わたし、40年捨てられなかった本をアッサリ処分しました(^^)

Satellite_22019年7月5日(金)Satellite_2

安東英子作成編集 エンディングムービー

8分23秒のプロモーションをYou Tubeでどうぞ!

↓ポチッと押してください↓

↓エンディングムービー 詳細と購入↓

★エンディングムービー③ 質問にお答え!(2月27日)

★エンディングムービーについての過去記事

8期 アドバイザー育成セミナーについて

セミナーの日程が決まりました。

◎一回目 8月  3日(土) 8月  4日(日)

◎二回目 8月17日(土) 8月18日(日)

詳しくはホームページを!

皆様、おはようございます。

美しい暮らしの空間プロデューサー

安東英子でございます❣

 

 

前回まで紹介したbefore afterはご覧いただけましたか?

リフォーム前の片付けは大変でしたが、

心機一転やり直したいと、かなりのモノを処分されました!

 

通路には10m55cmのゴミ袋が。

この後にもまだまだ出てきました。

片付けの天才! 住まいの空間プロデューサー

 

 

さて…私は5月末からセミナーがあり、福岡に帰っていましたが、

その時、私も結構たくさん処分したんです。

 

DMMオンラインサロンには、その時に書いたのですが、

主婦と生活社の「美しい部屋」をご存知の方もいるかと思います。

 

私が20才の頃かな?

美しい部屋が発売され、その後2ヶ月に一回発売されていたのですが、

廃刊になるまでずっと買ってきました。

途中「私のカントリー」も発売され、それもほぼ購入。

美しい部屋は、私が部屋づくりに目覚めたキッカケとなった本です。

100刊まで出版されたあと、また1刊からスタート。

美しい部屋だけで100数十冊。

何刊まであるか調べましたが、ネットで見つけられませんでした。

「美しい部屋」と「私のカントリー」とその他のインテリア雑誌

間違いなく300冊は軽く超えています。

 

でも…中も見ずに捨てました。

これはほんの一部。

娘が「メルカリやヤフーオークションでこんなに高く売っている!」

と、金額を見せてくれました。

 

中には実際の価格より、2倍以上で売られていた方も。

1,350円の本が3,000円というのも(・・)

しかし、手間や時間を考えただけでも私には無理です。

こんなにたくさんの本を出品する。

一体何日かかるやら! ?です。

そして売れた後の商品を送ったりの手間。

 

私には無理です。

優先順位があります!

その時間、他の事をした方がいいのでアッサリ全捨て。

ちょっと前まで「この本だけは捨てられない!」と思っていましたが、

迷わず捨てました。

 

いつか時間ができたら読もう!

なんて思っていましたが、こんなにたくさんの本は読めない(笑)

そして大量の本を置くスペースももったいない。

 

しかし、自分でも捨てたことに驚いています。

古い本は40年も前のです。

 

これ! というキッカケはなかったのですが、

元気な内に、できることはしておかないと! となったのかな。

 

でも、どうしてだろう…本当に不思議です。

見えない何かが心の中で動いたのでしょうね。

 

次回も楽しみにしています!の皆様、

ランキングの応援ポチッとお願いします!
    

住まいランキング

 

★コメントについて
・左下の「コメント」を押すと、コメント欄が開きます。
・コメントのお返事をお休みさせていただいています。
・メールアドレスのご記入をお願いいたします。
・メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
・コメントは承認制です。
・公開に時間がかかる場合がございます。





コメント (6) | Trackbacks (0)

“わたし、40年捨てられなかった本をアッサリ処分しました(^^)” への6件のフィードバック

  1. 二色 恋 より:

    ギヤー!!!
    先生、捨てたのねっ!?
    「美しい部屋」と「私のカントリー」
    これは、本屋さんで立ち読みして ← すみません・・
    一冊も買えなかった激貧時代の憧れの雑誌です^^
    官舎の上司の部屋も載っています。スゲー憧れました。
    持ってる家具が違うんだもん!
    でも、何百冊もあると、邪魔よねぇ・・
    私も、つい先日、40冊の文庫本を本棚から棚卸ししました^^
    捨てました~って書くことで、どこか、自分にケリをつけているようなところがあります^^

    ハリーポッター全巻、これを処分すべく、まさにとりかからんとしていたところでした^^
    大事にしていた本ほど、やりにくい。図書館の寄贈にするのか?(いやいや、みんな持ってるし、今、小さい本が出てるし)リサイクルボックスか?(いらんわ)資源ごみか?(そこやろ紙やし)
    やっつけますわ・・。

  2. ビビンバ より:

    思いきりましたよね~^^雑誌の内容は先生の中でしっかりと熟成?されていますね。売ったら売上すごそうですが、やっぱり労力を考えるとやめた方が良さそうです^^;大量の私物をネットで販売するのはお忙しい方には向いてない気がします。

  3. るんくま より:

    私も「美しい部屋」と「私のカントリー」に憧れていました。
    本もりっぱでしたよね
    (りっぱという言い方もおかしいですが(笑)。紙質とか写真も素敵でしたし、部屋にぽんと置いているだけでも、おしゃれに感じました)

    捨てられないものが、捨てられる瞬間があるように感じます。
    私は母の古い着物(綿の普段着)とかうちに遊びに来た時に置いていった部屋着とかが、どうしても捨てられませんでした。
    でも、他界して12年たってある日突然
    「あっ、もういいな」って思えたんです。
    着物は傷んでるとこをハサミでジョキジョキ切って
    使えるとこだけ残して洗濯機でガラガラ洗って
    リメイク用の生地としてスタンバイしています。
    部屋着は捨てました。
    なんかさっぱりしました。
    空の上で母が笑っているような気がしました。

  4. ひろくんママ より:

    安東先生、皆様こんばんは(^^)
    先生ビックリです‼︎これだけは捨てられないと言われてたの覚えてます‼︎
    わー私が欲しかった>_<笑
    るんくまさんも言われてるようにいつかスッと迷いなく捨てれる時が来るんでしょうか、、、今は寂しいと思うものは自分の元に置いてて良いのかもしれないと思えました。

  5. えのみ より:

    はじめまして!
    ソロモン流に出演されていたのをきっかけにブログを楽しみにしています。
    実家ははとても散らかっていて、物が溢れかえっていましたが、家具で仕切って兄と私のスペースを作ってくれたり母なりに色々とやってくれていました。
    そんな母の愛読書が美しい部屋と私のカントリーでした。先生がよく掲載されていたのではないかと思うですが私の記憶違いでしょうか…何かのお写真(お子さんのおもちゃ箱かな)を拝見して確信しました!
    母がいつも、この人はお子さんたくさんいるのにきれいにしてて、何でも自分で作っちゃうのよ!って言っていて、私もいつも眺めていたので先生だったように思うんです。
    母は10年程前に亡くなり、今の先生のご活躍や東京でお仕事されている事を知ったら、きっと喜んだと思うし、何か違ったのではないかと思います。亡くなってから部屋の片付けが本当に大変でした。なんで一緒にやってあげなかったのかと泣きながら片付けました。
    もうすぐ40でまだ小さい娘がおります。夫はピカピカ真っさらの綺麗好き家で育ち私とは正反対です(^_^;)娘には片付いた環境で育って欲しいのでなんとか頑張っています。ごちゃごちゃしてきたらこちらのブログを読んでやる気をもらっています!いつもありがとうございます!

  6. さっちゃん より:

    先生にも捨てられないものがあったなんて!!!捨てる際の潔さ、驚きでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です