカー
    さんも嬉しいみたいですね。自分もそうしていきたいと思いました。

  10. ちゅる子。 より:

    安東先生、おはようございます^ – ^

    出来ることなら、もう一度やりたい沐浴〜!!(笑)
    小さな身体を我が手に預けて、お湯に浸かった時の赤ちゃんの至福の顔がまたみた〜い(笑)
    息子の時は、初めての出産と実家で思うようなサポートが受けられなかったイライラで楽しむ余裕がありませんでしたから(T_T)
    今思えば、まだまだ私の覚悟が足りなかったからで、実家の所為だけでは無かったのですがね(苦笑)
    ただ、実家の片付いていない原因と結果が里帰り出産を早々に切り上げて帰宅した理由であることは間違いありません。

    産後は自分が思っているより、体力も精神面も弱っていたのだと、今なら分かります。
    「子育てはゆっくり楽しんで」とよく声をかけて頂きましたが、それも環境次第だと思いました。

    赤ちゃんの日々の成長も目ジャーで測定かな(笑)笑顔の先生を想像するだけで元気が出ます!

  11. 姉のほう(-_-) より:

    みぼのママさんと同じ理由で里帰りしてないです。
    20うん年前でしたから
    里帰りでお孫さんみせないなんて
    親不孝とかいろいろ言われました(-_-)
    いやマジ無理やし、下手したら死んでまう(-_-)

    孫を抱きたいなら片付けて。
    看取ってほしいなら片付けて。
    無理なら片付けさせて。

  12. 雪見大福 より:

    名古屋のセミナーでお世話になった汚寺の嫁になった雪見大福です。
    娘さんの出産おめでとうございます!!(*^^*)

    実は私も妊娠5ヶ月で来年の2月に初出産予定です。
    里帰りはする予定ですが…(母が大乗り気です)、実家はまあ綺麗なんですが、なんせ田舎の大きな家なので寒いんです(>_<)
    2月だしな〜。でも、そんなこと言ってられないくらい、出産したら大変なんでしょうね。

    今は安定期に入ったので、赤ちゃんを迎えるべく物をさらに整理して、あかと快適にすごせる部屋づくりを思案中&行動中。
    最近はたまごクラブの雑誌にも「赤ちゃんを迎えるための部屋づくり」とか「物を整理しよう」みたいな記事が載っているので驚きです。
    環境って本当に大事ですよね。

    ますます汚寺をなんとかしないといけないんですけどね(^_^;)
    連れて行きたくないな〜。

  13. モエ より:

    先生、みなさま、おはようございます!

    先生が汗だくで小さいお孫ちゃんを沐浴させてる姿、なんとなく見えるような…;^_^A大変ですが、楽しいですよね!

    私は、息子宅へお手伝いに行きました。お掃除ができないお嫁ちゃんなので、まずはお片づけから…。でも、できないと言ってもやはりお姑さんに、触られるのは嫌なようで、今時、お産扱いは必要ないです、と遠巻き?に言われて、予定より早く引き上げてきました~_~;

    今回の出産は、上の子の通園の都合で、お嫁ちゃんが我が家へ。
    忙しくて疲れましたが、楽しい二週間でした。(⌒▽⌒)

    これが娘なら、また違うんでしょうね。p(^_^)q

    先生、体調に気をつけて頑張ってくださいね。

  14. ゆずれもん より:

    私は子ども2人なんですけど両方とも実家に戻りました。
    母が服やオムツなどこ赤ちゃん用品入れにと4段の引き出しケースを新しく用意してくれていました。
    部屋をゴチャゴチャにさせたくないからなんでしょうけど。
    キレイ好きの母は毎日欠かさず掃除機掛けていましたね。
    「赤ちゃん寝てるから掃除機はあとで私がかけておく」と言っても、産後は家事はしたらダメ!と言われ掃除機奪還に何度失敗したか(笑)
    なんでもホドホドが一番ですよね(笑)
    そーそー!里帰り中家事を何でもしてもらっていたので家に戻ってから勘が戻らず大変でした。
    朝は起きれなかったしf^_^;)
    義両親がブーブー文句言ってました。

  15. より:

    懐かしいですね^_^
    黒カビだらけの浴室、赤ちゃんの臍の緒のお手入れは床…または赤ちゃんを置くスペースを残して物だらけのダイニングテーブルの上。
    義母が任せてと言ったから任せたのにと、母は産後間もない時のビデオを見ながら泣いていました。
    ゴミの中で、赤ちゃんだって精一杯に生きるのです。
    哺乳瓶だって、20匹いた猫に食いちぎられました。
    よく耐えたな…と思います。
    今も、義実家は変わりません。
    様々な言い訳をして、手も動かさず、嫌なものを見ず。
    今の私は、そんな生活を断ち切るように子供達に整理整頓の大切さを1つずつ教えています。
    息子は、義実家のトイレを汚いとは言いません。
    気持ち悪い…と。
    同じく育つなら、気持ち悪い家では育ちたくないし…育てたくない。

  16. るんくま より:

    里帰り出産の事を話すと
    一晩かかりそうなので、なるべくかいつまんで短く(笑)。
    とにかく安東流でお片付けした後だったので
    嫁を迎え入れる体制作りがスムーズでした。
    先生のブログで「実家&義実家が汚宅で帰りたくない」という
    内容の文章を読んでいたので
    気持ちよく過ごしてもらうべき
    死にもの狂い(笑)でがんばりました。

    そして、今度は、来年そうそうにも3人目出産の予定です。
    上の子の幼稚園の関係で
    私がお手伝いに出向くことになりそうです。
    正直、仕事もあるのになぉ~~と
    後ろ向きな自分もいましたが、兆、いえ超忙しい先生が
    飛行機に飛び乗ってお産に立ち会う姿に感動しました。
    私もどんなに忙しくても
    前向きにがんばります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です