あなたは戦争を知らない。何もない怖さを知らないから・・・

Satellite_22019年10月24日(木)Satellite_2

皆様、おはようございます。

美しい暮らしの空間プロデューサー 安東英子でございます❣

 

今日は、前回の記事にいただいた

ラムママさんのコメントを紹介させていただきます。

安東先生、こんばんは。
4年前に実家をほとんど一人で片付けました。

 

父が亡くなり、母は高齢で何とか説き伏せて

やっと安心できる施設に入所してもらい、実家を売却することになりました。

 

いきなり業者さんに 根こそぎ捨ててください、

とお願いするわけにもいかず、

いる/いらないをまず住んだことのある私の目線で選ばなくてはいけませんでした。

 

それは責任以外、何者でもありませんでした。
膨大な量。

どこを開けても膨大な量に気を失いそうになったことは何回あったことでしょう。

 

食品に関していえば、

平成の時代(4年前なので平成27年)の時点で

昭和の刻印のある缶詰や食品が多数発掘されました。

 

 

梅酒もありました。

下に沈んだ物体は一体何?

梅が溶けてドロドロ、梅酒がもう濁り酒化していました。

 

どうして飲まないのに漬けたの?

母はアルコールが一切ダメなのに…。

大きなガラス製の梅酒瓶を4つ、捨てました。

 

 

「かに缶」も大事に大事に取ってあって、

「何かの時に」と母が言っていたのを思い出しました。

何かの時って?

 

母は何かにつけ、何かの時にと言って

たくさんのものを大事に取っていました。

 

何かの時ってどういう時なの?天皇陛下でもお出ましになるの?

何言ってるの、恥をかくじゃないの、だから取っておくの!

 

と母とやりとりしたことも懐かしいながらも忘れられない場面です。

 

母の決まり文句。

「あなたは戦争を知らない。

  何もなかった。

   何もない怖さを知らないから

    そんなことを平気で言うんだわ」

 

母は戦争時代の辛かった思い出を盾に、いつも私を責めていました。

 

母の気持ちは今ならわかります。

でもね、何でも揃うこの時代に生まれた私は本当に幸せ。

だからこそ取捨選択が迫られるのよ、と言っても理解してもらえませんでした。

 

我が家には かに缶はありません。

いただいたとしてもその日の夜に食卓に登ります。

 

だって、古い何十年も経ったかに缶を缶切りで開けて一体何缶捨てたことか。

ですもの。

ラムママさん ありがとうございました。

そして、実家の片付け…お疲れ様でした!

 

私も9年くらい前かな?

母と同居することになり、実家の片付けをして大量の物を処分しました。

 

さて、ラムママさんのお母さまのお話ですが、

私の祖母も同じことを言っていたので、

私もラムママさん同様、お母さまの言いたい気持ちはわかります。

 

片付けで伺った時、ご高齢の方から同じような話は何度も。

そうだよね、戦争で辛い経験をされたから、捨てられなくても仕方ない、

と以前は思っていました。

ただ、私の考えがどこからか変わりました。

 

 

以前は、

捨てることはもったいないと思って当然ですよね、

と言っていたのですが…最近、言えなくなりました。

 

 

片付けで伺った時に、たくさんの物があるお宅で

「戦争が…」

を何度となく聞いたからかもしれません。

 

処分できないことの原因が戦争を経験しているから?

では、無駄にたくさん買ってきたことも戦争が原因?

ここで戦争を持ち出すってどうなのかな…

と思い始めました。

 

 

私は長い間、祖父母と同居していたこともあり、

獣医として戦地に行った祖父と、赤十字の看護師として戦地に行った祖母、

そして両親が留守の間、家を守った母から戦争の苦労話を、

それはそれはたくさん聞いてきました。

軍歌も( ^^) _

 

祖父が先に他界。

その後も祖母との同居が長かったこともありました。

 

ですから、

「もったいない…もったいない…」

この言葉をどれだけ聞いてきたことか。

 

でも祖母は厳しい戦地に行っていますが、

無駄に物を買ったりしませんでした。

これこそ本当の「もったいない」だからです。

 

 

ですから、物を捨てられないというより、

無駄にたくさん買ってきたから収拾つかない状況になったのに…

 

「戦争で苦労した経験があるから、捨てるなんてことはできない。

戦争を知らない人は、ポンポン物を捨てる。物を大事にしない。」

 

と、言われると…ちょっと違うのでは?

と思うようになりました。

中には、物がない事に不安を感じ、次々と買ってしまうと言われる方も。

 

 

ラムママさんが書かれている、

『母は戦争時代の辛かった思い出を盾に、いつも私を責めていました。』

この状況って多いです。

 

ラムママさんのお母さまのように、

戦争時代の物がなくて辛かった話をして、

捨てようとする子供達を責める方がいらっしゃいます。

 

捨てるなんてもったいない…と言う前に…

そもそも、どうしてこんなに大量買いしたの?

と思うのです。

 

 

物で溢れかえった部屋。

物を減らさないと、どうにもこうにもならない。

 

床に置いている物につまづいて転んだら大変だと親を心配して、

「物を減らそう!」という子供達に、

「今の若い者は戦争を知らないからすぐ捨てる!」と攻めるのは

ちょっと違うのでは? と思うのです。

 

 

最近お会いした方も、戦争・・・と言われるので、

「戦争で物がない時代に苦労された全ての方が、

こんなに物を持っているのではない。

苦労したからこそ、必要のない物まで買わないし、

食べきれない量の食べ物も買わない。

そんな方もいらっしゃいますよ。」

とお話したばかりです。

 

 

親のことを心配している子供達は多いです。

しかし、片付けが原因で大喧嘩になり、

親子の縁を切った方も多いです。

 

私も親の家を片付けましたが、そんな方達の話を聞くと、

親子の縁を切らずに片付けが終わってよかったと思います。

 

 

売却した実家の片付け途中。

少しですが着物も処分しました。

無駄に物を買わない祖母と母でしたので、

実家の片付けは3日で全て終わりました。

この記事を書く為に、久しぶりに下の空っぽの和室の写真を見て、

処分する時の母の悲しそうな顔を思い出しました。

私の家がもっと広ければ、

もっと母の物を持ってこれたのに…と悔やまれます。

安東流を多くの方に知っていただけるよう
ブログランキングに参加しています。
お帰り前にポチッとしていただけると嬉しいです!

↓↓↓↓↓↓↓↓  

掃除・片付けランキング

★コメントについて
・左下の「コメント」を押すとコメント欄が開きます。
・コメントのお返事をお休みさせていただいています。
・メールアドレスのご記入をお願いいたします。
メールアドレスが公開されることはありません。
・コメントは承認制です。
・公開に時間がかかる場合がございます。

コメント (6) | Trackbacks (0)