何もしなくても、全部やってくれるのが当たり前!

Satellite_22019年1月30日(水)Satellite_2

 お片付け完全マスター 東京 

❣お部屋を美しく片付けたい方大集合❣

詳しくはホームページで!

皆様、おはようございます。

美しい暮らしの空間プロデューサー

安東英子でございます❣

 

先に、福岡の大石千秋アドバイザーのブログを読んでください!

『こんな時どうされていますか?』

 

 

私は工務店さんから現場の話しを聞くことがあります。

今までもブログには書いてきましたが、色々なお客様がいるそうです。

驚く話しも聞きました。

 

 

大石アドバイザーのブログに、こう書いていました。

__________________________________

たくさんの工務店のお仕事もされている

業者さんのお話を聞くとこんな事もあるそうです。

 

ある現場に行くと…

「何もしなくても、全部やってくれるのが当たり前!」

と、何一つ片付いてなくて、

片付けから始めないといけなかったそうで、

工事よりも片付けの方に時間がかかって大変だったそうです。

 

その後にも、他の現場に行く予定があるのに、

全部ずれ込んで迷惑かけてしまった。と…

 

また別の現場では、

キレイに片付けて準備してくれていたから

すぐに取り掛かれて仕事をしていて気持ちいい!

とも言われていました。

__________________________________

 

片付けるのは大工さんや職人さんの仕事ではないですよね。

しかし、大石アドバイザーが書いているような話しはあるんです。

 

工務店さんから聞いた話しですが、大規模リフォームのスタートの日。

職人さん達が朝早く現場前に集合。

 

さあ、工事をスタートしよう!

となったものの、片付いていなくて何もできない。

 

予定より一週間工事をずらしたそうですが、

その間、お願いしていた職人さん達には

工務店さんが日当を払ったそうです。

 

 

また、現場でお会いした大工さんは、

一つの現場が終わってホッとされていました。

とても感じの悪いお客様で、朝目が覚めた瞬間から

「今日はあの現場だ。。。。」と憂鬱だったそうです。

 

 

工務店や職人さんの話しを聞いていると、

職人さん達になぜか厳しい態度の方がいます。

何か勘違いしていませんか?と言いたくなります。

 

 

私は新築のお電話相談をお受けしていますが、皆様いい方ばかりで、

このようなお施主様なら、職人さん達も気持ちよくお仕事ができるだろうな…

と思いながらお話ししています。

 

先日お電話でお話ししたご夫婦…

ご主人がメインでお話したのですが、

とても穏やかで、素直に聞いてくださって、

この方のような現場だと、職人さん達も一生懸命したくなるだろうな…

と思いながらお声を聞いていました。

 

 

新学期前に、家を建てる方やリフォームされる方は多いです。

気持ち良く仕事をしていただくためにも、現場の雰囲気って大事です。

 

お疲れさまです。

ありがとうございます。

よろしくお願いします。

の声掛けをしながら、

職人さん達に楽しい家造りをしていただきましょ!

 

ブログランキングに参加しています。

元気に応援ポチッとお願いします❤

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 
住まいランキング

~安東がご訪問できる地域~

東京都港区から車で片道2時間程度

遠方の方はご相談ください。 


★コメントについて
・左下の「コメント」を押すと、コメント欄が開きます。
・コメントのお返事をお休みさせていただいています。
・メールアドレスのご記入をお願いいたします。
・メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
・コメントは承認制です。
・公開に時間がかかる場合がございます。





コメント (7) | Trackbacks (0)

“何もしなくても、全部やってくれるのが当たり前!” への7件のフィードバック

  1. ひろくんママ より:

    安東先生、皆様おはようございます(^^)
    やってくれて当たり前の感覚はビックリです。
    日常に溢れてますよね。店員さんに偉そうだったり、こっちは客だぞと偉そうだったり。道ひとつ譲にも会釈の一つあればとても気持ちいいのになと思ったりします。子供が挨拶をしてもさらっと無視していく人。ニコッと答えてくれる人。気持ち一つでちょっとの言葉一つで相手の気持ちも良くも悪くもなるのにと思います。自分は挨拶でき感謝できる人間でありたいです。一番身近な家族にも(^^)

  2. さかな より:

    こんにちは!実父が職人で、今72歳ですが県内各地回っています。憂鬱な現場もしょっちゅうあるようです。父より年下の家主から「敬語の使い方がなってない!」と言われたり、またある現場では出されたおやつに対して、食べる順番やコーヒーの飲み方などいちいち口出しされ、全然休めないと…(笑)敬語に関しては、父は普通だと思います。店員さんのような敬語を求められたようで(◯◯させていただきます、みたいな)、まぁ…72歳のおじいちゃん職人ですから、偉そうにしてなければ大目に見ていただきたいものです…。ちなみに、犬がいる現場では父は相当犬に好かれるようで、父が行くとしっぽを振って飛びついてくるようです(笑)

  3. るんくま より:

    安東先生~皆様~こんにちは♪
    あります、あります。
    現場に行ったら取付ける場所に物がいっぱいで
    まずそれを片付けるところからスタート!っていう事。
    作業日時も伝えているのになんで??
    って思っちゃいます。
    だから自分が頼む側の時は、すぐに作業がスタートできる
    状態にしておこう!と思っています。
    部屋が片付いているとそういう時もさっと準備できるので
    楽ですね~。
    2年前くらいかなぁ~床の貼り替えをお願いした時
    とにかくすぐに作業できるようにしておこうと
    部屋にはテレビ台があるだけの状態にしました。
    (ほんとはそれも撤去したかったけど、いろんなコードがつながって
    いて諦めました)
    でも、片付いていたのでそんなに大変ではありませんでした。
    心の中で叫びました。東京まで届くように・・・。
    「安東先生、ありがとうーーー!!!!」
    「片付いてるからすぐにできましたーーーーー!!!」

  4. みんな片付けしましょう より:

    あります❗私は片付けが好きだから何か点検があったり業者が来ても大丈夫だけど、友達の家に行った時に散らかっていて汚いなぁと思ったでも私が来るから片付けてくれたみたいで、え❗普段はもっとひどいの?て思った換気扇の掃除を業者に頼んだらびっくりしてた❗て平気で言う。14年掃除した事ないて言うから、そりゃひどい換気扇やっただろうと思う。業者の人の苦労がわかる家に入ってもらうのに恥ずかしいという感覚はないのかな。ここで生活する旦那さんや子供はあきらめているのかな?片付けが苦手な人ほど物をたくさん持ったらダメですよね。一度きっちり断捨離したら楽になるのに。片付けられない人がいるから安東先生みたいな人がいるんですね。

  5. のほほん より:

    うわぁ、びっくり!以前、換気扇の取り替え工事に入ってもらったとき、動きやすいように周辺を片付けて、できるかぎり障害物を取り除いて待っていました。作業をしながら
    「とっても助かる。」
    と職人さん大喜び。気持ちよく動いてもらえば作業もはかどるでしょうにねえ。あ、でも我が家は興味津々でそばにいて、できるところは手伝いながら
    「これは?あれは?」
    なんて聞きながらチョロチョロしているので、かえって邪魔になっているかも?

  6. ここまま より:

    我が家も建築関係の仕事をしていますが工事をしているときお茶を出してくれたりおやつを出してくれたり気を遣って下さるお客さんだと見積もり以外の場所も調子が悪いと言われたりするとサービスでしてあげるそうです。お互い気持ちよく仕事も出来て工事もきれいに出来てといいことずくめですよね

  7. 二色 恋 より:

    こんにちは~。
    秋に玄関と勝手口のドアの工事を致しました。
    さんざん迷ったあげく、白の安いドアになりました^^
     工事の日はお天気に恵まれ、ドアを取り外しても寒くありませんでした。業者さんには「お構いなく」と言われていましたので、「トイレはここです。どうぞご遠慮なくお使いください」とだけ申し上げました。
     あとは、留守にするわけにもいかず、とっても作業を見たかったけれど、邪魔にならんのも一人前と思い直し、静かにしていました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です