子供のモノは、自分で片付けさせる!

 

昨日の続きです!

私は基本、私物はその人の個室に置きましょう! と、言っています。

小学生でもです。

 

できれば、小学入学と同時に 

「小学生になったから、学校の準備は自分でやろうね!」と。

 

もちろん最初はできない事もあるでしようが、早くからさせる・・・・

それが子どもにとって当たり前の事となるように。

そして、リビングやダイニングテーブルで勉強したとしても、

自分の部屋の決められた場所に片付けさせる。

 

これを難しいことではなく、当たり前の事と 体に覚えさせればいいのです。

一日でも早くにです!

いつもいつも手伝っていたり、リビングや和室に置く事を許可すると、

中学や高校生になった時に、昨日紹介したようなお宅になる場合が多いからです。

 

子どもが片付けない・・・その多くが私物をリビングや続きにある和室に置く。

自分の部屋があっても、自分の部屋に持って行かない。

それが幼稚園や小学生の時からの習慣にしているからです。

 

中には、大学生になって、

リビングに下着も部屋着も普段着る服も置いている方もいます。

 

下の写真は中学生の男の子の部屋です。

以前 before afterで紹介したお宅です。

素敵な暮らしの扉-安東英子の公式ブログ
クローゼットは、扉を開けたまま。。。。
前には、モノが山積みで 出し入れが大変なことに。。。。
素敵な暮らしの扉-安東英子の公式ブログ

小学生の時は、お母さんが片付けてあげてた・・・

それが、中学になると・・・・・よく、こうなるんです・・・

 

「俺の部屋に勝手に入るな!」

「私のモノを勝手に触らないで!」

 

お母さんが、子供の世話をしたい・・・・気持ちはわかるのですよ。

お子さんも、お母さんは優しい!!!!!! ってなるし、

お母さんも そう言ってほしいし。

 

それが逆に「自分のモノは自分の部屋に持って行きなさい!!!!!!」

って言うと、 「お母さんは厳しい! 優しくない!」って言われたり。

 

小学生では、こんなことも・・・・・

「◯◯ちゃんの、お母さんは全部やってくれるのに、

どうしてお母さんはしてくれないの! 意地悪むかっ

って、言われたり。

 

私も昔、子育て中の頃は(まだ今の仕事をしていない頃です)、

PTAや幼稚園のつながり、またご近所さんと、行ったり来たりしていました。

 

そして、オモチャやゲームで遊んだ後にお母さんが・・・

「お母さんが後で片付けるから、宿題しなさい!」とか・・・

持って帰った汚れた体操服や給食エプロンも・・・

「そこに(リビング)に置いてて。」

 

そして、「お母さん、ジュース!」

「お母さん、ジュースが飲みたいから持って来て! 」じゃなくて・・・・

「お母さん、ジュース!」 とか「ジュース!」

 

話をしている途中でも、立って冷蔵庫からジュースをコップに入れて、

テレビの前でゲームをしているお子さんに持って行く。

 

仕事で訪問したお宅でも、この・・・・

「お母さん、麦茶」  「お母さん、牛乳」  「お母さん、喉乾いた」

 

この光景・・・どれだけ見たことか・・・

そして、お母さんは言われたとおりに「ハイハイ! 麦茶ね!」

わたし・・・黙って見ていますが・・・ポッカァ~ン(@_@)

 

足があるのだから、自分で冷蔵庫まで行きなさい!

手があるんだから自分でコップに注ぎなさい。

って思うんです。

 

ご両親と同居している場合もです。

「おばあちゃんがしてあげるから!」と。

 

「◯◯!」 と言えば・・・・

子供は座ってテレビを見ていても、何でも手元に届くんです。

ワイン おにぎり ケーキ バナナ ソフトクリーム キャンディー チョコレート

 

おばあちゃんとしては・・・・

「おばあちゃん、おばあちゃん」と、言われて嬉しいのでしょうが・・・。

あちゃぁ~ こりゃぁ将来大変だァ~(/_;)/~~ と思いながら見たことも。

 

お母さんは「お義母さんが、甘やすから困っているんです(><;)」と。

 

勇気を振り絞って言うと・・・

「あなたは厳しすぎる! 孫がかわいそうだ!」と、言われたり(´д`lll)

「ご主人から言ってもらえば?」と、言うと・・・

「おふくろも嬉しいんだから、いいじゃないか!」だそうで・・・困った困った。

 

習慣って本当に怖いです。

いい習慣なら心配ないですが、ダラダラの習慣は本当に先が怖い。

 

昨日の記事に書きました・・・頂いたコメントの紹介の中に、

「便利とズボラは紙一重」

 

便利・・・これはもちろん片付けや収納する時に大切なポイントです。

ですが・・・・便利~が、ねじり曲がってしまって・・・

ダラダラ習慣にならないように要注意です。

面倒くさい・・・・動きたくない・・・・と、ならないように。

 

子育て中・・・・早く気づけば気づくほど・・・・変えやすいです。

昨日、こんな嬉しいコメントが(o^-‘)b!

 

以前から先生の「2階も使わないと勿体ない、子供の荷物が1階に占領される」

と言われていましたよね。

そのブログを読んだ頃、我が家は2階に上がるのがメンドクサイ、

小さい子もいるし…と

子供の服も寝るのも1階で2階は下に置ききれない子供のおもちゃ、

季節用品など物置状態でした。

 

そのブログを読んでから少しずつ2階を片づけて、今は2階に子供の服を置き

2階で寝るようにしました。

そしたら2階も綺麗になり、下で寝ていた部屋が空いたのでスッキリしました。

 

下で寝てた頃は寝る部屋におもちゃも子供の服も置いてあったので

ごちゃごちゃしていて、布団敷く時にはおもちゃを片づけないと敷けなくて

イライラしていて、小学校の子が先に起きると服を出すのに寝ている子の上を

またいで服を取り。。。

 

休日主人が遅くまで寝ているので掃除や片づけも出来なくてイライラしていました。

そんな事もなくなり、休日主人が遅く寝ていても

2階で寝てるから気にならなくなり(笑)気持ち的にもスッキリでき、

結果一石二鳥に! 先生、ありがとうございました。

 

即行動していただいて嬉しい(≧▽≦)

 

こんな風に、いい結果が出ると、ますます片付けよう音譜ってなりますよね!

 

次にこの方も!

以前高校生の息子の汚部屋についてグチコメントをしました。

相変わらず汚部屋です。

しかし!私が10日ほど仕事で留守していた間、息子は毎日掃除機をかけ、

こまめに洗濯もしていたのです!

 

先生が以前

「自分の部屋がどんなに汚くても一歩出たらきれいなリビングがあるとないとでは違う」

とおっしゃっていたのを思い出しました。

 

ホントその通りです!

なんだか今までうるさく言ってきたことが少し報われた感があります。

以上ですが、これを書いたのは随分前だと思います。

 

高校生で片付けない男の子がいるご家庭の記事の時でしょうか・・・・

注意しても片付けない時ってありますもん(^O^)

でも、口酸っぱくして言っても・・・・ダメな時はダメです。

この年頃は難しいですもんね!

失恋して落ち込んでいたりね叫び

その記事に書きました!

 

「自分の部屋がどんなに汚くても、

一歩出たら きれいなリビングがある!とない!とでは違う」と。

 

家中、見渡す限り・・・綺麗な場所がない・・・

どこを見ても。。。モノだらけで散らかり放題(>_<)では、悲しくなりますね!

さて~実はまだ続きがあります・・・・また明日!

素敵な暮らしの扉-安東英子の公式ブログ

いつもお願いしていますが、ブログランキングに参加しています。
応援クリック押してくださると、とっても嬉しいですラブラブ

    人気ブログランキングへ  

 

コメント (24) | Trackbacks (0)