食器を洗ったら、水切りカゴと布巾…どちらが時短?

Satellite_22019年10月9日(水)Satellite_2

 

皆様、おはようございます。

美しい暮らしの空間プロデューサー 安東英子でございます❣

 

先日、北海道の風穴アドバイザーと話している時にこんな話になりました。

「食洗機がないお宅で水切りカゴ使っていない方がいるけれど、

どうして使わないのでしょうね!」

 

他のアドバイザー達も、水切りカゴを使っていて、

「水切りカゴを使わないなんて絶対に無理。」と話したことがあります。

私も使っていますし、ないと困りますし、オススメしています。

 

 

水切りカゴの事は前にも書きましたが、もう一度!

水切りカゴを使わない場合は、食器は洗ったら布巾で拭く。

そして布巾を煮沸消毒…

私、煮沸消毒…いつしたか覚えていません。

 

実は食器を拭く布巾を一枚も持っていないんです。

使うとしたらキッチンペーパーです。

でも、キッチンペーパーもほんの少しですみます。

 

 

煮沸消毒の手間と時間がもったいない。

ですが、食器を拭く布巾を洗濯機で他の衣類と一緒に洗う方がいるようです。

それだけは止めましょ!

 

 

福岡の家は、食洗機がありません。

6月に子供達夫婦も集まって全員で11人。

 

食器を洗う時、想像しながら洗っていました。

そう言えば、水切りカゴを使わず、

洗ったら布巾で拭く人がいるけど…大変だわ…。

 

まず、これだけの食器を流し台のカウンターに広げては置けない。

だから、全部を一度ではなく…半分洗って、すぐに布巾で拭いて、

食器棚にしまって…第二弾の食器を洗って・・・・

 

この洗った食器やコップを全部拭くなんて…

洗うだけでも大変なのに、無理だわ、と思いました。

 

11人分の食器、55枚あったとして、別にコップが11個。

そしてお箸やスプーンや大皿も。。。。。。

 

それを一枚一枚 一つ一つ拭く…

拭くだけで、時間がどれだけかかる???

私には考えられないし、それこそ時間の無駄遣い。

 

 

大人数集まった時の為に我が家は水切りカゴが2つあるんですよ。

調理中に出たザル・ボウルやお鍋やフライパンは食事の前に洗っておけば、

食事が終わった時には乾いてくれています。

 

 

布巾の場合、すぐに布巾がビショビショになるし、

布巾で拭いても完璧には水分を拭き取れなかったり。

 

そして、またカラカラに乾いた布巾で拭く。。。。

布巾、、、何枚必要?

布巾の煮沸消毒の手間も大変。

 

 

エンディングムービーに出演くださったお宅の方は、

ずっと布巾を使われていたそうで、布巾が大量にありました。

 

でも、布巾で拭いても完全には乾かないので、

しばらくの間、食器棚の扉を開けていたそうです。

 

撮影しながら実際洗っていただきまたしが、

すぐに布巾がビショビショ。

拭いたお箸を入れた食器棚の引出しも、完璧に乾かないので開けたままでした。

 

なので、私が使っている水切りカゴを持参。

実際に食器を洗って、違いを確認していただきました。

 

水切りカゴを使えば、お皿もほぼ垂直に立つので水キレがいいし、

片付けやコンロや換気扇などの拭き掃除をしている間に、ほぼ乾いてくれます。

 

ですから布巾を使わなくても、

わずかに残った水滴は、キッチンペーパー1枚で足ります。

一枚必要ない時も。

 

 

布巾を使った場合

鍋にお湯を沸かし…布巾を煮沸消毒して…

布巾を絞って…干して…

そして煮沸消毒用の鍋も洗って拭いて、しまう…

布巾が乾いたら畳んで…収納。

 

 

水切りカゴを洗う時間なんて、

この時間と比較できない程アッという間に終わります。

 

私は子育て中でもこの方法でした。

子供5人ですから、洗い物もたくさんでしたし、

上手に時間を使いたいですし、この方法が時短になりますからね!

 

可能ならば、こうして水切りカゴを置けるスペースを作ります。

 

流し台before

after

 

流し台の高さに揃え、その上に水切りカゴ

水切りカゴ、オススメですよ!

 

『素敵な暮らしの扉』を多くの方に知っていただけるよう
ブログランキングに参加しています。
お帰り前にポチッとしていただけると嬉しいです!

↓↓↓↓↓↓↓↓  

掃除・片付けランキング

★コメントについて
・左下の「コメント」を押すとコメント欄が開きます。
・コメントのお返事をお休みさせていただいています。
・メールアドレスのご記入をお願いいたします。
メールアドレスが公開されることはありません。
・コメントは承認制です。
・公開に時間がかかる場合がございます。

コメント (12) | Trackbacks (0)