火事は怖い…物が溢れている家………

 Satellite_22018年9月6日(木)Satellite_2

 お片付け完全マスター 東京 

お部屋を美しく片付けたい方大集合❣

 お片付け完全マスター講座内容 

「お片付け完全マスター」はこんな方々の為のセミナーです。

⦿家の中の整理整頓ができなくて、いつも散らかっている。

⦿片付けてもすぐに散らかってしまう。

⦿片付け方がわからない。

⦿家の中は物がいっぱいでお手上げ状態・・・

⦿イライラしてストレスが溜まり、いつも夫婦喧嘩が絶えない。

⦿整理整頓できないので、子どもに「片付けなさい!」と注意できない。

⦿人を招待できないので人間関係に影響している。

⦿時間やお金の無駄遣いが多い。

⦿片付けようと思って収納の本を買ってはみたけれどできない。

 お掃除術セミナー 

初のセミナーです。

講師はお掃除もプロ! の大石美弥子アドバイザー

★大石アドバイザーのブログ★

セミナーの詳細は↓クリックを!

2つのコースとも、港区のオフィスで開催します。

皆様、おはようございます。

安東英子でございます❣

昨日、DMMオンラインサロンのメンバーさんが、

新聞に掲載されていた火事のことを教えてくださり、

ネットのNEWSでその記事を読みました。

 

火事で4人のご家族がお亡くなりに…。

就寝中の火事でした。

 

記事の中に

「捜査関係者によると、木造で物があちこちに積まれていたこともあり、燃え広がるのが早かったとみられる。」

と書かれていました。

本当に悲しい出来事です。

 

この記事を読んで、過去伺ったお宅を何軒も思い出しました。

物物物…少しでも何かに火がついたら、

一瞬で次から次と火が燃え移りそうなお宅。

怖いです。

 

紙類…一般家庭ではそんなにないはずなんです。

ですが、紙類・書類だらけのお宅があります。

いくつもの紙袋やダンボールに入れたまま、整理していない方も多いです。

それを床に置いている方もいます。

 

お子さんの学校関係やPTAのプリント…

新聞紙、チラシ、DM、雑誌、通販のカタログ…

領収書、レシート、伝票、紙袋、ダンボール…

 

いつか整理しようと思って、そのままの方が多いです。

早く整理して、いらないものは処分しましょう。

 

 

この火事の件は昨日のオンラインサロンに投稿したのですが、

このようなコメントをいただきました。

物が溢れている家………

落ち着かない、掃除しにくいだけでなく、本当に命にかかわるのですね。
怖いです。

 

確かに燃料が一杯あるのだから燃え広がりやすいですし、

物がありすぎると足をとられて直ぐに逃げれない…

 

例えば窓から逃げようとしても、

窓際に荷物が積み上がってたら開けることも出来ないですもんね………

 

片付け前の私の寝室がそんな感じでした。
布団の周りにこれから読む本、

読み終わった本が積み上がり、

階段にはちょい置きの物が積んであって、通り道は半分位。

 

暗闇で逃げようとしたら絶対転びますね❗
今は床置きの物はほとんどありません。

何かあった時のためにも、片付け頑張って良かった。

 

コメントの中に

「確かに燃料が一杯あるのだから燃え広がりやすいです」

と書かれています。

 

 

忘れられないお宅があります。

今でもとても気になっていますが、

事情があり、私は一度しか伺うことができませんでした。

 

マンションですが、もし火事になったら逃げることができない状況です。

どの部屋も、天井まで物で一杯です。

 

一度伺った時に、玄関を片付けました。

出入りがとっても大変な状況だったからです。

 

でも、もし奥の部屋にいる時に火事になったら

玄関までたどり着けないです。

 

何かあってからでは遅いです。

危機感を感じていない方…

片付けを甘く考えている方は多いです。

家族全員で、早く片付けをしてほしいです。

 

次に家の間取りも重要です。

これは次回に!

 

◎6時45分 追記

北海道で地震が…。皆様、大丈夫ですか?

 

人気ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします!

↓↓↓↓↓↓

住まいランキング

・・いつもありがとうございます!

~安東がご訪問できる地域~

東京都港区から車で片道2時間程度

♥ お気軽にご相談ください ♥


★コメントについて
・左下の「コメント」を押すと、コメント欄が開きます。
・コメントのお返事をお休みさせていただいています。
・メールアドレスのご記入をお願いいたします。
・メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
・コメントは承認制です。
・公開に時間がかかる場合がございます。

コメント (6) | Trackbacks (0)