初めて断捨離の講演会に参加しました(^^)

 

先日東京に行った時に、以前セミナーに参加された方から連絡を頂きました。

「◯◯さんの講演会のチケットがあるので、よかったら行きませんか?」

その講演会は連絡頂いた3日後で、私も空いていた日でした。

 

前から聞いてみたいと思っていたので ラッキー!

◯◯さん~ありがとうございました!

 

 

講演の内容は「断捨離」について。2時間の講演会でした。

 

誘ってくださった方は、

以前この講師の方の一日セミナーに参加された事があって、

1日 45,000円。

 

少人数制かと思いきや、なんと100名の参加者だったそうです。

凄い!   それだけ有名な方なんですけどね!

 

 

捨てる・・・今は断捨離と言う言葉をほとんどの方がご存知だと思います。

断捨離の断・・・これは断つ・・・ということ。

 

例えばとして話された事は…お財布。

家計簿をつけないのであれば、買い物をした後にレシートをお財布に入れない。

使っていないポイントカードをお財布に入れたままの方もいますものね。

 

捨てやすいものとして靴の事も。

もちろん…入らなくなった靴は処分しやすいですから。

 

 

また…

「どこから手を付けていいのかわからないと言う方は、

   まずはモノへの執着を捨てることから」

 

まだまだ参考になるお話が聞けました。

「断捨離」については、是非本などを読まれてください!

 

 

参加者の方の質問で…

自分はいらないものは捨てられるけど、家族が捨てられない。

どうしたらいいでしょうか?

というような質問がありました。

 

講師の方は・・・

捨ててスッキリするとごきげんになる。

それをご家族が見ていて、ならば自分も! と変わっていく。

断捨離は伝染していきます。

 

というようなお話でした。

 

このような事で悩んでいる方は、とてもとても多いですよね。

奥様は思い切りよくモノを処分できても、

ご主人やご両親がモノを溜め込んで捨てない。

 

私も、そのようなご家族をたくさん見てきましたし、

セミナー参加者の方からも、セミナーの二日目の時に、

凄い! ご主人がそんなに変わったの?と驚くご報告を聞いてきました。

 

「うちの夫は無理です…」と、諦めていた方が…

「実は夫が、ずっと気になっていたアレもコレも処分して、まさかまさかです!」

なんてありましたし!

 

 

でも、全ての方がそうなれば、悩む方もいらっしゃらないでしょう。

 

例えば…

同居されている方で、若夫婦はスッキリしていてもご両親は全く片付けない。

若夫婦のスッキリとした生活を見ても何も思わない。

ご両親のスペースには、モノが溢れていて…

少し片付けようか…と、やんわりと言おうが何も変わらない。

 

講師の方は…

家族と言えども他人のモノを勝手に捨ててはいけない。

と言われていました。

 

確かにそうなのです。私もそう言っています。

例えばお子さんのモノでも、確認して捨てた方がいいですよね!

 

でも…こんな場合もあるそうです。

奥様がセミナーに参加され、捨てる思い切りもでき・・・

でも、それにご主人やご両親がついてこれない。

 

逆に家族が反感を持たれたようで・・・

その講師の方の事務所に、そのご家族から苦情の電話もあるそうです。

 

 

 

「断捨離」

決して一人で突っ走らないこと…と私は思っています。

上手に…上手にです。

 

奥様がいらないものを捨てる…その様子を見た思い切りの悪いご主人が…

「よし! 俺も断捨離しようか!」となれば…誰も悩みません。

 

そうならないから…世の中悩んでいる方が多い。

 

 

そして、断捨離の講演会に参加されるほとんどの方が、

「捨てたい! だけど捨てられない!」と悩んでいる方であって…

「捨てる?   そんなこと、する必要ない!」と思っている方は参加されません。

 

参加された方は「断捨離しなくっちゃ!!!」となって…

それが家族に伝染すればいいのですが…

益々意識の違いが大きくなる場合もあります。

 

私のセミナーでもそうです。

「片付けたい!」と思われている方しか参加されません。

 

私はセミナーの中でも色んな話しをしますが、

女性より男性の方が思い切りが悪い。

    (ゴメンナサイ、コレは今まで見てきたことから、そう思っています)

 

そして、モノは増え続ける・・・早く何とかしないと大変なことになります。

 

私・・・時々言います。

今 大喧嘩してでも話し合ってモノを減らさないと…

60歳…70歳になった時に…とんでもない事になると。

先々の苦労を考えると、喧嘩してでも強行突破が必要な場合もあります!と。

(ココのとこは近々、過去記事で紹介させていただきます。)

 

 

やんわり…優しく話して…それでわかってくださるご主人もいますが…

そうではない方もいますから。

 

私も片付け作業でココのとこで苦労してきました。

思い切りよくいらないモノを処分してくだされば、

作業もスムーズに進むのですけどね。

なかなかスムーズに進まない時もあります。

 

ココで大事なのが分類作業なのです。

(コレは私のセミナーで話しています。ブログにまとめては書けなくて。ゴメンナサイ)

 

講師の方が、

「今日は一つ捨てる。明日は2つ捨てる」と言われていたのですが、

そんな感じで進めていたら、何十年掛かることか・・・

のようなお宅はたくさん。

 

私は、ほとんどそんなお宅ばかりに伺ってきましたが、

それはそれは真剣勝負です。

 

他の場所を片付けながら、ご主人に気付かれないように……

ピッタリ張り付いたこともありました。

 

そして、うん? と思ったら…ジワァ…と接近していくの。

そして~軽く…トン! と背中を押したり…ドンドンと押すときもありますし!

もちろん奥様方にもですが。

 

でも「捨てなさい!」なんて強制できないでしょ!

その方 その方で話の内容は全然違います。

 

そして、一つ一つのモノを持っての気の遠くなる作業です。

 

 

でも、こんな場合もあるんです。

私がどう見てもコレは使っていない…というモノがあったとするでしょ。

私が「コレはどうする?」と聞くと、「捨てません!」と。

 

私ね…「うん! わかった! じゃぁココに入れておくね!」と。

でもね…私が帰った後に「あれ…捨てました!」なんてこともあるんです。

 

 

ところで…なかなかモノを捨てない方は、よくこう言われます。

もったいない、捨てるって なんてことをするんだ! お金を捨てることと同じ。

 

でもね、本当にもったいないと思うのなら、初めから買ってこないと思うんです。

 

だってね…

同じようなモノがいくつもある方に限って「もったいない」と言うの。

 

明日からは「捨てる」ということについて、過去記事をちょっと紹介していきます。

THE END

ご訪問ありがとうございます!   ブログランキングに参加しています! 

今日の記事…参考にしていただけましたら…ポチッとよろしくね~!

 ↓↓↓

人気ブログランキング→ 

コメントは承認制ですので、公開までお時間がかかる場合がございます。
只今コメントのお返事をお休みさせていただいています。申し訳ございません。
でも、ドシドシお願いしますね!  皆様のコメント…とても参考になります!
コメントはこの下の comments を押すと、コメント欄が開きます!
コメント残して頂けると嬉しいです(^^)

 

コメント (17) | Trackbacks (0)