素敵な85才の方にお会いでき…おうち丸ごと片付けに感謝です!

Satellite_22019年5月24日(金)Satellite_2

 

安東英子作成編集 エンディングムービー

8分23秒のプロモーションをYou Tubeでどうぞ!

↓ポチッと押してください↓

↓エンディングムービー 詳細と購入↓

★エンディングムービー③ 質問にお答え!(2月27日)

★エンディングムービーについての過去記事

- 福 岡 -

「お片付け完全マスター」と「ステップアップセミナー」を開催します。

1年2ヶ月ぶりです。

 お片付け完全マスター 

・1回目 6月1日(土) ・2回目 6月15日(土)

※必ず2日間の受講をお願いします。

詳細、お申込みはこちらからどうぞ。ホームページに飛びます。

 ステップアップセミナー 6月16日(日)

ステップアップセミナーは満席となりました!

8期 アドバイザー育成セミナーについて

セミナーの日程が決まりました。

◎一回目 8月  3日(土) 8月  4日(日)

◎二回目 8月17日(土) 8月18日(日)

詳しくはホームページを!

関西の瀧本香奈子アドバイザー開催のセミナー

①安東流お片付け『1日入門講座』

②安東流お片付け『実践編・3日コース講座』

詳細はこちらから

皆様、おはようございます。

美しい暮らしの空間プロデューサー

安東英子でございます❣

 

今日は、お片付けで伺ったお宅の

85才の奥様…Eさんのことを書かせていただきます。

ご主人は1年前に他界、今はお一人でマンションに住まわれています。

おうち丸ごとコースのお申込みです。

アドバイザー達と数回の訪問で、連休の最終日に終了しました。

最終日はリングファイル12冊とテプラを持参。

Eさんと一緒に書類を分類し、

リングファイルに種類別にキッチリ入れ、テプラを貼りました。

小物を分類した小引き出しにもテプラを。

私はいつもは幅12mmを使うのですが、

ファイルには、幅18mmを用意して文字も大きくして貼り付け。

収納も家具移動も全て終わり、最後に書類整理でした。

書類は個人情報も含まれているので、

触っていいのかな…と遠慮する時があります。

でも…

「自分一人ではできないし、皆様なら全部お見せしてもいいです。」

と言っていただき、Eさんと一枚一枚確認です。

ダイニングテーブルの前に座っていただき、

私達で順番に書類をテーブルの上に置いていき、

Eさんが「いらないです。」と言われた書類は、シュレッダーで処分です。

残される書類は、探す時に困らないように細かく分類。

そしてファイルに入れ、テプラです。

書類整理だけでも時間がかかりましたが、

書類もここまでキッチリバシッとできたので、

スッキリサッパリ\(^o^)/って気分になりましたよ!

アドバイザー達も言っていましたが、やり遂げた感が半端なかった!

私も刺激を受け、事務所の書類整理しましたから。

って、実はアドバイザー達に手伝ってもらいました(笑)

Eさん…本当に頑張られました。

物を全部出しての取捨選択ですから、かなりの量です。

頭も体力も使います。

ですが、「もういらないです。」と決断が早かったです。

逆に「もったいない! とっておきましょう。」と言った程です。

Before/Afterは紹介できませんが、リビングの一角だけ!

こんな感じのお部屋なんですよ♪☆彡

なんとなく全体のお部屋のイメージが浮かぶと思います!

素敵でしょ(*^^*)

85才のEさんですが、今でも元気に旅行を楽しまれています。

4月に訪問した時は、私達が伺った3日後にはHawaii。

そして最後に伺った日の2日後には豪華客船の旅。

7月にもまた豪華客船の旅だそうです。

毎日毎日を大切に生きるために、

パソコン教室に行かれたり、歌を教えられていたり、同好会に参加など、

なるべく予定を入れるようにされているそうです。

歌…ちょっと歌っていただいたのですが、凄い声量で驚きました!

アドバイザーと一緒にEさんも洗面所を片付けている間に、

気になっていたL型のソファーの配置を他のアドバイザーと移動。

窓を背にソファーを置かれていたのですが、

座って景色が見える配置にしました。

だって、ベランダが広くて遮る建物がなくて、とっても素晴らしい景色なんです。

まるでリゾートホテルにいるようなね!

移動が終わり…どうぞ! とリビングに入っていただいた時、

「わぁぁぁぁ!!!!!!」と、Eさんの嬉しそうなお顔…

そして、ソファーに座られ、

「これで安心して死ねます。」と仰ったのです。

初めてお伺いした日、クローゼットの整理をしている時に、

透明の袋に入っている淡いピンク色のお召し物がありました。

なんとなく、普段着るためのお洋服ではないと感じました。

すると…Eさんは…

「それは私が棺に入る時に着る服なんです。」と。

私は何も言えませんでした。

お顔を見ることもできませんでした。

遺影もご準備されていて、そのお召し物と一緒に収納させていただきました。

別に置かれていたご主人の遺影も一緒に。

Eさんがご用意されていた遺影は額に収められていて、

とても優しい笑顔でした。

そのお写真を拝見しながら心の中で…

まだまだ元気に…長生きしてください…

と、祈らずにはいられませんでした。

お知り合いの方がお亡くなりになった時に、

遺影にできる写真がなくて身内の方が困ったことを聞き、

準備しておこうと思われたそうです。

それだけではなく…自分史を作られていました。

葬儀に参列してくださった皆様にお配りするためだそうです。

Eさんが

「古いアルバムは処分します。子供が困るだろうから。」

と言われたのですが処分できませんでした。

アルバムを全てクローゼットの低い枕棚に並べましたが、

立てたアルバムは長さ1mを超えました。

旅行が大好きなEさん。

ご主人と一緒に海外旅行もかなりされていて、お写真がたくさんです。

なんと、北極も南極にも行かれていました。

自分史には、北極点に立たれているご夫婦のお写真がありました。

そのアルバムを捨ててもいいと仰ったのですが、

私はとても自分の手で処分はできませんでした。

私なんて、私の祖父母のアルバムも持っていますから。

戦時中の貴重な白黒の祖父母の写真です。

孫に見せてと子どもに伝えています。

ですが先日、祖父母のアルバムを捨てなくて本当によかった…

と思う出来事がありました。

これはまた改めて書きます。

遺影もお召し物も自分史も用意され、

残りは部屋の片付け整理…と思われてのご依頼でした。

ですから私もアドバイザー達も、いつもとは違う気持ちの片付け作業でした。

この大切な部屋の片付けを、

私達に依頼してくださったこと、本当に感謝しています。

お顔は隠しますが、最終日には記念写真を!

なんかね…一緒にいるだけで、心が落ち着くんです。

不思議です。

Eさんは部屋がドンドン片付いていく度、本当に喜ばれるんです。

引き出しの中、棚の中…

「わぁぁぁぁ!!!  凄い!!! キレイ!!」と、手をパチパチと!

喜ばれるお姿が本当に可愛くてね!

こんな風に喜んでくださると、私達も嬉しいし、

この時が、この仕事をしていて最高にハッピーな気持ちになる時。

私は62才ですが、今でも現場に行けることが嬉しいですし、

現場に行ったからEさんにもお会いできて、たくさんお話できました。

素敵なEさんにお会いできたことに心から感謝です。

次回も続きを!

ブログランキングに参加しています。

応援ポチッとよろしくお願いします! 

住まいランキング

~安東がご訪問できる地域~

東京都港区から車で片道2時間程度

遠方の方はご相談ください。 


★コメントについて
・左下の「コメント」を押すと、コメント欄が開きます。
・コメントのお返事をお休みさせていただいています。
・メールアドレスのご記入をお願いいたします。
・メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
・コメントは承認制です。
・公開に時間がかかる場合がございます。





コメント (5) | Trackbacks (0)

“素敵な85才の方にお会いでき…おうち丸ごと片付けに感謝です!” への5件のフィードバック

  1. 二色 恋 より:

    先生、皆さま、おはようございます。

    わぁ・・Eさんの素敵なお話し、ありがとうございます。
    私も、こんな風に、穏やかに、でも着々と終活をしていきたいです。
    隅々までスッキリされ、特に書類は字が細かく、量も多く、要るのか捨てていいのか?ごちゃごちゃしますよね。
    大きな字のテプラ。先生のこんなやさしさが好きっ♡

     遺影の話しは私も聞きました。
    数年前、父の傘寿(さんじゅ、80歳のお祝いネッ)の祝いをしました。「どうしても一人で撮った写真が無い。いつも集合写真や、孫に前を向いてじっとさせるために写り込んでいる顔半分の写真しかない」という年寄りの意見を踏まえ、元気でまだお化粧のノリも良い頃に^^いい服を着て一枚撮ろうじゃないか!となり、父からのお礼という形で、お借りしたホテルの一角に写真館の方にお願いしておひとりおひとり、個人写真をお願いしました。後日、郵送で届き、50過ぎの自分の顔をまじまじと見る機会がありました^^

    「次は米寿ねっ。またお写真を撮りましょうね!」と、皆さんとお約束しました。
     Eさんも、ずっとずっとお元気でいてください。

     

  2. ビビンバ より:

    Eさん、すごく素敵ですね^-^目標にさせていただきます!私もソファは窓の外が見える配置が好きです♪終活をすると長生きするという話もありますよね。うちの両親も遺影を撮っておいたと見せてくれました。「遺影は若く見える方がいい」らしく、母はちゃっかり20歳くらい若く加工されていました。父はちょっとだけ若く加工 笑 私はその写真をスマホで撮ってきて時々眺めています。既に見慣れているので、実際両親が亡くなってから眺めても亡くなった実感なさそうです笑 事故などで突然この世を去ることもあるので、家族が速やかにいろいろな手続きやお知らせができるように、私も終活に着手しました!が、まだまだ亀の歩みです^^

  3. のほほん より:

    Eさんの素敵な暮らし方、そして気構え、私も見習って目標にさせてくださいませ。
     
    私もいい時にいい写真をとっておこう!整理整頓しながら、服も決めておこう!
     
    活気があるけれどふんわりした空気の中で、まるごとお片付けが進んでいった様子が目に浮かびます。

  4. kartmanThego より:

    Thank you for a really amazing blog. It was actually very helpful. I am just so happy I found this.

  5. バーバラ より:

    安東英子先生
    Eさんのピンクの特別なお洋服のお話のところでグッとくるものがあり、しばらく止まってしまいました。
    Eさんと安東先生という、前向きでチャーミングで人生を丁寧に生きていらっしゃる方へ、神様が与えてくださった出会いなのではないか、と勝手に感じています。
    日々を出会いを大切に過ごしていきたいと改めて思いました。もちろん安東先生との出会いも私にとって大切な出会いです!!
    素敵なお話をシェアしてくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です