部屋を見る度、うんざりしながら暮らしている。

Satellite_22021年7月13日(火)Satellite_2

~~ホームページ~~

美しい暮らしの空間アドバイザーのブログを読んでくださいね!

“日本美しい暮らしの空間プロデュース協会からのお知らせ”

新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、アドバイザーの訪問作業はお客様と個別にご相談の上対応させていただきます。

お客様とアドバイザーの安全を最優先として活動してまいりますので、今後ともご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

・・
お電話によるご相談も可能です。

下記から電話相談の詳細・相談受付中のアドバイザーをご確認いただけます。

✿YouTube観てくださいね✿

今までアップした動画のページに飛びます。

↓↓↓↓↓↓

✿美しい暮らしの空間チャンネル✿

7月10日YouTubeアップ


7月12日YouTubeアップ



皆様、おはようございます。

美しい暮らしの空間プロデューサー安東英子でございます❣



部屋を見る度、うんざりしながら暮らしている。

そんな毎日が何年も何十年も続くって悲しくないですか?


そして、キレイに片付いたお宅に伺うと、羨ましい…と思いませんか?


片付かない原因のトップは、物が多すぎることです。
それが原因とわかっていながら… なぜ物を手放さないのでしょうね?


入りきらない洋服がそんなに大事? 着ることもない服なのに?

クローゼットに入らないから、キャスター付きのパイプハンガーを買う。
そして、ドンドン寝室が狭くなっていくのに、

それでも着る事のない服が大事?


流し台の中は、ごちゃごちゃ…

流し台の上も、たくさんの物物物・・・

入りきらないお鍋やフライパンが換気扇に吊り下げられている。


食器は食器棚の中にパンパンに入れている。
使うことがない食器なのに、なぜ処分しない?
そんなにたくさんのお鍋やフライパンや食器がないと困る?



狭い洗面所なのに、寝室に取りに行くのが面倒だからと下着を置き、

洗面台もブラシや整髪料が出しっぱなし。

だから掃除もできなくて洗面台が汚くて、鏡も歯磨き粉が飛んだ跡がそのまま。


靴箱に入りきらない靴や傘が、玄関に出したまま…
荷物が届いても、玄関が見られないようにドアを開けて、

外で受け取らないといけないのに…

そんなに同じような靴が必要?履かない靴の方が大事?


自分の手で物を処分しないと、

不用な物は勝手に家から出ていってくれないですよ!


部屋の美しさを味わいたいし、そんな部屋で暮らしたいですよね!

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをポチッと

応援お願いします!

↓↓↓↓↓

掃除・片付けランキング

 
 
 
 

お知らせ

お片付け…

家族だけではできないとお悩みの皆様、

アドバイザーにお申込ください。

↓エンディングムービー①のお知らせ YouTubeで!↓

↓本編の動画購入はこちら!↓

↓エンディングムービー②のお知らせ YouTubeで!↓





コメント (4) | Trackbacks (0)

“部屋を見る度、うんざりしながら暮らしている。” への4件のフィードバック

  1. ひろくんママ より:

    安東先生、皆様おはようございます(^○^)
    お家丸ごとお片づけをして全部出して全部見直してからだとその後は「もっと綺麗にしたい」と思う気持ちが強くなるし物も減ってるから箇所ごとに全出しも癖になるというか笑億劫でなく出来ますが、最初にまだ仕分けもしてない一番最初、が、エイヤッて凄く気合が入りますよね。全部出すと考えただけで部屋が埋まるし(^^;;これを一つ一つ仕分けていくのかと思うとゾッとしますしね。え、終わる?やってしまった⁇と出した事を後悔したり(^^;;でも思い切って片付けたらその後はどんどん自分の意識も変わるし良いことしかないですね‼︎「大切なものを大切にする為に不要なものを処分する」私も元々捨てられず何でもとってる人でした。「よく持ってたね」と言われるのが嬉しくて。取り出しにくい使いにくい→「使わない」になるより、スッキリ取り出しやすく使いやすい見やすい方が洋服も食器も全てにおいて心地良いですもんね‼︎安東先生の本が教科書で何度も読みます。
    片付けに関する本、毎年毎年増え続けてますが、本物は安東先生の本だけ。これ1冊あれば他は要りませんね!!
    私も沢山沢山買って読んでってしてましたが全部捨てれました。色んな本を読んで無駄に収納用品を買っては失敗し物が増えてっての繰り返し。その救世主。本屋にもないので安東先生の本自体知らない方もいらっしゃるでしょうけど、沢山の方が手にできると良いなあって思います。片付け迷路から抜け出せますp(^_^)q片付けたくても片付けられない事情の方もいらっしゃると思うので不快なコメントになったらすみません‼︎

  2. ガーナ より:

    ご報告です! Zoom片付けセミナーを受講した、その後についてです。

    Zoomセミナーを受講した後、こどもをお迎えにいく道すがら、自問自答をしていました。この家は誰が片付けてくれるんだろう? 私か、夫か、こどもか…? 子どもはまだ幼い、夫も必要性をあまり感じていない。ということは、この家の状態に幸か不幸か気付いてしまった私しかいないのか。先生に頼るか? いやでも、私にはまだかろうじて動く気力が残っている。やれそうな気がする。自分が動くことだ、って先生も言ってたしな。

    と、腹をくくって、動いて、家の中を整え始めたんですよ。

    しばらくたって、一昨日の夜、散らかっていたおもちゃを前に、こどもがいいました。
    「おかーさん、プリンセスみたいな(=きれいな)部屋にしよう?」

    こどもの意識も変わってきたのかな、それとも偶然かなと思っていましたが、
    なんと! 昨日の夜もいいました。
    「おかーさん、お片付けしよう?」って!!!

    すごくないですか!?
    ただ、まだ、片付けるのは母親の役目だと思っているみたいなので、一緒に片付けをしていきますよ。

    以上、驚きと嬉しさと充実感が混ざったご報告でした。ふふふ。
    ゴールは遥か彼方なので、引き続きがんばります。

    • 井田聡子 より:

      プリンセスみたいなお部屋
      安東流が叶えてくれます!!!
      お母さん主導で頑張って!!!応援してます。

  3. 井田聡子 より:

    子供を亡くして呆然とした日々やく10年。うつ病のようになり、でも片付けないと…で、収納用品を増やしてとりあえず見栄えだけでも…が、精一杯だった日々。亡き息子の私物を一つの部屋に入れ込んで、しばらく開かずの間。まだ、一番上が10歳の時で、8歳、4歳と子供がおりとりあえず 綺麗な部屋で過ごさせたいと…とりあえず収納用品を買っては入れて、加えて家にいるのが辛くて掃除にも気力がなくてまさに、帰りたくない家でした。
    それでも帰らなければならず、玄関開けてため息ばかり…奮起できるまで10年かかり、その間そんな家に子供達は過ごさざるおえなかった。ネットもないから安東先生にも辿り着けないし、自力で一部屋一部屋片付けて畳を干して、部屋を移動することでみんなが引っ越しで荷物が減るように減っていくこともでき、開かずの間を開けて、涙ながらに片付けて…ガラッと模様替えを一気にやってスタートしたことを思い出します。掃除できない  きっとみんな理由を抱えてあえいでいると思います。
    コロナ禍でYouTubeを見る人が増え先生にたどり着ける人も増えてきました。もっと宣伝する方法がないものか?と考えています。テレビのように大々的だと見る側は感動はしますが他人事ですし・・・今度テレビに出られる時、軽く宣伝してあげてほしい。いろんなサイトやYouTubeでのアップも見ますが、どれも「え?ここで終わり?」と。
    家の人は減った分だけ歩き道ができて感謝しておられますが根本の住みやすさにたどり着けていないです。「これはまた元に戻るよな」と思うものばかりです。
    せっかくのテレビですからテロップで宣伝お願いできないんでしょうか?
    以前大家族が別の人で群馬のおじいちゃんが安東先生だった時も、アドバイザーさんを振り分けてでも大家族を助けて欲しかったと思います。まあテレビ局の言われることには聞かないといけないんでしょうし、一番ショック受けてるのは安東先生でしたもんね。
    福岡放送のように張り付いて安東流を伝えてくれる局ないんでしょうかね。気の毒で仕方ないですよ。家が片付いていない人って生活のリズムも整っていないし、病気がちだし、心も消極的な人が多いし。コロナ禍でもっと帰りづらい家になってると思うとhelp安東流ですよ。サロンにゆうきを持って投稿した人はそこから考えると何歩も進んでることは実証してますよね。
    応援しかできませんが、励ましてあげたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です