新築のお電話相談!

 
新築のお電話相談をされたAさんから頂いた、お電話相談の感想です。
ブログ公開OKいただきました(^^)
いつものように私の言葉を入れています!
Aさんからです!
安東先生のブログも本も読んだので、間取りもきっと大丈夫!
あとは電話相談で安東先生からアドバイスをいただいて軽く間取りを直して契約だ!
と思いながら電話相談をお願いしました。
大手ハウスメーカーと契約直前でした。
(そうでしたね!)
電話相談は、かなり落ち込みました。
    (えぇ???そうだったの???ゴメンネ!(+д+))
これまで安東先生が行われてきたたくさんの新築相談の中でも、
我が家の間取りは相当心配なものだったようで、(すんません…確かにちょっと…)
アドバイスの最後には、また電話相談してほしいというようなことを言っていただきました。(あのままではねぇ・・・)
 
その時の図面の問題点とは、玄関ホールが狭いこと、
(あれは確かに狭かった(+д+))
テレビが正面で見られないこと、
(余りにも斜めでの配置でしたものね(+д+))
本棚やクローゼットの無駄な奥行き、(そうそう…)風通しの悪さ、(そうそう…)
無駄に広い私の書斎、(もったいないスペースでしたよね!)
希望通り子どもが3人できたら、夫婦の寝室がリビング隣の洋室になるため音や収納の問題が出てくることなど、
(あれではご主人が寝た後、音は立てられなかったですよね!)
今、この図面を見直したら、
「本当に住みづらい家になっていた・・・。」と恐ろしくなります。
(よかったぁ~!気づいてくださって\(^o^)/)
その後アドバイスを踏まえて、再びハウスメーカーに図面を書いてもらいましたが、
納得行くものができず、夫と相談し、他の建築会社を探すことにしました。
(よく思い切りました~)
新たな会社と打ち合わせを行い、細かな変更なども含めて10枚目の図面で
私たち夫婦の納得できる形になり、再び安東先生に電話相談をお願いすることにしました。
(はいなぁ~!)
「前回のように夫婦では気づけなかった問題点がまたたくさん出てきたらショックだなぁ。」と不安いっぱいでしたが、(あら~そうだったんですね^^;)
図面を見た安東先生の第一声に、
「あったかいものを感じる」というお言葉をいただきほっとしました。
(そうでした!そうでした\(^o^)/)
住む人のことを考えて作ってくれているということで、その言葉はとても嬉しいものでした。(ハイ! 図面を見た瞬間にそう思いましたもん(^^)v)
今回は前回と違って細かな部分でたくさんのアドバイスをいただきました。
(でした!でした! だって前のブランは細かい場所のアドバイス以前の問題でしたから!)
靴箱は意外とほこりっぽくなるようなので、扉を付けた方がいいということや、
靴が取り出しやすいように土間部分を少しフローリングにした方が良いこと、
玄関の細い壁にスリッパ収納ができることや、
玄関の一角にコート収納を作ることも可能だということです。
また、窓の位置、2階に手を洗える場所があると便利、
ウォークインクローゼットの無駄なスペースを利用して廊下収納にできること、
予算的に厳しければ2階のクローゼットは扉を付けずにカーテンを付けても大丈夫だということなどです。
自分たちでは考えつかなかったたくさんのアイデアに驚かされました。
また、「ナチュラルな雰囲気にしたい」ことを伝えると、この部分にレンガを貼ると素敵になるということなどインテリアに関するアドバイスまでいただくことができました。
家づくりは間取りがとても大切だと考えているので、今回安東先生に相談にのってもらいアドバイスをいただいたおかげで自信を持って家づくりを進められると感じています。
(よかったぁ~! だって 電話のお声も明るかった\(^o^)/)
夫婦共々とても感謝しております。これからもご活躍を楽しみにしております。
お体を大切に無理はなさらないでくださいね。ありがとうございました。
(ハイ! 素敵なおうち…建ててくださいね!)
Aさんから最初のプランが送られてきて、図面を見た時に正直…
「なんて心のこもっていないプラン…」と思いました。
細かいアドバイスをしたくても、なんか気持ちがそこまでいかない。
そんな問題ではないものを感じました。
このハウスメーカーの担当者と、何十時間掛けて打ち合わせしても、無駄に終わりそうな…間違いなくスムーズには進まない…そんな事を感じました。
そして、数ヶ月が過ぎ「2回目の相談をお願いします!」と、お申込みを頂き、新しい図面が届きました。
そして、私は棚から前回の図面を出し…その時に…
「えぇ??? どうしてこんなに違うの? 同じ方よね…間違って出していないよね…」
と、思ったほどです。
全く違うのです。
もちろんプランもですが、不思議とそのプランを見て暖かいものを感じました。
どうしてこんなに違うの?……答えはハウスメーカーを替えたからでした。
同じ土地に建てる家でも、こんなに違う…
担当者や設計士でこんなに変わる…
今 新築やリフォームを計画されている方、、、、日本にどれだけいらっしゃるのかな?

私は本当に多くのご家庭に伺ってきて、不満もたくさん聞いてきました。
そして、片付けや収納の作業をしながら、思うことは数えきれなくありました。

このように片付け作業をすると、その家の問題点が見えてきますし、当然奥様やご家族の話を聞きながらの作業です。

実に多くの不満がいっぱい出てきます。
泣き出す方もいらっしゃいましたし、、、まだ色々と。
私も言葉には出しませんが…
なんて間取りなの(-“”-;) 
これじゃぁ…片付ける気持ちも失せてくるわよ。(´д`lll)
掃除機 収納するとこがないわ~   
洗面所…全く収納スペース足りないヽ((◎д◎ ))ゝ
あそこも~ここも~あぁ…どうしてこんなことに…
と思った家は数えきれません。
前にも書きましたよね!
私が数年前、個人のご相談を受けなくなった時の事。
たくさんのお宅に伺って、せっかく家を建てられたのに…落ち込んでいる方を見て、
私まで落ち込んでしまったからです。
ですから私の立場として……
家づくりで失敗してほしくない……この気持ちが強いのだと思います。
なので一人でも多くの方に参考にして頂ける事があればと思い、ブログに書いたりお電話相談をしたりしています。

お電話相談…たくさんの方からお申込みを頂きます。
でも、ブログに詳細を書くことはできないので、ほとんど書いた事がありません。
新築プランの間取りのアドバイスのお申込みはとても多いです。
そして、私も皆さんのお話を聞いていて色々思うことがあります。
でも、ブログには書きにくい事もあって(・_・;)
色々ありますが、一つ掲げるとすれば…
やはりハウスメーカーや工務店さん、設計士さんとの出会いが大きく左右しています。
今日、紹介させていただいた方もですが、ハウスメーカーさんを断り建築会社さんに替えました。
それが運命の分かれ道でした。
正直、前のプランで家を建てていたら…
恐らくストレスが溜まって、いつも喧嘩が絶えず、大変だったと思います。
昨年、あるご夫婦の新築の相談をお受けしました。
ご主人はその工務店で建てたいと思っていました。
でも奥様は納得のできない、気に入らないプランでした。
でも、ご主人は譲らない。
私、最後にキツイ事を言ってしまいました。
「このプランで建てたら、後悔します。それでもいいのならその工務店にお願いすればいい。」とまで。
その後、奥様から報告がありました。「工務店を替えました。」と! 
この決断が必要な時もあります。
中には知り合いの紹介のハウスメーカーや工務店だということで、遠慮されて言えない方もいらっしゃいます。
しかし…断る勇気も必要です。
一昨日は、こんなコメントも入っていました。
「25年ほど前に建て、3年前にお風呂と、台所をリフォームしましたが、何の解決にもなりませんでした。
そう 収納の事をまったく考えていなかったのです。
かなりの金額かかったのに、結局片付かない家で悲しくなります。」
今から家を建てられる方……そして、リフォームされる方…
いい会社と担当者・・・そしてプランに出会うといいですね!
そして、よかったら契約する前に是非お電話相談してくださいね!


いつもお願いしています応援クリック!

今日は人気ブログランキングの

〈マイホーム〉

のカテゴリに飛ばしています!

↓↓↓↓↓↓↓↓


マイホーム ブログランキングへ

皆様の応援クリック、本当に励みになっています(^^)

 

 

コメントは承認制ですので、公開までお時間がかかる場合がございます。

只今コメントのお返事をお休みさせていただいています。申し訳ございません。
でも、ドシドシお願いしますね!  皆様のコメント…とても参考になります!
コメントはこの下の comments を押すと、コメント欄が開きます!
コメント残して頂けると嬉しいな(^^)





コメント (12) | Trackbacks (0)

“新築のお電話相談!” への12件のフィードバック

  1. あまぐり より:

    新築時、安東先生に出会っていたなら…!

    夫には口が裂けても言えませんが、工務店選びをちょっと失敗したかも…と思っています。
    東北在住なので、とにかく暖かい家という事に重点を置いてきめましたが…。
    リビング階段に吹き抜けのプランを出されました。
    寒くないの?と聞くと、「家は断熱性にすぐれてますから」と。
    むしろ、必要ですという感じで言われました。

    先生が見たら「なんでこんな間取りにしたの!」と言われそうです(ToT)
    玄関、階段からの冷気がぴゅーぴゅーで、どうにかしたいです。

    トイレ位置、コンセント位置。キッチンの収納。
    使っていくうちにあれー?と思う事が増えています。

    やはり、設計は男性、コーディネータは女性ですが本当に子育てしてた?という感じの方で…。気付くべきでした!

    これから新築される予定の方は、本当に先生にみてもらってからをお勧めします!!!

    我が家はリフォームは資金的に無理なので、私はまず、片付けを頑張ります!

    そしていつか、リフォームをする事が出来るようになった時は、ぜひ先生に相談をお願いしたいです!

    PS.セミナー、東北にもぜひいらして欲しいです~!
    (数年後なら、仕事を再開できる予定なのでその頃希望です・笑)

  2. あんず より:

    我が家も…
    7~8年前に家を建てたんですが 着工まで色々ありました。

    当初 建てる予定だった住宅会社
    何度も その会社が建てた実際の建物(完成見学会)を見に行き 好きなテイストで 建てるならこの会社で!!って思ってたんですが…

    土地から購入の我が家
    いい土地があると勧められ 実際の間取りプランを作ってもらって愕然(;´д`)
    それまで 100冊以上住宅関連の本を読み モデルハウスや完成見学会などで50軒以上家を見て…
    間取りにも私なりに譲れない条件を箇条書きにして渡してあったにも関わらず 私の希望の2割り位しか生かされてない┐(‘~`;)┌

    ちなみに出した条件は

    玄関から出入り出来るシューズクロークを作る
    吹き抜けはいらない
    リビング階段(ただし扉をつける)
    婚礼ダンスが収まるタンス部屋
    独立した和室
    今ある家具が収まる間取り(きちんとサイズも書き出して渡しました)

    などなど20項目位

    これじゃ納得できない…と作り直してもらっても さほど変わらず
    設計士さんとのギャップを感じました

    この時は土地の問題で 白紙に

    そんな時出会ったのが 実際に家を立てた今の会社
    建築条件付きの土地を見に行った時 あまりの道の狭さに 100%断るつもりだったんですが 数日後持ってこられた間取りプラン
    私の想像以上の間取りで プランに惚れ込んでこの住宅会社で建てよう♪って決めたんです

    いたって普通 むしろ会社の存続は大丈夫か!?って思うような 小さな会社
    カントリー調の家を建てるのは始めて タイル貼りのキッチンも作ったことのない会社でしたが 一緒にやっていきたいと言われ
    断るつもりの土地に建てました

    間取り的には 90%満足してます
    後建てる前に安 東先生に出会えてたら 100%になってただろうな~

    家を建てるなら 自分でも色々勉強しておいた方がいいと思います
    モデルハウスより 実際のお客さんが建てた完成見学会の方がリアルな生活が感じられるし 良いところはメモって取り入れられるし

    当時 欠陥住宅がテレビでも色々取り上げられてたので 私たちからの希望で第三者機関にチェックを入れてもらうのもその会社では初めての試みでした
    当初は「わが社を信用してください」って難色を示されたけどね
    その後 第三者機関のポスターが同じ住宅会社に貼ってあったのには驚きました(笑)

    道の狭さで断る予定だったこの土地
    見方を変えれば 住民以外入ってこないので 静かで結構気に入ってます

    今回の方 そのまま最初の会社で建てられなくて良かったですね
    何より安東先生との出会いで満足のいくお家になって羨ましい

    長々と失礼しました

  3. モエ より:

    おはようございます!
    今日のブログを読ませていただき、ほんとうに
    施工業者選びは、大切だと思いました。
    一昨年の増築とリフォームは、業者に失望しましたから。
    実際に工事をしてくれた下請けの外注業者さんは、良く働いてましたが
    営業で監督に来た方と社長がダメでした。
    支払いや登記面で問題ありで、工事が終わった後アフター サービスは
    一度も来ませんでした。たまにポストに業者の催事のパンフレットが
    入ってますが、顔は見てません。夫がもう関わりたくないと言ってます。
    私も同じ気持ちで、一年経ち有料の手直しなら
    違う業者さんに依頼しようと思ってます。

    ほんとうにもっと早く先生のブログを知りたかったです!

  4. おはようございます。
    家を一軒建てると言うのは本当に大変なことだと思います。
    わが家はその煩わしさを回避して中古マンションにしました。
    資金的な問題が一番のネックでしたが、老後の生活を考ええるととても一軒家のおうちは無理だとも思いました。
    実家は父が定年前に自分の家がないと困ると、県の造成する団地に申し込んで建てた家です。当初、間取りも何パターンかあった中から選んで建てるようになっていたので、出来上がると何処のおうちも似たような感じでした。
    そのうち、リフォームや増改築で個性的な家が出来るようになりました。
    実家は両親二人だけだったので、たいして不便も感じてなかったようです。ただ息子(長男)を早く亡くし、その時に仏間を増築。
    それからずいぶん経って、台所とお風呂トイレを改装しました。
    父が脳梗塞で倒れたときにもう一度トイレを改装しました。
    多少の不便はあっても、それで何とかなっていましたが、兄が同居するようになったらやっぱり不便なようです。
    父が亡くなって今は母と兄と二人暮らしですが、兄はいつまでたっても間借り人のようですし、母も不便を感じているようです。
    あっちこっちに不具合も出てきているので、本当は建て替えればいいのでしょうが、母も高齢ですのできっと今のままですね。
    増改築やリフォームをするときにその場限りで全体を見直さなかったのが良くなかったと思いますが、いまさらですよね。
    主人の実家は、現在進行形で片付け続行中です。

  5. tanoo より:

    先生のコメントを読んでいると、いつも涙が出そうになります。
    先生ほど、家のことを熟知している方が、もっとこの業界にたくさんいたら。
    そう思わずにはいれません。

    本当の意味で、家のことを知っている人って、本当にわずかです。
    お電話のAさんはとても素敵な出会いをされたんですね。
    読んでいて、とても温かい気持ちになりました♪

    いつか先生のようになりたいと、今は自分のできることを頑張っています!

  6. ゆずれもん より:

    先生にお電話相談をらされたご夫婦、本当に良かったですね♪
    奥様が、先生の本をしっかり読んだから大丈夫と、
    そこで満足してお電話相談されてなかったら…(゚o゚;;

    きっとこのご夫婦はお二人とも
    人の意見にきちんと耳を傾ける事が出来る素直な方達なんでしょうね。
    だから住みやすく温かみのあるお家を建てられる♪
    本当に羨ましいです(*^^*)

    新築相談や別の方のリフォームのコメントを読ませてもらって、
    お家って新しいだけでは意味が無いんだな〜と思いました。
    新しくてナンボ…
    世の中には色々と当てはまるものが多いのでしょうが、
    お家はこれに当てはまりませんね。

    やっぱり家事をするにも寛ぐにも、
    とにかく生活していてストレスの無い住みやすい家が一番。
    古くてもこれをクリアしてる家って、
    掃除も行き届いて綺麗だと思います。

    あ、また長々と書いてしまいました(^^;;
    明日も記事を楽しみに待ってます♪♪

  7. でめきん より:

    こんばんは( ´ ▽ ` )ノ
    今日の記事を読みながら涙が溢れそうでした(/ _ ; )
    やっぱり出会いは大切にしたいです
    HMは施主さんの希望を聞いていてもHMの提供する範囲の中で設計される様に感じます
    そしてHMの得意なプランで契約へもって行かれる印象です
    私もマンションのリフォームをする時に最初に考えていた会社がそうでした
    わざわざ眺めが良い部屋を広くしてリビングに変えたい希望を伝えていたのに
    その部屋はクローゼット部屋に設計されたプランでもってこられました
    部屋の平米から収納が少ないので計算して増やしたのでした
    その部屋は窓の開閉もほとんどしてなくて冬は湿気がこもり
    夏は窓を開けなければ蒸してしまい衣類を収納するには不都合な場所だったのです
    施主さんの希望や話しを聞いてもプランに活かせてもらえないHMならば検討し直すのは大事な決断でしょう
    先でリフォームを考える時も同じだと思います
    偉そうな事を書いてしまいましたが
    今の私の正直な気持ちですm(_ _)m
    今日も大切な事をありがとうございます

  8. きあ より:

    先生こんにちは〜(^O^)
    家は一生で一番高い買い物ですから、後悔したくないですね(>_<)家の住み心地によって次の日の仕事や、家族の関係に影響もあるのでよ〜くよ〜く考えたいです。先生のブログで勉強します。

  9. ティムタム より:

    大手ハウスメーカーの
    心がこもってない設計を見てみたいくらいです。
    私がみても全く問題点は分からないでしょうけど。
     
    そこの設計士さんは、ずっとそのような設計をしてこられたんでしょうか。
    気になる~~~。
     
    家を建てる前に、先生に出会えた人は幸せですね。
     
     ー -【安東先生は救世主】- - 

    それなのに私、「はじめのして」をブログに書いたりしてごめんなさい
     
    初コメントされる方が、「はじめのして、安東先生」と投稿するのを
    密かに期待していてごめんなさい。
     
    「ごめんなさい」と書いてはいるけど 
    本心からの「ごめんなさい」ではないこと、ごめんなさい。
     
    でも、先生の家に対する愛情を 
    心から感じれるようになった気がします。
    家の奥深さのようなものが・・・
    う~・・・言葉ではうまく表現出来ませんが。

     

     

     
     

  10. ふーみん より:

    二度目のコメントです♪先生のブログを拝見していると家を建てるのって一歩間違えるとホント怖いです。今は賃貸ですが、いずれは家を建てないといけないと思います。その時はぜひとも先生にお願いしたいと思います!!

  11. miya より:

    今更ですが・・・・・・・・・
    一昨年に 2回目のリフォームをしました。
    あるハウスメーカーの資金援助応募をして 落選だったけれどご縁が出来 キッチンとお風呂場を思い切りました。

    我が家には 体の不自由な娘がいるので そのためのお風呂場の改修もありました。
    集合住宅ゆえ 制限もありましたが あれから一年超経過して 想定外のことも出現。
    望んだ 形態は無理ということで 既製品のバスタブ・ユニットを入れました。本当は バスタブと同じ高さの椅子になるものを つけたかったのです。たつことが出来ないので 介助者の無理を軽減したかった。
    資金面にも 限度があるから あまり理想ばかりは言ってはいけない。そんな 遠慮から 妥協してのお風呂場とキッチン。
    キッチンは L型。気に入っています。
    仕様は 妥協でした。こんな風のL型が欲しい!!もっと 探すべきでした。
    嫌がられても トコトン探す。インテリア番組を見て勉強してきたのも無駄。雑誌を見ていただき 「こういう感じにしたい」も
    これは無理ですね~~。出来る工夫をしてくださいよ!!を伝えられなかった私も反省です。

    設計士さんも最低 3名くらいには依頼するべきですね。
    3回目が あるときは 先生助けてくださいね。

  12. ひろくんママ より:

    先生こんばんは。今ここにコメントを入れて気づいて頂けるかも分かりませんが、改めて記事を自分ごととして読み返したらどんどん怖くなって来ました(/ _ ; )福岡で新築考え中です。先生が設計されるお家に住みたい(>_<)何とか実現出来ないものかなあと思ってしまいます。。。

ぶた猫のママ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です