パパについて行きたい、一緒に死にたい…思ったこともありました。

 

 ✿東京 お片付け完全マスター✿

セミナーは必ず2日参加してください。

「お片付け完全マスター」の内容はコチラ

◆木曜日コース   ①2月  9日   ②2月23日   残席1名・・・・・

◆日曜日コース ①2月12日 ②2月26日 満席となりました。

・一日目 10:30~16:00  ・二日目10:30~16:30

more-gr300

- 会 場 -

安東英子Office = 東京都港区(詳しくはホームページで)

b_simple_122_0M -

美しい暮らしの空間プロデューサー

安東英子でございます。

 

今日は、2月3日にいただいたコメントを紹介させていただきますが、

コメントは、2012年7月6日に書いた記事にいただきました。

 

この記事のタイトルは、 「悲しみを乗り越えて」

3回にわたり書きました。

 

簡単にBefore-Afterを。

素敵な暮らしの扉-安東英子の公式ブログ
 ・
手作りのダイニングテーブル!
素敵な暮らしの扉-安東英子の公式ブログ
キッチン側
素敵な暮らしの扉-安東英子の公式ブログ
After
素敵な暮らしの扉-安東英子の公式ブログ

 

こちらのお宅は2006年1月に福岡のテレビで放送されました。

「リフォーム大作戦」の放送は約90件。

 

その中で、2件のお宅は涙を流しながらの片付けでした。

その1件が、今回コメントをくださった方の家です。

 

 

コメントをくださった くぼっちさん

ご主人は癌で他界・・・36歳でした。 

 

このリフォームの時は、年長の女の子と年少の男の子がいました。

そして、ご主人が亡くなられて約3年でした。

 

 

くぼっちさんは、リフォームの時・・・

 

主人との幸せがつまったこの家で・・・これからは前を見て・・・

子供と3人で暮らしていけるような知恵を貸してください。

この機会に、「捨てるものは捨てる!」という決心も、ほしいです。

こう言われました。

 

2月3日にいただいた、くぼっちさんのコメントです。

 ma_f07

安東先生お久しぶりです。リフォームして頂いた当事者です。
ここに書いて下さった方々のコメント読んで涙がでました。

 

当時本当に大変だった事。

「私をこんなに悲しませた、

   バカ主人の物なんて全部キレイさっぱり捨ててやる!」

と思いながらも、やはりなかなか捨てられず、泣きながら片付けた事。

 

カメラマンさんも泣きながら片付けを手伝ってくれた事。

何よりも安東先生に出会え、未だにお付き合い続けられている事、

本当に昨日のことのように覚えています。

 

まだ、二人は保育園だったかな?

今や上の娘は高校3年、下の息子も高校1年。

多少の反抗期はあるものの、まっすぐ育ってくれてます。

 

 

パパについて行きたい、一緒に死にたい…思ったこともありました。

 

二人を不幸にする為に生んだ訳ではない。
しっかりしなければ…と何からすればわからないまま、

とにかく、まず、小学生になる娘の部屋を可愛くしてあげよう!

それから始めたリフォームでした。

素敵な暮らしの扉-安東英子の公式ブログ

After

素敵な暮らしの扉-安東英子の公式ブログ

 

住む家は人の心まで変えると思います。
部屋が明るくなれば、気持ちも少しは明るくなれます。

 

 

これからも、みんなの為に

安東先生、老体に鞭打って頑張って下さい(笑)

 

私も大学進学を控える子供たちの為に、まだまだ頑張って働きます!

 

皆様の温かい言葉に今更ではございますが、励まされ、

また、頑張ろう!という気持ちにさせて頂いたこと、本当に感謝致します。
ありがとうございました。

ma_f07

 

くぼっちさん、コメントありがとう!

お子さん高校生・・・。あれから11年が過ぎたのね。

 

高校生になったお子さんが想像できないほど

私は幼かった2人の姿が目に焼き付いています。

 

くぼっちさんも書かれているように、

ロケの時は、皆んなで涙を流しました。

 

カメラマンさんは、いつの間にかいなくなって、外で一人で泣いていました。

そして、そのカメラマンの上田さんも49才にして癌で亡くなりました。

 

私が癌と言われた時も、くぼっちさんに電話して

私が「大変なことになった。」と電話すると

「先生、もしかして妊娠したと?」と言ったのを覚えています。

爆笑しました。

そして、癌だと言うと本当に心配してくれました。

 

 

くぼっちさんは、ロケ中、明るく明るく振る舞おうとしていて、

タオルを頭に巻いて、私達を笑わせたりしていました。

その姿もハッキリ覚えています。

一階のリビング・キッチンをリフォームする時も、笑いながらです。

 

 

でも、2階にあるご主人の遺品整理の時は、ずっと我慢していた分

涙がとめどなく溢れていました。

 

私もスタッフも、

その部屋にご主人の衣類やネクタイがあったのを知っていたので、

いよいよその部屋の片付けとなった時、皆んな黙ってしまった事を覚えています。

 

 

あの部屋を片付けている時の事も鮮明に覚えています。

くぼっちさんが、

私が、もっと気がつく奥さんだったら、

夫の病気の事も、もっと早く気づいてあげられたのに。

と、泣きながら自分を責め続けていました。

 

ご主人のネクタイを一本一本丁寧にケースに入れている時の

くぼっちさんの泣き顔が忘れられません。

 

 

2012年の記事にも書きましたが、

リフォームが終わり、最後のカメラが回っている時・・・
リポーターが、リフォーム終わりましたが、どうでしたか?と聞くと・・・
奥様は・・・
どんなに苦しくても悲しくても、
言葉で言い表せない思いをしてきたけれど、
これからは この家で頑張って 
子供を雑草のように育てていこうと思いました。
 

と言っていました。

 ・

その時の記事には書きませんでしたが、私の父親は早くに亡くなりました。

 

そして、母が私に言ったことが

「私はあなたを雑草のように強く育てたいと思った。」

と言った事を思い出し、

片付けが始まってすぐにくぼっちさんに、その話しをしたのです。

 

それを覚えていてくれて、くぼっちさんの最後の言葉に涙が止まりませんでした。

くぼっちさん、子供達も元気に真っ直ぐ育ってくれてよかった!

私も嬉しいよ!

 

くぼっちさんがコメントに、

これからも、みんなの為に

安東先生、老体に鞭打って頑張って下さい(笑)

と書いていてくれたこと…本当に嬉しかった。

 ・

頑張るよ!  くぼっちさん❣❣❣

人気ブログランキングに参加しています。

今日も元気に

応援ポチッとお願いします!

↓↓↓↓↓

 いつもありがとうございます!

line01

・只今コメントのお返事をお休みさせていただいています。申し訳ございません。

・コメントを入れていただく際に、メールアドレスのご記入をお願いいたします。

・メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

・コメントは承認制ですので、公開までお時間がかかる場合がございます。

◆コメントは左下の ”コメント” を押すと、コメント欄が開きます。

コメント (14) | Trackbacks (0)