どうしてココに小石?住みやすいか、住み辛いかは間取りが重要ですよ〜

     

Satellite_22021年12月6(月)Satellite_2

~~ホームページ~~

美しい暮らしの空間アドバイザーのブログを読んでくださいね!

“日本美しい暮らしの空間プロデュース協会からのお知らせ”

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、アドバイザーの訪問作業はお客様と個別にご相談の上対応させていただきます。

お客様とアドバイザーの安全を最優先として活動してまいりますので、今後ともご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

・・
お電話によるご相談も可能です。

下記から電話相談の詳細・相談受付中のアドバイザーをご確認いただけます。

✿YouTube観てくださいね✿

今までアップした動画のページに飛びます。

↓↓2021年12月4日アップ↓↓

皆様、おはようございます。

美しい暮らしの空間プロデューサー

安東英子でございます❣

前回の記事にいただいた”つむじ風さん”のコメントの最後に、
こう書かれていました。
↓↓↓↓
住みやすいか、住み辛いかは間取りが重要ですよ〜

はい、間取り…とってもとっても大事。

注文住宅で家を建てる…
打ち合わせは楽しいけれど、難しいです。

30代で家を建てる方が多いですが、
マイホームが持てる!!!   気分はルンルン♪♪♪

そこに営業さんが、流行りのプランを持ってくるから、
素敵~素敵~と、益々テンションが上がります。

例えば30才の方、まだまだ生活経験が浅いです。
お子さんも小学生や幼稚園生だったり、赤ちゃんだったり。
または結婚してすぐに家を建てる方も。


不思議なのですが、お子さんは10年先も今の年齢なの?
と思うようなプランを作ったりしています。

身体だって大きくなります。
今は幼稚園に通っていて5才だとしても、
10年後には15才なのに、この間取り?
と思う事もあります。

私はファミリークローゼットを反対しています。

洗面所に下着やパジャマを置くスペースを造る事もです。


理由は色々でYouTubeでも話しているので観てほしいのですが、
最近は特に増えていますよね。
ファミリークローゼットをお薦めしているハウスメーカーさん。

もっと最悪なのは、
リビングにお子さんのランドセルや勉強道具を置けるようにしている。


他にも、帰宅後すぐに色々置けるように、
玄関の続きにファミリークローゼット。

ウォークスルーになっていて、そのままリビングに行ける。
そして、便利ですよ~と説明。

もう、?が一杯です。


そして、営業さんが「今、流行りなんですよ!」
ハッ??と思います。


今流行り? 10年後はまた別の事が流行る?
服ならまだしも、流行りで家なんて建てられないですけど!!

この記事を書いている間に、
YouTubeで検索して観てみた。
たまたま一つ目に当たった動画。

間取りを見るつもりが、固まってしまいました。


トイレの手洗いがあるカウンターの下…
つまり床の端の方に、小石がズラッと。

な、、、、な、、、、、何のために??小石が床に?

掃除もできないし!
小石が汚れたら、一個一個洗うの(・・?
そして、乾くまで待って…また床に置くの(・・?

他にも不便なキッチン収納。
あらららら…。
あっちもこっちも・・・(・・?


余り書くとわかってしまうかもしれないので、
ココで止めておきますが。

私、YouTubeの家の紹介は、
余り観ないようにしているんです。
もう、心臓に悪い。
ストレス溜まるし。


家づくり、先々の事と、
日々の暮らし、掃除、収納、片付けの事も考えて造ってほしい。


前回の記事にも書きましたが、

私に新築の間取り相談してください。

✿✿人気ブログランキング✿✿

下のバナーをポチッと

応援お願いします!

↓↓↓↓↓

掃除・片付けランキング

★コメントについて
・左下の「コメント」を押すとコメント欄が開きます。
・コメントのお返事をお休みさせていただいています。
・メールアドレスのご記入をお願いいたします。
・メールアドレスが公開されることはありません。
・コメントは承認制です。
・公開に時間がかかる場合がございます。





コメント (4) | Trackbacks (0)

“どうしてココに小石?住みやすいか、住み辛いかは間取りが重要ですよ〜” への4件のフィードバック

  1. ひろくんママ より:

    安東先生、皆様おはようございます(^○^)
    トイレに小石‼︎わかります〜〜20代の頃一人暮らしの友達がトイレの床に白い石を敷き詰めてて、所々緑の草も入れてて、わーおしゃれーと思いました‼︎が‼︎その後。。。ん、待って、掃除しにくくない?となりました(^^;;拭けないし大変ですよね(^^;;
    家を建てる打ち合わせ、私は苦痛でした〜〜子どものミルクを3本用意して毎週末丸々使ってました(><)安東先生のブログとコメントで勉強させて頂いてたので一つ一つ決めるのも私が「はい!」とならず「待って下さい、」といちいち止めてたので時間がかかって、反対意見は私だけでアウエイな感じだし、でも妥協したくないし(><)担当の方も時間かかって進むの遅いから嫌だったんじゃないかなと今は思います。でも嫌な顔一切されずにとても丁寧にして頂いて「一生のお付き合いですから」と言って頂けてとても嬉しかったです。私は良い担当の方に出逢えて全部聞いてもらえたので運が良かったのだろうと思います。おかげで今はとっても気に入った家に住めて、家に居るだけで幸せに感じます。床掃除一つしていても幸せに感じます。安東先生に教えて頂いた「丁寧にお掃除する、丁寧に畳む、」事でその物に対して感謝の気持ちを持てるようになりました。大切にするってそういう事ですよね。安東先生のお掃除や片付けの考えは人が生きて行く上でとっても大切な事を教えて下さってると思います。流行りではなく人にとって大切な事を引き継いで教えていける事が大事な気がします。ポイポイ収納で物を大事にする気持ちは育まれないですよね。余談ですが最近久しぶりに見た雑誌で、整理収納アドバイザーの方がキッチンオープン収納お皿も棚に並べていて「ホコリは気にしません」と堂々と書かれてて「2週間に一度棚を拭きます」と書かれてて(しかも写真では下の段に食器が乗ってるまま上の段を拭いてました。絶対食器にホコリが落ちますよね)こんな方がアドバイスをするなんて世も末だとビックリしました。「毎日拭くとホコリがたまらず楽ですよ」と教えて下さる美しい暮らしの空間アドバイザーの皆様との違い‼︎「しないで良いです」と言ってもらえた方が一瞬楽かもしれませんが、本当にその家、家族の事を考えてくれてるアドバイスをして下さる「本物」はやっぱりこの安東先生の協会だけだなと思います‼︎長くなってすみません‼︎

  2. 二色 恋 より:

    おはようございます。
     玄関吹き抜けの2階の子ども部屋にロフト、それこそ、25年前は流行でした^^
    25年経ち、巣立った息子は25歳。とっくに嫁に行った娘は31歳です。
     吹き抜けの掃除は、もしも怪我をしたら・・・と、怖くて出来ません。
    (いつか、業者さん案件です)
    ロフトはカラッポにしています。時々はしごをかけて、掃除機を持ってあがります。結構~慎重に登り降りします^^
    「小学校の時、ロフトを自慢しよった~」「俺も!」と、呑んだ時の会話が、唯一の救いです^^ゲラゲラ^^
     流行は、家には要らないと私も思います。

  3. るんくま より:

    私もYOUTUBEの家の紹介は見ないようにしています。
    一度、建築士の方で安東先生の考え方に近いような事を言ってる人がいて
    「おっ!」っと思って
    その人の考えた間取り図を(期待して)見て
    がっかりした事があって。
    言ってる事と書いてる図面が一致してないんですよね。
    全然ダメじゃん!と思って、それから見ないようになりました。
    高い買い物なのに残念な間取りも少なくないし、トイレに小石はまだ見た事ないですけど、玄関のたたきが一部(いや、半分くらい)小石の家は知っています。
    アクセントなのでしょうか?
    言えませんけど、心の中で「掃除は?」と呟きました。

  4. モエ より:

    先生、こんばんは!
    間取りを決めるのは、初めて家を建てる方には難しいですよね。
    建てる時に安東先生のアドバイスを受けられる方は、本当にラッキーだと思います❣️
    我が家を建てた頃は、まさにロフトや吹き抜けが流行ってました!
    我が家にはどちらもありませんが、同じ年に建てた知り合いのお宅はロフトを作ってました。まだ小さかった子供達は、喜んで遊んでました(笑)
    でも、その子供達はそれぞれ独立してロフトは、物置になっているらしいです。
    そして埃が溜まるとかで、高齢になりお掃除が大変みたいです。

    やはり家作りは、人生一度の大仕事ですよね。
    後悔なく建てたいですが、建ててしまった家は後悔があるにしても、お片付けとお掃除をしっかりして綺麗に住みたいと思います。^ – ^
    でも、できるならもう一度、家造りをしてみたいと思ってました

    家の中に小石があるお宅って坪庭風?なんでしょうか?
    見た目より、お掃除のし易さが一番大事ですよね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です