Satellite_2~~Message Board~~Satellite_2

お片付け~収納~家づくりの事を綴ったブログです!

大切な我が家の参考にしていただけたら嬉しいです。

blog_banner

教えて! この家のプランのデメリット!

✿東京セミナーのお知らせ✿

「東京 お片付け完全マスター日曜日コース」は満席となりました。

平日コースを追加しました。

お片付けでお悩みの皆様、年内に部屋をキレイにして年越ししましょ!

12月17日(日曜日)

-ステップアップセミナー 募集中-

お片付け完全マスターを受講された方が参加できます。

今回の東京のお片付け完全マスターに参加される方もどうぞ!

皆様、おはようございます。

安東英子でございます❣

私は新築を計画中の方のご相談を受けています。

契約前に図面を拝見させていただき、

間取りや家事動線、収納スペースをチェックします。

今のプランで困るところはないか?の問題点のアドバイスです。

 

プランの段階でご夫婦が完成をイメージすることは本当に難しく、

ましてや家づくりを初めてする人にとっては、人生最大の難関でしょう。

 

私があるハウスメーカー主催の講演会で、

エンドユーザー向けに「失敗しない家づくり」と題して話す時のことです。

打ち合わせでこんなことがありました。

 

ハウスメーカーの方から

「ここの部分は話さないでほしい。」と言われたことがあります。

ここの部分とは・・・間取りや動線のデメリット」

 

この「話さないでほしい理由」は、契約直前のお客様が参加予定で、

またその方の家が当てはまるからということでした。

 

申し訳けないけれど、それはできないと申し上げました。

すると、そのお客様に

「定員が一杯で!」とお断りされたそうです。

 

それ以降、そのハウスメーカーからはお声が掛かりません(笑)

 

また別のハウスメーカーではこんなことが!

講演会が終わった後、参加された方のアンケートを見ると、

デメリットを教えてくださる講演会を開催される会社は素晴らしい!

なのです。

 

さて、私の「失敗しない家づくり」の講演会は…

今から家を建てます!という方が対象なのですが、

家が完成した直後!という方や、直前に契約した!

という方が参加されることがありました。

 

ある講演会が終わった後、若いご夫婦が私に近づいてきました。

そしてこうおっしゃいました。

「今日の間取りのデメリットの話ですが、まさしく当てはまります。

 今気が付きました。 契約前に聞いていれば違うプランにしたのに」と。

 

ではなぜ、こうなるのでしようか?

 

ハウスメーカーや工務店さん側としたら

「お客様の希望を叶えることが一番」

と言われます。

 

そしてお客様の要望を図面化して

「いかがですか?希望通りのプランでしょ!」です。

 

でも私はそれは違うと思うのです。

よく聞くのですが、建て主側はこう言われます。

「私たちの希望を聞いてくれる、いいハウスメーカーです。」

 

たとえば、50~60歳で生活経験も豊富で、

使い勝手や動線の悪さがある程度わかっていて、

その上で希望を伝え、プランを作り、建て替える方もいらっしゃいます。

 

でも初めて家を建てる方の希望・・・

ましてや若いご夫婦の場合・・・

気が付かなかった、住んでみてわかった…

と後悔している方がとても多いのです。

 

ハウスメーカーや工務店は、いくらお客様の希望であっても、

デメリットは教えないといけないと思うのです。

「お客さまの希望のプランだと、こんな問題がありますが?」と。

 

私が見てきた多くのプランも、

私が問題点を説明して初めて気がついたと言われます。

 

しかし、

「わかっていてもそれを言うと契約が取れないので言えません!」

と言われた営業マンもいました。

本人は伝えたくても上からのプレッシャーがあるのでしょうか?

 

 

さて、もう一つの理由は…

失礼ながら営業マンや設計士さんが、デメリットに気づいていないのです。

これは大問題です!  

本人がわからないのですから、当然お客様に伝えられるはずがありません。

 

営業マンや設計士さんより…

奥様の方が間取りの良い点、悪い点に気づいていることも…

 

だって…家を建てる建てないに関わらず、

間取りを見るのが好きな女性は多いですから!

 

今から家を建てられる方…是非お電話相談を申し込んでください!

 

ブログランキングに参加しています。

今日も元気にポチッとね❣

人気ブログランキングに参加しています。

 いつもありがとうございます!

・只今コメントのお返事をお休みさせていただいています。申し訳ございません。

・コメントを入れていただく際に、メールアドレスのご記入をお願いいたします。

・メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

・コメントは承認制ですので、公開までお時間がかかる場合がございます。

◆コメントは左下の ”コメント” を押すと、コメント欄が開きます。

コメント (0) | Trackbacks (0)