一級建築士より奥さんの方が、どこがおかしいかを理解している。

Message Board~

お片付け~収納~家づくりの事を綴ったブログです!
大切な我が家の参考にしていただけたら嬉しいです。

リノベーションとお片付けで暮らしを変える

2023年7月3日(月)

YouTube
美しい暮らしの空間チャンネル

↓2023年6月30日

YouTubeまとめてチェック

衣類のたたみ方
Zoom個人レッスン

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ffaed26cda51d9c7f58278aa63a33830.jpg

美しい暮らしの空間アドバイザー12期生を募集します。
詳しくはホームページをご覧ください。

【7月開催のセミナー】

毎回、受講された皆様から、たくさんの感想が寄せられています。
風穴アドバイザーのブログで紹介していますので、感想も読んでください。

書類整理に悩んでいる…早く仕上げたい!!皆様、是非参加ください。

詳しくはこちら下矢印

皆様、こんにちは!
美しい暮らしの空間プロデューサー安東英子です。

前回の記事に、家づくりの事を書きましたが、その後新築の間取り相談をされた方から、完成の写真とお礼のメールが送られてきました。

写真をお見せできないのがとても残念ですが、ブログに掲載承諾いただきました。


本当に素敵に完成していて、凄く嬉しかったです! ホッ!

新築の間取り相談の中でも、そんなに時間がかからない方もいれば、何回もの相談になる場合も。
その違いの一つ・・・担当の営業さんや設計士の違いです。

設計士でもピンキリ。一級建築士だから大丈夫?
そんな事ないですから!

飲み込みがよくて、サッと図面を変更できる方と、そうではない方がいます。
このメールをくださった方の担当の設計士は、???がイッパイでした。
なぜなら最初のプランが酷かったからです。

ご相談者は「お片付け完全マスター」を受けられた方で、私も覚えていました。
それもあって本音を言いやすい方だったのですが、確か初めて図面を見た時にこのような事を言ったと思います。

「今まで見た中で、一番酷い間取りかも。」

間取りを見て、人の家ながら腹が立ったのを覚えていますし、メールで図面が送られてきて見た瞬間の動揺と言いますか…ザワザワした記憶があります。


もう一つ腹が立った理由として、この方はその地元のハウスメーカーにパートでお勤めされていて、それもあってか、一般のお客様とは違い…
この設計士は、内輪の人間だからと甘く扱ってる?と感じたからです。

設計士さんとしたら、そんな事はない…と言うでしょうが、私からすると、「あなた、真剣に考えてるの?」と、思ってしまうほどのプランでしたから。


だって、一か所も褒められるとこがないんです。
ダメ出しのオンパレードでした。


この私のダメ出しに、ご相談者はすぐに納得。
それに気づかない一級建築士にビックリです。


私は家を建てる時やリフォームをする時、「知り合いに頼んだらダメ」と昔からお伝えしています。
それはブログのどこかにも書きましたが、記事が多くてちょっと見つけられない💦


✿新築・リフォームする前に

このカテゴリの中のどこかにあるのですが、これだけでも148記事書いていました。


ご相談者が勤めている地元のハウスメーカーさんは、自然素材を使いオシャレな仕上げ。
それもあって、ご相談者はココに勤めていて、ココで家を建てたいと思われました。

ですから完成した家は、本当に素敵でした。


でも、間取りはとても大事!
こちらのハウスメーカーさんは、ファミリークローゼットをお薦めしていますし、普通のクローゼットにも扉がなかったり💦

私がそんな間取りにOKを出すはずがないですよね!
他にも色々です。


ご相談者さんは私のブログもよく読んでくださっていて、図面を見た時に不安になり、お申込されてきました。
設計士より相談者さんの方がわかっていて「これはちょっと…」となったわけです。

しかし、変更をお願いしても次の図面が出てくるのが遅い。
私、ここでも思いました。
「パートさんだし、一般のお客様とは違うから、後回しにされてる!」

なので、間取り以外の事でもアドバイスさせていただきました。
設計士さんにどう言うか…です。

設計士さんって本当にプライドが高い。
上手くやっていかないといけないけど、機嫌取りしている状況ではない。
「まだプラン出てこないんですか?」と何回か聞きましたから。

私、たくさんの間取りを見てきて…思います。
建築士と名乗りながら…プランのレベルは低いのに、プライドだけは高い…と。
(また、毒が!)

本当に書きつくせないたくさんの事がありましたが、無事完成✨
そして、メールが届きました。
こちらも掲載許可いただいていますが、一部だけ!

おはようございます。

自宅写真をみていただき、「素晴らしい!」とお言葉を✨いただき

とても嬉しいです。
先生がアドバイスしてくれたものが、現実となりました。

写真を撮りながら、「先生に相談してほんとに良かった!」と嬉しくて嬉しくて。

ゆみさんのYoutubeの時に先生は「(片付けを)アドバイザーにさっさと頼めばいいのに」

と仰っていましたが、新築の場合も同じで「安東先生にさっさと頼めばいいのに」と私は言いたいです。

「3回家づくりをしないと満足できない」ということがありますが、これはやっぱり造る側の言い訳・怠慢だと「今は」思います。

でも、もし安東先生を知らないまま、家づくりをしていたら、「3回家づくりをしないと満足できない」をその通りだと思い「1回目だから、思い通りにはいかなかった。仕方ない…」と言っていたと思います。

設計士の言うことを鵜呑みにすることなく、言いくるめられることもなく自分の思いを諦めずに伝えることができたのは、

「ほっておいたら、とんでもない暮らしが待ってる💦

という危機感を先生からのアドバイスを通して感じたからです。

「危機感」は、人を動かすんだな、とわかりました。
「やるしかないスイッチ」が入ります。

遠慮してる場合じゃない、何としてでもこのプランを変えないといけない!という思いでした。

先生の5000件以上の家、そして家族を見てきているというのは、やっぱり最強で、本物通り越してもう神業だと思います。

そして、先生のお人柄!いつも本気で真剣にアドバイスをくださり、感謝しかないです。(最強×本気=測定不能デス💦

だから、「家を建てるなら、安東先生にさっさと頼めばいいのに」と思います。


先生が階段の位置を思いついた時「ちょっと待って……」と先生が仰ったときは鳥肌が立ちました。
あの瞬間は一生忘れないと思います。

その階段の位置を変えたいと、設計士さんにはあたかも私が思いついたように言ってしまいましたのでちょっとだけ嘘ついたこと、うしろめたさを感じています。
私が思いつくわけない…💦

玄関入ったところの景色、めちゃくちゃ気に入っています‼
(どこも気に入っているんですが❣
-まだまだ続きますが略します-

・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご相談者さんが、こう書かれています。
遠慮してる場合じゃない、何としてでもこのプランを変えないといけない!

はい、そうなんです。
設計士さんや営業さんに遠慮する方って結構いるんです。
この方の場合は、勤め先なので尚更遠慮がありました。

そこをドン! と背中を押したわけですが!
「もっとハッキリ言わないと、この設計士さんはできないレベルの人だからね!」
とか、
「ココは、こうしてください!」と言って、絶対に引いたらダメよ!と言ったような!

ご相談者さん、口調も優しいんです。
私だったらバシッ(-_-メ)と言えても、言えない方(笑)
なので、なかなか変更を伝えてもプランが出てこなかった気もします。

それもあり、私もご相談者さんが諦めないように話したと言いますか、私が引かなかったかも🤣

「設計士に、こうこうこうだから、こうしてください!と強く言って!」とかね。
強くと言っても、優しかったのでは?と思いますが。
でも、引かなかった(^^)/

完成写真を見て、私も引かなくて良かったと本当に思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして、この記事を書いている時に、また別の新築の間取り相談の方からメールが!
お写真送っていいでしょうか?と質問も。
もちろん送ってほしいですとお返事!

メール、ココだけご紹介!

一昨日、無事に引越しが終わりました。
安東先生のプランが実現して、最高に素敵なおうちになりました!
安東先生にどれだけ感謝してもしきれません。
本当にありがとうございました!
・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、一枚の写真が添付されていて、見ていてジーンとなりました。
この写真は掲載許可いただいたので!
お母さまの後ろ姿です!


そして、メールにこう書かれていました。

リビングの窓際にずっと座って外を眺めながら、「気持ち良くて動きたくない」と嬉しそうに申しておりました‼︎

・・・・・・・・・・・・・・・・・

それがそれが、ここまで書いて予約投稿したんです。
すると、昨日…またまた完成しました~と別の方からメールが!
不思議な一週間と思いましたが、この方の完成写真も素晴らしかった!
メール一部だけご紹介!

遅くなってしまいましたが、間取り相談をさせていただいた新居の写真をいくつかお送りします。
家事がしやすく余裕のある間取りで、住み心地が良いです。
特にトイレが広いのは幸せです(^^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・
トイレが広いと書かれていますが、キッチンが広いんです。
コの字型のキッチン。
つまり東京のココのキッチンのような形ですが、何mあるでしょう。
気になって最終図面を見ました。

L型のシステムキッチンに続く、一体化したようなカウンター部分。
つまり対面でリビング向きに立った時の背面のカウンターが、なんと3m50cmくらい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
そしてメールに

キッチンは、この形にして大正解でした!
コの字型に憧れてはいましたが、コの字にできるという考えが頭になかったので、先生に相談して本当によかったです!
そのおかげで、脱衣所とキッチンの間に収納スペースができて本当に助かっています。
そして、コの字のキッチンは使いやすいですね!
もっと、コの字の良さが広まると良いのに、と思いました。


ウッドデッキがあり、お庭も塀もとても素敵でため息が出ました(^^)/


たくさんの方の家づくりに関わることができ、そして喜んでいただき、私も嬉しいです💛


✿✿人気ブログランキング✿✿

ポチッと応援お願いします!
↓↓↓↓↓

掃除・片付けランキング

★コメントについて
・左下の「コメント」を押すとコメント欄が開きます。
・コメントのお返事をお休みさせていただいています。
・メールアドレスのご記入をお願いいたします。
・メールアドレスが公開されることはありません。
・コメントは承認制です。
・公開に時間がかかる場合がございます。

関連記事

特集記事

コメント

  1. おはようございます。
     間取り、いいお家が完成して良かったですね♡
    間取りもそうですが、そもそも土地選びも気をつけたいですね。
    九州は今日も大雨です。宅地の見学にはご家族でお出かけされることと思います。晴れた土日祭日などが良いですよね~♪
    でも、ちょっとまった!雨の日や、大雨の翌日とかに土地を見に行かれるといいと思います。お散歩コースで近所の造成された宅地を見ると、よく水が排けている土地もあれば、2,3区画だけ水たまりだったりします。
     子どもさんが小学校、中学校に通いやすい事も大事ですよね。我が家もその点は良かったのですが、中学3年ぐらいから大学まで「駅まで送って」「迎えに来て」が何年も続きました。その時は、駅に近いマンションに憧れました^^

    • ひろくんママ
    • 2023.07.03 7:28am

    安東先生、おはようございます(^O^)
    皆様おはようございます(^O^)
    読んだ後にとっても嬉しい気持ちになったブログでした♡3回読み返しました♡
    私も安東先生の家造りに関するブログを熟読しまくってたので「遠慮してる場合じゃない」の気持ちはすっごくわかります(^^)
    でも相手はプロ、自分達の方が分かってる感があり、言い出すのに勇気がいって毎回ドキドキ。私が発言すると話が進まず止まるので主人も嫌な顔。私さえ黙ってればトントンと話が進むのに。だけどこればっかりは譲れない。未来がかかってるんですからね。毎回打ち合わせのたび子どものミルクを3本用意して行って毎回凄くきつかったです。安東先生は家造りを考えるのとっても楽しくて好きと言われるけど私は心が折れそう(泣)やっぱり安東先生は凄いなーって思ってました。でも、ついに完成した時、平面上の線でしかなかったものが実際お家になった時、本当に嬉しかったです✨✨そして今、とっても暮らしやすく、譲らなくて諦めなくて良かったと日々感じています✨✨窓辺に座られるお母様のお写真、素敵ですね♡ずーっと居られるって、すっごく幸せですよね。安東先生の考案されるお家は大きな窓が可能な限り入りますよね♡空間を贅沢に使うってそういう事な気がします。本当にそこに暮らすご家族の姿をリアルに想像して考えて下さって、そこまで考えて設計してくださる方安東先生以外ではいらっしゃらないんじゃないでしょうか。自分はこれだけの情報を知ってます。今人気なのは、今流行りなのは、そんな話ばかりで大事にする部分、柱が違う気がします。その方々もきっと色んな情報を学ぶことがお仕事だと思って流行りをたくさん勉強されるのかもしれませんが、どこかで誰かが安東先生を知って、そこから学ぼうってなって欲しいなって思います。家を3回なんて建てれないですよ。安東先生なら1回で子孫まで満足する家が作れます‼️だって愛情がいっぱいですもんね❤️心安らぐ平和なお家をありがとうございます(*^^*)✨✨

    • るんくま
    • 2023.07.03 11:55am

    もうね、この間取りの話始めたら、朝まで語り明かしたいですよ。
    今まで見聞きしてきた残念な間取り、変な間取り、そして自分ちの謎の間取り。
    家ができた時は何にもわからない若い時で
    特別に謎だとは思ってなかったし、むしろ良く出来てるくらいに思ってたんですけど、
    家族の有り様が変わり、店で使う機械が増えた為に車庫を一つ潰して仕事場に変えた辺りから
    あれ?って思い始めて
    安東先生のブログを読み込むにつれて、益々 あれ?あれれ?となっていきました。
    家を建てる時に、その時点でのベストを考えるから
    後から使い難くなる事ってあると思うのですが
    先を見越して設計できる人ってなかなかいないというか、安東先生以外にいます??
    って「設計士」の看板あげてる人に聞いてみたいものです。(聞けんけど。。。)
    でも、私が謎とか変とか思ってる事言っても
    家族には伝わらないんですよね、『だけど、〇×□だから~』とか『別に×××じゃん』みたいな感じ。
    今、私のうちは「残念な生き物」ではなく完全に「残念な家」になってる
    せめて掃除して整理整頓して植物を飾って と、ささやかな抵抗をしています。

YouTubeチャンネル

カレンダー

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
月別アーカイブ

カテゴリー

TOP