火事は怖い…物が溢れている家………

 Satellite_22018年9月6日(木)Satellite_2

 お片付け完全マスター 東京 

お部屋を美しく片付けたい方大集合❣

 お片付け完全マスター講座内容 

「お片付け完全マスター」はこんな方々の為のセミナーです。

⦿家の中の整理整頓ができなくて、いつも散らかっている。

⦿片付けてもすぐに散らかってしまう。

⦿片付け方がわからない。

⦿家の中は物がいっぱいでお手上げ状態・・・

⦿イライラしてストレスが溜まり、いつも夫婦喧嘩が絶えない。

⦿整理整頓できないので、子どもに「片付けなさい!」と注意できない。

⦿人を招待できないので人間関係に影響している。

⦿時間やお金の無駄遣いが多い。

⦿片付けようと思って収納の本を買ってはみたけれどできない。

 お掃除術セミナー 

初のセミナーです。

講師はお掃除もプロ! の大石美弥子アドバイザー

★大石アドバイザーのブログ★

セミナーの詳細は↓クリックを!

2つのコースとも、港区のオフィスで開催します。

皆様、おはようございます。

安東英子でございます❣

昨日、DMMオンラインサロンのメンバーさんが、

新聞に掲載されていた火事のことを教えてくださり、

ネットのNEWSでその記事を読みました。

 

火事で4人のご家族がお亡くなりに…。

就寝中の火事でした。

 

記事の中に

「捜査関係者によると、木造で物があちこちに積まれていたこともあり、燃え広がるのが早かったとみられる。」

と書かれていました。

本当に悲しい出来事です。

 

この記事を読んで、過去伺ったお宅を何軒も思い出しました。

物物物…少しでも何かに火がついたら、

一瞬で次から次と火が燃え移りそうなお宅。

怖いです。

 

紙類…一般家庭ではそんなにないはずなんです。

ですが、紙類・書類だらけのお宅があります。

いくつもの紙袋やダンボールに入れたまま、整理していない方も多いです。

それを床に置いている方もいます。

 

お子さんの学校関係やPTAのプリント…

新聞紙、チラシ、DM、雑誌、通販のカタログ…

領収書、レシート、伝票、紙袋、ダンボール…

 

いつか整理しようと思って、そのままの方が多いです。

早く整理して、いらないものは処分しましょう。

 

 

この火事の件は昨日のオンラインサロンに投稿したのですが、

このようなコメントをいただきました。

物が溢れている家………

落ち着かない、掃除しにくいだけでなく、本当に命にかかわるのですね。
怖いです。

 

確かに燃料が一杯あるのだから燃え広がりやすいですし、

物がありすぎると足をとられて直ぐに逃げれない…

 

例えば窓から逃げようとしても、

窓際に荷物が積み上がってたら開けることも出来ないですもんね………

 

片付け前の私の寝室がそんな感じでした。
布団の周りにこれから読む本、

読み終わった本が積み上がり、

階段にはちょい置きの物が積んであって、通り道は半分位。

 

暗闇で逃げようとしたら絶対転びますね❗
今は床置きの物はほとんどありません。

何かあった時のためにも、片付け頑張って良かった。

 

コメントの中に

「確かに燃料が一杯あるのだから燃え広がりやすいです」

と書かれています。

 

 

忘れられないお宅があります。

今でもとても気になっていますが、

事情があり、私は一度しか伺うことができませんでした。

 

マンションですが、もし火事になったら逃げることができない状況です。

どの部屋も、天井まで物で一杯です。

 

一度伺った時に、玄関を片付けました。

出入りがとっても大変な状況だったからです。

 

でも、もし奥の部屋にいる時に火事になったら

玄関までたどり着けないです。

 

何かあってからでは遅いです。

危機感を感じていない方…

片付けを甘く考えている方は多いです。

家族全員で、早く片付けをしてほしいです。

 

次に家の間取りも重要です。

これは次回に!

 

◎6時45分 追記

北海道で地震が…。皆様、大丈夫ですか?

 

人気ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします!

↓↓↓↓↓↓

住まいランキング

・・いつもありがとうございます!

~安東がご訪問できる地域~

東京都港区から車で片道2時間程度

♥ お気軽にご相談ください ♥


★コメントについて
・左下の「コメント」を押すと、コメント欄が開きます。
・コメントのお返事をお休みさせていただいています。
・メールアドレスのご記入をお願いいたします。
・メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
・コメントは承認制です。
・公開に時間がかかる場合がございます。





コメント (6) | Trackbacks (0)

“火事は怖い…物が溢れている家………” への6件のフィードバック

  1. CINO より:

    安東先生、みなさまおはようございます(^^)火事、怖いですね。これから空気の乾燥する季節に向かっていくので、なおのこと気をつけないといけないですね。

    物で溢れる家もそうですが、私がとくに気になっていることは、ホコリの積もった差しっぱなしのコンセント類です。私の身内の以前の状況ですが、やはり片付いていない部屋は、コンセントにまで気が回らず、長年差しっぱなしのコンセント(とくに、テレビや冷蔵庫、電子レンジなど)には必ずと言ってよいほど、大量のホコリが積もっていました。しかも、3分の一くらい抜けかかっていたりして…電力会社のコマーシャルでもしていましたが、こういうのは火災の原因になりますよね。

    片付けることに無頓着になっているので、ドライヤーや携帯電話、スマホのアダプターも差しっぱなし…もしこれが赤ちゃんがいる家庭で、差しっぱなしのアダプターの反対側の先を舐めてしまったらどうするの?なんて思うことも、、、

    物で溢れ返っていると、小さいことが気にならなくなってしまうのかも知れないです。でも、一軒のお宅が火事になっても、その一軒だけで被害が済むとは限らない。隣のお家が汚屋敷かそうでないかなんて、意外と分からなかったりもします。集合住宅はもっと切実かも知れないですね。

    片付けの大切さが、もっともっと世の中に広がっていくと嬉しいです。

  2. のほほん より:

    北海道が地震で大変なことに!タンスの下敷きになって亡くなったというニュースに、あらためて家の中を見直しました。火事も心配。不要な紙類を置きっぱなしにしていないかもう一度吟味しなくては。ちょっと涼しくなって整理整頓しようという気力が戻ってきたので、これからまた頑張ります。秋掃除です!
     
    北海道のみなさん、この度は大変な災難でしたね。おけがはありませんでしたか?心よりお見舞い申し上げます。
     

    • つむじ風 より:

      安東先生、皆さま、おはようございます(^_^)v
      今回の地震では停電などの被害が北海道全域にわたっていて、皆さまにはご心配をおかけしました。停電が1日半続きましたが被害はありませんでした。こんなに長い停電を経験したことがないので戸惑いました。
      全国で災害が相次いでいて、自分自身や家族の命を守っていくためにしなきゃいけないことをもう一度考えてみようと思いました。

  3. chiechandaisuki より:

    先生、皆さんこんにちは。札幌に住んでいます。私の住んでいる所は昨日の午後四時頃電気が復旧しました。私の家は物が落ちたりしませんでした。同じ札幌でも被害が違います。伯母の家は炊飯器が落ち壊れたそうです。子どもの学校の校区でも電気の復旧の時間が違ってうちより早く復旧していたお友達が充電においでと声をかけてくれました。避難経路に物を置かない、急に人が訪ねてくることもあるかもしれないので片付けの大事さを改めて感じました。

  4. rinko より:

    先生、皆さまこんにちは!
    札幌のrinkoです~^^
    ご心配をいただいた皆様ありがとうございます!
    全道全戸の大停電にはびっくりしましたが我が家は約40時間の停電でした。
    お陰さまで、ガス・水道は使えたのでラッキーな方だったようです。
    冷蔵庫が止まってしまったので痛む前に消費とか考えていつもよりも豪勢?な食事になったかもしれないのはここだけのハナシ^^;
    電気が点くまでは滅多にない静かな空間と今後二度と見られないであろう満天の星空を
    これもひそかに堪能していたりしました。
    それもこれも大きな被害が無かったからですよね。
    お陰さまで我が家も友人知人も皆元気に過ごせています^^
    直後は情報がわからずこんなに大きな事になっているとは思ってもいませんでした。
    被害にあわれた方々と地域にはなんとか頑張って一日も早い復興を私も願っています。
    我が家では大きな物が落ちたりはありませんでしたが
    たまたま読みかけで積み上げてあった漫画が崩れていたぐらいでした
    はい。早急に片付けました^^;
    マンションの9階に住んでいた友人のお隣さんでは食器棚が倒れたそうです。
    うちは震度が大きくなかったせいももちろんあるでしょうが
    背の高い家具は全部耐震対策をしているので大丈夫だったのもあると思います。
    大きな災害があるたびに注意喚起がなされていますが
    我が家も東日本の時に耐震の見直しをしたので助かったのかもしれません。
    札幌市内で一番被害が大きかったとされる清田区ですが
    テレビでも随分言われていますが、あそこは元々大きな沢地だったところです。
    盛り土、切り土なんて言葉がありますが
    所謂盛り土の埋め立て地のような所なのです。
    東区も地面の隆起が酷い所があったようですが、あちらも元々が沼地だったところが多いので
    家を建てる時には家の中だけではなく、その土地もできれば調べた方が良いですよね。
    これも東日本の時だったか?やはり地質の注意喚起がなされていた時に
    危険なのは新しくできた住宅地で、特に以前の地名から新しい地名に変更されたところは要注意なんて言われていましたね。
    なんだか素敵なイメージを持たれるようなネーミングの地域は
    是非一度、旧地名を調べる事をしてみると良いのではないでしょうか。
    「水」とか「沢」とか「沼」等などが付いていた地名は
    ちょっと一考してみるべきかもしれませんね。
    もちろん最近の施工はとても耐震に気を付けているので危険はかなり減ってはいると思いますが…
    台風に続いての大地震ときて、次は何がくるのやら?!と不安がなくもありませんが
    日本全国どこにいても何が起きるかわかりませんね~
    皆さまもどうぞお気を付けくださいませ!

  5. ひろくんママ より:

    安東先生、皆様こんばんは。
    遅くなってしまいました。
    内容が深刻なのでコメント、、考えてしまいました。
    コメントするより前にと私も溜まっていた書類、外に出てた物達を片付けました。重い腰が上げれました。
    勿体無いとか中途半端な理由で捨てずに残して置いたもので、それが邪魔だったり火災の原因になったりと命を落とす原因になると考えたら、そうまでして取っておく理由はないと、判断が早く思っていたより早く片付けが出来ました。改めて気の持ちようなんだなとも思いました。
    また、今回台風や地震の被害を見ているとやっぱり非常食や防災用品があった方が良いと思いました。なので玄関収納を見直してスペースを確保しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です