書けなかった。。。。

   セミナー受講生募集中 

★★★お片付け完全マスター★★★

- 大 阪 -

土曜日コース→★1回目 4月1日 ★2回目 4月15日

会場→大阪市東淀川区東中島1丁目18−22

・新大阪丸ビル別館(新大阪駅東口より徒歩2分)

★★★ステップアップセミナー★★★

お片付け完全マスターを受講された方が参加できます。

- 東 京 -

①3月22日(水) ②3月25日(土)

- 大 阪 -

4月16日(日)

b_simple_122_0M -

美しい暮らしの空間プロデューサー

安東英子でございます。

昨日、ブログを更新していると思って

お越しいただいた皆様ごめんなさい❣

更新しようと思っていたのですが、

一昨日だけで、これだけの郵便が!

わぁぁぁ!!  と思って、ついスマホでパチッ!

今、ちょっと慌ただしくしています。

次回は普通に書く・・・・・予定(・・?


安東…少々バテております。

今日は特に、頑張れ!!!

応援ポチッと押してくれたら嬉しい!

ココ↓↓↓↓↓

人気ブログランキングに参加しています。

 いつもありがとうございます!

・只今コメントのお返事をお休みさせていただいています。申し訳ございません。

・コメントを入れていただく際に、メールアドレスのご記入をお願いいたします。

・メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

・コメントは承認制ですので、公開までお時間がかかる場合がございます。

◆コメントは左下の ”コメント” を押すと、コメント欄が開きます。





コメント (16) | Trackbacks (0)

“書けなかった。。。。” への16件のフィードバック

  1. ぶにゃにゃん より:

    私毎日その倍くらいの郵便物、宅急便が届きます。DMが多いのでいらないものは空中戦(その場で破棄)で処理。残りの公文書を読むと半日が終わります。それでも書類は増加しているわけで・・・古い書類を見直して捨てる時間もそこにはなくて・・・なんです。
    安東先生がそこをどのように片付けていくのか逆に知りたいと思うので頑張ってください。
    今日も朝から娘に「片付けるにも片付けられない」って文句を言われてます。朝8時から夜9時まで仕事していて、夕食を作っても片付けない家族がいてどうすればいいのだ!!って。でも頑張らねば。

  2. 能登のちゃこ より:

    お気になさらず。
    ブログの更新より、先生がお元気でお仕事されているのが何よりです。
    自分の家より親の家の片づけに力が入ってきた能登のちゃこです。
    物が多すぎで狭くなった部屋で倒れ、救急搬送された父、無事回復してから、自ら片づけを積極的にしてくれるようになりました。
    そして自らの老いを認めて、免許証を返納、車を手放してくれました。
    免許の返納、田舎では足をもぐに等しい決断だったので、潔い父をあらためて尊敬しました

  3. 片付けられない主婦 より:

    こんにちは。
    先生の書類って相談の書類など重要物が多そうで大変そうー。って見てます。ブログの更新も楽しみですが、皆さんのコメントも読むのも大好きです。
    能登のちゃこさん。
    お父様回復されてよかったですね。免許返納よく決断されました。我が家の実父は返納する、と言いながら実家の汚家を片付けるのにゴミを捨てに行くのに車が必要だと言い出し更新すると。誕生日7月だから今からやればっていうか、ずーっと前から言ってきたのに誰も片付け無かっただけなんだけど。
    姪っ子がお嫁に行くのが決まり先方が、『家を見たい』と言われ急きょ中古物件を買う!と言い出しお金も無いのでローンを組むと。
    もう、あまりにも無計画な実家の行動に啞然。
    もともと実家に行っても座る場所もないので宅急便のように玄関で立ち話程度しか出来なかったけど、この話が出て片付けが進んでいるかと思ったら、寒いから、暖かくなったら片付ける。だと!
    イライラが爆発しそうなので、姪っ子の結婚式まで後2週間あまり。
    連絡も取らないようにしてます。
    お片付けはまだまだスッキリできていませんが、先生にお会いしてからは、汚れていたら『やらないと』と、スイッチが入るようになりました。(汚れないようにしないといけないのですが…)
    実家は私の住む場所で無いので、口出しはやめました。
    でも、高齢者の運転だけは、危ないので返納して欲しいと思っているのですが。

  4. 二色 恋 より:

    わあ!
    センセ、そんなこと、気にしないで~
    優先順位を頭の中で決めたら、とりあえず1番のものから
    片付けちゃってください。

    ブログのファンは逃げませんから~♡
    それよりも、無理して更新されることを怒ると思いますよ♡
    バテ気味なら、なおさらです。

  5. ひろくんママ より:

    安東先生、皆様こんばんは(^ ^)
    いつも6:25頃からもうすぐもうすぐ、と楽しみに見るのに今日は見れずコメント遅くなりました^^;
    先生は一人一人真剣に向き合われ雑な事をされないから相談に対しても一人一人本当にお時間を使われるのでしょうね(><)
    皆さん言われてますが、先生、本当に無理されないで下さいね!
    先生が倒れでもしたら大変です(><)
    一休み、二休み、して下さいね(^_^)

  6. アインボ より:

    安東先生、皆様、おはようございます☆
    すごい数の郵便物ですね。開封して確認するのだけで何時間かかるのでしょう!
    先生、お身体御自愛下さいませ。二色 恋さんもおっしゃってますが、ブログのファンは皆さん分かってます!先生がお忙しいこと。
    先日、嬉しいことがありました。友人が部屋を片付けてると。聞くと、安東流で片付けた我が家を見て、すぐに先生の御本購入して読んだようです。
    「おしいれから片付けたら、本当に収納ケースが空いたよ!」
    片付けの話から果ては人生論まで…。女子は話が尽きませんね。

  7. いっぽ より:

    書けなかった。。。。と書いてくださった(笑)
    安東先生、ありがとうございますo(^o^)o

    超ご多忙な中でも ブログに新しい記事を書かなきゃ~って
    思ってくださっている そのお気持ちがうれしいんです(*^^*)

    私はといえば もっとまめにコメント入れたい!と思いつつ
    忙しさ(先生とは比べようもありませんが。。)を言いわけに これがなかなかでして~(^^)ゞ
    そのたびに 私たちのために時間をかけて真剣に記事を書いてくださる先生って
    すごいなぁ~と 感謝と尊敬でいっぱいになっています。
    新しい記事は それはやっぱりめちゃめちゃうれしい(^^)♪
    更新がなくても お元気でご活躍中!思う。それもまたうれしい♪
    毎日そんなふうに受けとめながら ポチッとしています(^^)

  8. くまねこ より:

    安東先生、みなさんこんにちは。
    これまでに捨てたもので一番多かったもの・・・書類です。
    家具とか、服などが多いという印象ですが、認識が変わりました。書類って、一見場所を取っているようには見えないんですね。家具を捨てると一気に印象が変わりますが、それに比べると書類は大きな変化を感じないからかな。
    押入れの天袋に使用頻度の少ない書類(全て夫のもの)を入れていたのですが、リビングにも溢れていました。「ベビーベッドを置くのにスペースが要るから、天袋の書類を精査してリビングにあふれた書類を仕舞って欲しい」と夫に言ったところ、「捨てるものは何一つない!」と怒鳴られました。しかも、「リビングにあふれている荷物は、ベビーベッドの下に置けばいいと!」この後も、ここには書けないくらい押し問答が続いたのですが、私もキレました。
    夫のいない間に書類をシュレッダーし、リビングを片づけました。シュレッダーのゴミ5袋は、収集日まで私のクローゼットなどに隠しておき、夫を近づけないようにしました。
    本来ならば本人の許可を取るべきですが、8年以上も片づけろと言い続けて変化がなかったのです。そして、何を捨てられたかさえも思い出せないモノばかり。元々、部屋が片付いたことすら気づかないような人です。
    勝手にモノを捨てたことが原因でもし離婚になったら、それはそれでいいわ!そのかわり、子どもには一切会わせないぞ!と腹を括りました。
    夫が溢れていた書類が無くなったのに気づき、「あの書類はどうしたん?」と聞かれ、「天袋を工夫したら入ったわ~」と言ったら、それで終わり。自分の荷物が捨てられたことに全く気付いていません。ウッシッシ。私は、黙々とシュレッダーをかけたことで座禅をしたかのように爽快になり、新しいリフレッシュ法となりました。
    まだまだ、戦いは続くのですが、自分でも片づけが上手くなったんじゃないの~とか思ってちょっとテンションアップです。

  9. くっく より:

    くまねこさん、すばらしい~!なんだか私まで気分爽快です。腹を括った女は強いですねッ!

  10. とんとん より:

    おはようございます。ブログの更新がないときは、前の記事をじっくり見たり、コメント欄を読み楽しんでます。皆様のコメントほっとします。私ごとですが、夫に「お片づけのセミナーに行ってから一年になるよ。早いね。」と言ったところなんとまさかの「もっと早くいけばよかったね。」とのお言葉。これは私には最高のほめ言葉でした。まず最初に家族に宣言してからという先生のお言葉に、内緒、いえ黙って来ていた私、「うっ、どうしよう」でした。なかなか言い出せなくてでも思いきってお片づけセミナーのこと言いました。そのときは「そんなこともならわないとできないの」でした。協力もしてもらいました。家が整ってきている、きれいなのは目に見えてたのですね。たいした会話もないもうすぐ還暦の夫婦です。できるうちに片付けられてほんとうによかった。心が平穏です。でも毎日のこと、狭い住処でも色々あります、お弟子さんのブログも参考にさせていただき、ぼちぼち見直してます。いつも元気をありがとうございます。

  11. のほほん より:

    おはようございます。ただでさえお忙しいのに、年度末の3月は確定申告もあるし、とんでもないハードスケジュールだと思います。加えて冬から春への変わり目は、知らず気づかず体への負担が大きくて変調をきたすことがままあります。どうかしっかりと休養をとってくださいね。

  12. うさ山 より:

    先生お疲れ様です。皆様のコメントにもあるように、ゆっくり休まれてからが良いと思います。そのあと、ぼちぼちと→温まってきたらパワフルにブログ更新期待しております。
    ブログランキングを見ると美しい暮らしの空間アドバイザーの方のブログが上位独占でした!すごーい。

  13. えりんこ より:

    安東先生、夜分失礼致します。
    私も少々バテ気味のこの頃でございます。
    先生、無理しないでくださいね。
    ちりも積もれば倒れます。昔からやり過ぎて倒れる私。昔は周りに何を言われても気にしませんでした。でも、今は家族の為に倒れれないので 危険だと思ったら潔く寝ることにしました。家族には早めにSOSを出すようにしています。
    どうかご自愛くださいませ。
    先生のファンより

  14. さかな より:

    おはようございます!
    遅くなりましたが、佐藤さん、長男さんの高校合格おめでとうございます!
    いつか、どなたかのコメントで「これから勉強で忙しくなるから、子供には手伝いをさせないでと学校から言われた」という内容があったと思います。しかし、長男さんは家族のために朝早くから米を研ぎ、長女さんはご飯を作ってくれて洗い物までしてくれるのに成績が上がったと‼︎素晴らしすぎるじゃないですか!前に、ある新聞記事の一部に「娘は受験当日の朝も、いつものようにトイレ掃除をして行った」と書いてありました。そして合格!やっぱり、お手伝いって大事…。そして、集中して勉強が出来る環境も。うちは長男は4月から小2です。今、子供スペースにある机はとても勉強できる環境ではありません。しかも寒いので、宿題や自主学習はコタツでしています。一歳の三男がすぐ邪魔しに来て、「もぉー!」という長男の声がしょっちゅう聞こえます。今はこれでもどうにかやっていますが、これから学年が上がるにつれ、このままではいけないと感じています。

    昨日は、久しぶりに三男と昼寝をしました。頭痛がピークの時だったので、迷わず寝ました…。20分しか寝られなかったのですが、とても頭がスッキリ!安東先生はお昼寝〜〜なんてそんなお時間無いかと思いますが、どうか少しでも休んでいただきたいと思います。

  15. さかな より:

    二度目のコメントです。

    片付けられない主婦さん、す、凄い…壮絶((((;゚Д゚)))))))

    くまねこさん、我が家も夫の書類が凄いです。押入れの前を占領しています。もうね、絶対要らないんですよ。絶対に‼︎でも厄介なことに、段ボールに入れて番号書いてるんです。中の内容は携帯にメモしてるようです。
    紙って、軽いですよね。場所をとるものじゃないって思いがちですよね。そして1番に溜まっていくもの‼︎段ボールに入れなきゃいけないレベルになると、運ぶとき腰を壊してしまいそうになりますよね…。

    我が家は転勤族です。いつ引っ越しになるか分かりません。もう本当に自覚して欲しい‼︎

  16. ぶにゃにゃん より:

    片付けられない主婦さん、くまねこさん、すごくわかります、その気持ち!昨日から亡くなった義理の母の家を片付けていますが、亡くなったら書類を選別するのが大変。必要な書類が見つからない!特に税務署に申告が必要な場合、期日が短いので必死。重要書類以外は置かないことは大切です。会社の書類ならわかるようにファイルしてありますが、個人の書類はその人のルールでファイルですから亡くなったらわかりません。
    銃刀法の書類、見つからなくて警察でサーベルを破棄したら、今日書類が出てきました。が、内容が先日の警察での書類と違うのです。まだ別の刀が出てくる可能性があります。
    私は死ぬ前に片付けようと真剣に思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です