「被害者が増えてほしくないのでブログに書いてください。」と…

Satellite_22020年1月13日(月)Satellite_2

 

♪♪~セミナーのお知らせ~♪♪

2020年 お片付け完全マスター 東京

☆1回目→1月19日(日) ★2回目→2月2日

(注)2回の受講となっています。

お片付け完全マスターは定員になりましたので締め切りました。

~2月8日のセミナー~

★ステップアップセミナー★

お片付け完全マスターを受講された方が参加できます。

~2月9日のセミナー~

★着物収納セミナー★

★お掃除術セミナー★

皆様、おはようございます。

美しい暮らしの空間プロデューサー 安東英子でございます❣

 

まず先に!

北海道の高玉まどかアドバイザーがブログを開設しました。
うちへ帰ろう! ~片付けて実感♪ホッとするわが家へ~
とってもさわやかです♪
ビフォーアフターが始まっています!お見逃しなく!

 

片付けの現場で…

お申込みくださった方とお電話で…何かと聞きますが、

最近も残念な話を聞きました。

 

その方は、

「被害者が増えてほしくないのでブログに書いてください。」

と言われました。

 

でも、書こうかとても悩みました。

しかし最近、他にも同様の話があったので、書くことにしました。

 

 

まずSさん…

私が電話で「こんにちは!」と言った途端に泣き始めました。

片付けたい一心からですが…。

 

Sさんは以前、

他の収納アドバイザーに3回来てもらったことがあったそうです。

その県には、うちのアドバイザーがいません。

 

でも…片付くどころか…

入りきらない物を和室に押し込まれ、物置部屋のようになったそうです。

 

そして、ご主人がこう言われたそうです。

「騙されたんだよ。詐欺にあったんだ。」

 

 

Sさんはある収納セミナーに出られ、

その講師をされたアドバイザーに来ていただいたそうですが、

話を聞きながら、ご主人が怒るのも無理ないと思いました。

 

 

 

次に…

最近片付けで伺ったお宅の方もブログに書いてくださいと。

 

Bさんは、一年前にも他のアドバイザー数名に

5回ほど来てもらって、100万円位払ったそうです。

 

失礼ながら…私とアドバイザー達は、

「一体どこを片付けたのだろう…」と、言いながら作業しました。

 

Bさん、一年前の片付けの時は、

「納得できないけれど、こんなものなんだ…」

と思われたそうです。

 

そう思われた理由として、

しっかりした方からのご紹介だったからです。

 

 

そして私のYouTubeの動画を見つけられ、本も購入。

もちろんブログを読んでくださってのお申込みでした。

 

そして、私達の動きや片付け方や収納をご覧になり、

前とは全く違うことに驚かれ、

「安東先生達に頼まなければ、

あれが酷いとはわからなかった。こんなに違うんだ。」

と。

 

 

お昼のお弁当を食べながら、Bさんから1年前の作業の事を聞きましたが、

動き方、収納の仕方、対応の仕方には疑問がいっぱいでした。

 

例えば…

ジップロックに文具を分けて入れ、

何が入っているかをラベルに書いて袋に貼っていました。

 

わざわざジップロックを開けて取り出すの?と思いましたが、

それはなぜか寝室のウォークインクローゼットの中の引き出しケースに。

ストックとして保管しているのか、ご本人もわからなくてそのままに。

もちろんそこからは出し入れして使っていません。

 

 

そして、家具の引き出しの中の収納を入れ替えたので、

貼っていたラベルを剥がそうとしたら、

バリバリとプリントの木目まで剥がれてしまい、剥がした跡が白くなりました。

その家具の材質から、こうなる場合があります。

ですから、ラベルを貼ってはいけない家具です。

 

そして、立派な桐のタンスにもベタベタとラベルを貼っていて…。

中に何を入れているかわかるようにだと思うのですが、

長く貼っているとノリが劣化して、

剥いだ時にノリが残るので全部剥がしました。

 

 

そして、Bさんが

「捨てるゴミ袋にも全部ラベルを貼っていましたが必要ですか?」と。

 

可燃ゴミ不燃ゴミがわかるようにだと思うのですが、

置く場所をキッチリ分ければいいことですし、

半透明のゴミ袋ですから見ればわかります。

 

何より、ラベルに書くにも貼るにも時間を使います。

その時間があれば、他の作業をした方がいいです。

 

とにかく…ラベルがアチコチに貼られていて、

書くのにどれだけの時間を割いたの?と思いました。

 

Bさんが、「これが余ったラベルです。」

と、箱に入ったラベル見せてくれましたが、たくさん用意されていたようです。

 

 

Bさんのお話の中で、私達が驚いたことがあります。

Bさんは一年前の片付けで、納得できない収納をされたので、

後日代表のアドバイザーに電話をしたそうです。

 

この代表の方は現場には来たことがないそうなので、

作業の事を伝え…Bさんは

「スタッフは何を基準に選んでいるのですか?

素敵な女性が多いけれど、顔で選んだのですか?」

と、聞いたそうです。

 

なぜなら、皆さん美しい方だったそうで、

歩き方は優雅に代官山の街を歩いているかのようだったと言われていました。

 

すると、質問に対して代表の方は

「顔で選びました。」と。

そういうのも大事です…のように言われたそうです。

 

それを聞いた私達…お弁当を喉に詰まらせそうな程…絶句。

私が冗談で「私もこれから顔で選ぼうかな!」と言うと、

アドバイザー達が…

「じゃあ、私は不合格です。」「私も!」「私も!」と(笑)

 

 

作業中のスタッフ達の態度は

「できないあなたが悪いのよ。」みたいな雰囲気だったそうです。

ですから、私達とはそこも全く違うと言われていました。

 

また収納用品を代行で買いに行っていただく場合、

往復の時間の分も請求されたそうです。

100均のカゴも高くつく…とアドバイザー達と話しました。

 

 

他にも私やアドバイザー達が伺ったお宅で何件もあります。

たくさんのテキストのような用紙を出され、

テーブルに座って話をしただけで、部屋の中のアドバイスがなかったとか。

 

部屋を見て回っても、何も提案がなかったとか、

収納用品を勧められて終わったとか…

他にも色々です。

 

前にも書いたことがありますが、

このようなお宅にアドバイザーが伺って作業をスタートする前は、

ご主人が、白い目でアドバイザーを見るそうです。

「どうせあなた達も片付けられないのだろ!」みたいな顔で。

 

 

私もたくさんのお宅に伺っているので、難しいお宅があることはわかります。

収まりきれていない大量の物を、全て収納することは不可能なのに、

物に執着して処分されないとなると、片付けできないですしね。

 

勝手にアドバイザーは物の処分はできませんし…

取捨選択がなかなかできない方は時間がかかります。

 

家そのものの間取りが悪く、動線も悪くて、収納スペースも少なくて…

デザイン重視で選んだマンションも、収納に苦労します。

 

ですから、この仕事が大変な事もわかるのですが…。

それにしても…???です。

 

私が今日の記事を書いた理由がありますが、次回に。

私は今日も片付けの現場です!

頑張ってきます(^^)/

 

いつも読んで頂いてありがとうございます!

人気ブログランキングに参加しております。

写真を ポチッとクリック応援よろしくお願いします♥

↓↓↓↓↓↓↓↓ 


掃除・片付けランキング

★コメントについて
・左下の「コメント」を押すとコメント欄が開きます。
・コメントのお返事をお休みさせていただいています。
・メールアドレスのご記入をお願いいたします。
メールアドレスが公開されることはありません。
・コメントは承認制です。
・公開に時間がかかる場合がございます。

コメント (5) | Trackbacks (0)