老いる暮らしを家の片づけで快適にするには・・・

✿2018年3月23日(金)✿

 セミナーの日程が決まりました

- 東 京 -

✿お片付け完全マスター✿

水曜日コース

一回目 3月28日(水)  二回目 4月11日(水)

- 福 岡 -

✿お片付け完全マスター✿

土曜日コース

一回目 3月31日(土)  二回目 4月7日(土) 

✿ステップアップセミナー✿

4月8日(日)

皆様、おはようございます。安東英子でございます❣

お知らせ!

3月16日発売の「主婦と生活社」NHKガッテン!

106ページ目から3ページ

老いる暮らしを家の片づけで快適にするには・・・

のテーマで掲載されています。

ご実家にプレゼントしてください!

ご実家のお悩みは、今までもたくさんのコメントをいただきました。

お片付けコースの中に親孝行コースがあります。

・実家の片付けで悩んでいる。
・実家が遠くて片付けに行けない。
・体力が衰えてきた親の片付けを助けたい。
・不用品など物がたくさん出ていて家の中が危険。
・古い物を食べてしまわないか心配。
・一緒に片付けを手伝ってくれる人がいない。

 

この親孝行コース、お申込みいただくのですが、

親御さんが「片付けなんてしなくていいよ。」となるケースがあります。

 

片付ける=捨てる

と思われるからです。

 

親孝行コースをお申込みされる場合、

「捨てるのではない」

ということをシッカリお伝えしていただきたいです。

 

「美しい暮らしの空間アドバイザー」の場合、

許可なく捨てるということはしていません。

何度か書いてきましたが、レシート一枚でも確認してからです。

 

 

当然のように思われるでしょうが、そうではない場合もあるそうです。

セミナー参加者やお問い合わせくださった方から聞いたことがあります。

 

許可なく勝手にゴミ袋に入れていった…

お電話くださった方には、他にお願いして半ば無理やり処分させられた。

美しい暮らしの空間アドバイザーは、いかがですか?

とのお問い合わせなどもありました。

 

私はこの点はアドバイザー達に何度も伝えてきました。

もちろん捨てようかどうしようかと悩んでいる時、

処分しても大丈夫…処分した方がいい…と思った時は、

背中を押す時はありますよ。

でも全て確認してからです。

 

 

ご実家…溜め込んでいる事が多いですよね。

溜め込むと本当に大変なことになります。

ご家族だけではどうにもならない時があります。

 

次回テレビで放送予定の林さんは、

産廃業者さんにお願いして8帖分の物を処分しました。

最近伺ったお宅ではトラック6トン分を処分しました。

もちろん処分費が必要です。

 

不要な物を捨てる。

家の中からなくなる物にお金を払うんです。

お金を出して家の中に残る何かを買う…のではないのです。

 

本当にもったいないと思いますが、

そうしないと快適な生活を手に入れることができないのなら、

出すべきお金だと思います。

しかし、ご実家の場合…誰がそのお金を払うか…となりますが。

 

さて、物を処分しただけでは生活しやすい部屋にはなりませんよね。

そんな時のアドバイザーです。

 

アドバイザーがいない地域もありますが、

遠いご実家…近くても人手が足りないなど、困った時はご相談ください。

「人気ブログランキング」に参加しています。

下の写真を「ポチッ!」とお願いいたします。

↓↓↓

いつもありがとうございます!

★コメントについて

・只今コメントのお返事をお休みさせていただいています。

・メールアドレスのご記入をお願いいたします。

・メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

・コメントは承認制です。公開に時間がかかる場合がございます。

・左下の ”コメント” を押すと、コメント欄が開きます。

[jetpack_subscription_form title=”ブログの更新をメールで受け取る” subscribe_button=”更新をメールで受け取る” subscribe_text=”メールアドレスを入力すると、更新をメールで受信できます。購読は無料です。” success_message=”登録いたしました。確認のメールを送信しました。お知らせを開始するには、今すぐメールをチェックして「フォローを確認」ボタンをクリックしてください。”]





コメント (5) | Trackbacks (0)

“老いる暮らしを家の片づけで快適にするには・・・” への5件のフィードバック

  1. モエ より:

    先生、みなさま、おはようございます。

    処分する物にもお金がかかるなんて、ほんとにもったいない話ですよね。
    以前は、あっ!これ良いかも?とかあれば便利かな?と衝動買いしてましたが、最近は買う前にいろいろ考えるようになりました。それが当たり前なんですよね(笑)
    その時に、必要と思っても今ある物でなんとかならないか?置き場所は?
    不要になったら躊躇わずに処分できる価格か?等考えると面倒になり買うのを止めることが多くなりましたf^_^;それでも、以前買った物が処分出来ず残ってます。私の場合、ある物でなんとかならないか?と思った時、あっ!あれがあったわ!と使う事が多々あるのでなかなか処分できないです。f^_^;
    それでも衣類は、もう着ないかな〜と思うものは、どんどん処分したいと思ってます。

  2. つむじ風 より:

    安東先生、皆さま、おはようございます(^_^)v
    実家の片付けで悩んでいる方多いんでしょうね〜
    捨てるもののために大金を払わなくてはならない〜もったいないですね
    それでも、自分たちの力ではどうする事も出来なくなったら、やっぱりプロの方にお願いした方がいいと思います。もちろん先生に‼︎

  3. ひろくんママ より:

    安東先生皆様こんばんは(^ ^)
    実家の片付け、
    いつかもしもの日が来た時の為にと、親が今せっせと動いています。
    思い出とはどこまで取っておいて良いものなのか、、
    余談ですが昔、子供の頃洋服のほとんどを親が手作りしてくれて、着れなくなった服たちを捨てなさいと言われて箱に詰めたのですが、せっかく母が作ってくれた服を捨てる事が嫌で、タンスの引き出しを抜いた下に隠したことがあります。小学生の時でそのまま私も実家を出て20年ほど経ち、、慌てて母に言いました。防虫剤なんて頭にない年齢だったので虫食いが来てそう〜と想像したら怖かったです^^;

  4. 家づくり大好き より:

    去年の年末に母が亡くなりました。バタバタと実家に帰って片付けないとなぁ!としみじみ思いました。何でも取っておく人だから実家は物がいっぱいです。母が亡くなり使わない物も多いけれど、兄や姉もいるのでなかなか捨てる事が出来ません。結婚して実家を出ているので私の生活に支障はないけど、実家に行く度に物が多いなぁと思います。プロに頼めばスッキリするのはわかっているけれど、お葬式などにいっぱいお金を使ったので余裕がありません。本当に実家の片付けに悩んでいる人は多いと思います。

  5. やまもと より:

    こんばんわ!
    12月東京セミナーでお世話になりました。 片づけ進んでいます。
     
    ガッテン拝読しました。 そして
    今日、実家の洗面所を全部出し、分類、掃除、使う物から順に、取りやすい場所(母の意見を聞きながら)に配置してきました。
    27年分の汚れは凄かった。 エンドレス汚雑巾かと思ったわ。
    拭いても拭いても真っ黒(笑)。 

    「片づけよう」と言うと「捨てる物は何も無いよ」と怖い顔で言う母、80代。一人暮らし。

    今日は「大掃除しまーす。 全部出しますよー。 洗面所と風呂場とトイレ、大掃除しますよー。 」って切り出したら、「助かるわー。 あんたも好きねー。」と。

    ポンプ式の何かを買うと最初に付いている首の所のストッパー。
    いらんだろーと思いながら聞くと「必要」。
    あと、「使わないと思うけど、新品だから取っておく」。
    すごいなー。 昭和ひとケタ。

    先生の教え通り、全て聞きました。 
    許可無く捨てる事の無いように。
    で、捨てる物は母がもう一度確認しながらゴミ袋に入れていました。

    母は大事な物を無くしてから、捨てるのが怖いようです。
    どこを探しても無いので、多分うっかり間違って捨てたのではないかと。

    とりあえず突破口が開きました!!

    どの部屋も納戸状態の実家。 夏までには何とかしたい。
    頑張りまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です